風の神様、門扉の交換を要求。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

メルが吠えているので外にでみると、なんと! 門扉がありません。
あたりには粉々になった門扉の残骸が散らばっています。
その日は風もなく穏やかに晴れたよい天気でしたが、風の神様が突然、塩川谷を駆け抜けていったのです。
こういうことはたまにありまして、今までにも外のテーブルが吹き飛ばされていたり、看板の柱が根元から折られて、看板が倒れていたりしたことがありました。

3門扉

それから数か月たった昨日、新調した門扉が取りつけられました。
作ってくれたのは大鹿村にある木工所「カスガイ」。丁寧な仕事が気に入っていて、なにかというと作ってもらっています。
写真は陽射しの関係で白っぽくみえますが、ナチュラルカラーです。

4門扉

ちょっとホビーっぽくて、気に入りました。
さすが、カスガイです。いい仕事してますなあ。
風の神様、お手やわらかにお願いいたいします。

カヌレ、町へ出る 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿村の山奥のカヌレ、町へでる。

1_20180425200954518.jpg

明日、飯島町のキッチンガーデン田切にカヌレを納品する予定です。
数量は多くはありません。
作った日は外はカリカリ、中はもっちりです。
翌日になるとカヌレの内側の水分が外にひろがる関係で、外側のカリカリ感はよわくなります。
河原嶋の店で食べる味をお楽しみになりたい方は、作った日のうちにお召し上がりくださいませ。

きょうは展会の搬入日 

カテゴリ:相方Uさんの記事

松尾みゆきさんの陶展と東村邦子さんのブルーベリー枝染めの展示会が28日の土曜日から始まります。
今日はその搬入がありまして、うまく飾れるのかな、なんて心配は見事に吹き飛びました。さすが、皆様、慣れておられますねえ。

3展示会


4展示かい

ともてよい雰囲気になりまして、このままずっとおいておいて欲しいくらいです。
そして、本日、準備中にもかかわらず松尾さんの小皿が数点、売約済みになってしまいました。
それから30日(月)の祝日は河原嶋は営業いたします。
5月からは金、土、日曜日の営業になります。

贅沢なパウンドケーキ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

火曜日は松川町のプールにいっています。
軽く泳いだあと、プールでウォーキング。
股関節が痛くて歩けなくなるのではと気にしていた時期があったのですが、プールで歩いて治しました。
足が痛くなくなっただけでなく。適度な運動が快眠ももたらしてくれました。

1パウンドケーキPOP

プールのあとはキッチンガーデン田切にいって、ク~のつくったパウンドケーキと厚焼き玉子を納品いたします。
ちなみにパウンドケーキにはベーキングパウダーは使っていません。

狐カレー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

4月から大鹿村の食品衛生協会の役をたのまれていまして、明日はその研修が午後から飯田市の合同庁舎であります。
それに先立ちまして、午前中は駒ケ根の養命酒で「スパイスからつくる本格カレー粉づくり」の講習会があります。
20代にカレーづくりにはまっていた私としては、大いに興味のあるところですが、これまで最も衝撃をうけたカレーは「相模原調理師学校」の集団調理でつくったカレーでした。
使う材料をみたとき、なんじゃこりゃ、ふざけてんのかなって思ったくらい、ぜんぜん期待のできそうもないレシピだったのです。
ところが、できあがって、食べたときの衝撃。
美味しいんです。
じゃあスパイスが何種類もはいっているのかといえば、そうでもないんです。
そのカレーにつかう材料といえば、醤油、味醂、砂糖、ウスターソース、ケッチャップ、コショウ、カレー粉などといった普通の家庭にあるものばかりだったのです。
だいいち、カレーに味醂だなんて聞いたこともありませんでした。
お蔭さまで、私としましては、美味さというものについて、それまでとは認識を新たにしたわけで、それからは妙なカレーもつくるようになりました。

1きつねカレー

写真がそれでして、狐カレーとでもいってください。
狐うどんに使う甘いお揚げさんとキュウリの浅漬けをご飯にのせまして、SBのカレー粉をダシ汁でのばして片栗粉でトロミをつけたただけのをかけて頂きます。
変なカレーといえば、こちらには鯖カレーがあります。東京、神奈川にいたころは聞いたこともないカレーでしたが、試に買って食べてみたところ、これが美味しいんですね。
ところで、明日の養命酒のカレー講座ですが、昼はカレーうどんが食べられるとのこと。
養命酒は世界のスパイスを集めて体によいとされるお酒をつくっているわけですから、いわばスパイスのプロ中のプロ。
その養命酒がつくるカレーうどん。
期待じゅうぶんです。