ジャコ入りダシ巻玉子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

午前10時30分。
いつもならば開店の準備に追われている時刻ですが、きょうは開店のしたくも終わってノンビリ。
この時期は例年、静かな営業になりまして、先週の木曜日は塩の里にある食堂でのんびりとランチ。
私のお気に入りは山塩ラーメン+半ライス。
半ライスに美濃屋さんの豆腐がついてくるのがいいですね。店主の愛情が感じられます。
ところで、この三日間つづけて作っているのがジャコ入りダシ巻きたまご。
私のレシピは卵3個+だし汁100CC+ジャコ12g+塩少々+淡口醤油少々。
なにげに作り始めると、え! いいの・・・とク~は言って、踊りだすのが大層おもしろいです。

1じゃこ入りダシ巻がまご

写真がク~踊りのジャコ入りダシ巻きたまごです。
今晩もつくろうかな。
あのへんてこりんな踊り、また踊るんですかねえ・・・。

クルミ干し 

カテゴリ:相方Uさんの記事

道路っぱった生えているそのクルミの木は、毎年、秋になるとクルミの実を道路に落とします。
車に踏まれたクルミの実は割れて道路にちらばって、堂バトのよいエサになります。
きょうも、きのうも堂バトは食べにやってきていましたが、毎年、そのクルミの実を拾いにきていたご夫婦は今年もきません。
一昨年、ご主人がお亡くなりになったのです。
クルミの木は、今年も実を落としています。
ク~と私がその人になって、せっせと拾ったクルミの実。
クルミの実は青い硬い皮に包まれていて、実を取り出しすのは大変です。
先人の知恵を拝借し、硬い皮に包まれているクルミの実をビニール袋にいれ、ウジが湧くのを待ちました。
今日、ビニール袋を覗くと、いましたいましたウジさんが。
クルミの実をバケツにあけ、手袋をして皮を剥きます。
ウジさんと私の共同作業で綺麗になったクルミの実。

1くるみ

外のテーブルにひろげ、よく干してから、殻を割ってクルミを取り出します。
こうして出来たクルミの実は、お菓子やクルミ和えにつかいます。
クルミのドレッシングにもなります。

黒小麦の生パスタ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

二八でやっている黒小麦の生パスタですが、食感をもう少し柔らかくして欲しいとの要望もありまして三七で試作をしてみました。
三七でも黒小麦の風味は十分に味わえて、食感も滑らかになって、こちらの方が食べやすのかなと思いました。
というわけで、三七に切り替えていこうと思います。
黒小麦は小麦粉よりも蕎麦に近いと思っていまして、本当は黒小麦十割でやりたかったのですが、さすがにそれだと食感が荒くて二八にした経緯があります。
お手本にしたのは蕎麦。
蕎麦といえば二八ですが、できたのは江戸時代。
十割よりも二八のほうが美味しかったので、そうなったと聞いています。

1パスタ

ところで、昨日の試作ですが、パスタとキノコに塩をふってオリーブ油で炒めただけでしたが、すこぶる美味しかったです。

イワシのパン粉焼き 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日は買い出し。
おや? と思ったのはサンマ。今年のは痩せているんですよね。
河原嶋の敷地内を流れている沢の水も痩せていて、今年は池の水位は下がったままでした。
昨日の未明は台風の影響で雨がどっさり降ったのですが、山は枯れているらしく、雨がやむと沢の水はもとの細い流れになってしまいました。
サンマが痩せているのと、沢の水が痩せているのとが、妙に気になります。キノコも今年は不作でおわるんですかねえ・・・。
で、気をとりなおして買ったのは丸々と太ったイワシ。
河原嶋にもどって、3枚におろしてパン粉焼きにしました。

1いわし

脂がのっていて美味しかったです。

大往生モグラ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

モグラがおなくなりになっておりました。
顔を空にむけて、ぷは~って感じ。

1もぐら

こいつ、ミミズをたくさん食べたんだろな。
我がモグラ生に悔いはなしって感じ。
大往生。
やるなあ・・・モグラ殿。
輪廻転生。
河原嶋の草っぱらにて。
自動代替テキストはありません。