FC2ブログ

秋限定、生秋鮭のクリームうどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうも多くのお客様にご来店を頂きまして有難うございます。
さて、来週の10月21日の日曜日ですが、大鹿歌舞伎がありまして河原嶋は休業となります。
前日の土曜日は営業をしています。
恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。
写真は昨日から始まった秋限定の生秋鮭のクリームうどんです。

12さけ

ク~はこのうどんが好きなんです。
なぜかというとカフェっぽいからだそうです。
大鹿村で採れた天然キノコのうどんもまだあります。
よろしかったらご利用ください。

河原嶋のカエル米 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きのうは閉店後、稲刈り。
バインダーをつかえば稲刈りは1日で終わりますが、今年は田んぼが乾いてくれなくてバインダーは田んぼに入れず仕方なく手で刈っています。
雨のお蔭で田んぼは常時ぬかるんでいる状態がつづいています。こんな年ははじめて。
稲は日ごとに倒れていきますから、そのままにしておくわけにはいきません。
で、最初に手で刈ったのが1週間前。
仕事の隙をみて刈っているわけで、こんな調子だと稲刈りが終わるのにはあと1~2週間は欲しいところ。
となると、最初に刈った稲と最期に刈った稲とでは3週間くらいの時間差があるわけで、それから刈ったばかりの稲のためにさらに1~2週間は干さなければなりません。
これだと初期に刈った稲は干しすぎて胴割れ、砕米になりかねません。
困ったものだ、困ったものだと思っていると、それが天に通じるのか夜中に雨。
どうにもならないので、力を抜いてゆっくりやります。
今年はお米の品質に自信がもてないので、お米の販売は控えさせて頂きたいとおもいます。
申し訳ありませんが。よろしくお願い申し上げます。


1蛙米

オタマのある暮らし 

カテゴリ:相方Uさんの記事

カエルになれずに冬を迎えて死んでしまうオタマが毎年、何匹かいます。
今年は森アオガエルのオタマが1匹。みんなカエルになって出ていってしまった池にポツンといました。
どうせ死んでしなうなら、飼ってみようと思い、昨日、網ですくって小さな水槽にいれました。
すると、足が生えているのを発見。池にいるときは確認できなかったのです。
呼吸器系が原因でオタマになれなかったのではなく、こいつ、超おくてだったのです。
そして今日は昨日とはうってかわって冬のような寒さ。昨日のうちにこやつを確保してよかったです。
森アオガエルのオタマは可愛いんです。
口吻があがっていて、真ん丸の目とあいまって、笑っているように見えます。
いつ見てもご機嫌なオタマのある暮らし。
もうはまってます。

1おたま


2おたま

ヤマメの産卵床づくり 

カテゴリ:相方Uさんの記事

相模原に2泊で行っていました。
目的は丹沢でのヤマメの産卵床づくり。
川、自然を大切におもっている人が十数名あつまって、やっていることは重労働の土木作業。
ヤマメの産卵はこれからですが、産卵に先立って産卵しやすいように川底を手入れします。
丹沢ヤマメの血がたえないことを祈りつつ、メンバーは大学の教授、学生、神奈川県内水面試験場の技師、自然を大切におもっている釣り好きなやつ、NPO、それと大鹿村のうどん屋の主。
産卵床づくりの前日は大鹿村でアマゴの成魚放流をしていましたから、2日づけて渓流魚とかかわっていたわけで、幸福な時間をすごさせてもらっていました。
ありがとうございます。
さて、あすは仕込み。
こんどの土日の限定うどんは「生秋鮭のクリームうどん」を予定しています。

2産卵床づくり

やっと稲刈り 

カテゴリ:相方Uさんの記事

雨でのびのびになっている稲刈り。
さきおとといの夜中に降った雨できょうも田んぼはぬかるんでいてバインダーは入れません。
これ以上、稲刈りをのばすとストレスがたまりそうで、とりあえず、今日は手刈りで稲刈りをしました。
午後から漁協の放流の手つだいがあるので、本日はハザかけの竿1本分を刈ったところで終了。
思い通りにいかなくて、お天気相手にいらいらしても仕方がありません。
まあ、ぼちぼちいきましょう。

1は座