デジカメ写真の加工 

カテゴリ:その他


デジカメ写真をプリントしたような雰囲気に加工できないかと

ネットでいろいろ探してみましたら、

ありました!ありました!


「Polaroize」では写真をポラロイド風に加工してくれるそうですが、

何故か何度実行してみても「error!!」で出来ず、残念!

サーバーが落ちてるのかも。

後日、またトライしてみます。




あきらめきれず、他に無いかさらに探して見つけたのが

「Photo Notes」です。

「Photo Notes」では写真をポジフィルム風に加工してくれます。



PhotoNotesで加工した写真



「Photo Notes」でお気に入りのメルの写真を加工してみました~♪

余白の部分には「Photo Notes」で文字も出力できまして、

フォントまで選択できるのですが

残念ながらフォントが反映されるのは英数字のみ...


変なところに凝り性である私、

それならば手書き風のフォントを仕入れて、

画像編集ソフトで余白部分に文字をいれちゃえっ!て

やった結果が


加工したメルの写真


コレです~♪

ちなみに仕入れた手書き風フォントはこちら

「まきばフォント」を使わせていただきました~。

このフォント、ゆるゆる~な感じが私好み♪

重宝しそうです~




テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

Windows98-SEのパソコン 

カテゴリ:その他

WIn98SEのPC

このタワー型PCはWindows98が出た当初購入したPCで、

かれこれ10年は使っているというシロモノ。

筐体のプラスティックが完全に黄いろっぽく変色してますから、

いかにも古いっ!て感じがしますでしょう?

所有しているニコンのフイルムスキャナーがSCSI仕様で、

しかもドライバーソフトがWIN98-SEまでしか対応していないので

このWin98-SEのパソコンにはまだまだ頑張ってもらわなくてはなりません~。


引越ししてから半年ほどたった頃、電源を久々に入れてみたところ

OSが何故かSAFEモードでしか起動できず、

SCSIボードを差し込み直したり、ネットワークカードを外したりしたけどNG。

OSの再インストールかな...と思いつつ、面倒なのでそのまま放置していましたが、

今日になってメルパパがスキャナーを使いたい!と言い出し、

OSのインストールに備えてWin98-SEのCDと起動ディスクを用意しました。

再インストール前にままよ!と思いつつ電源を入れてみたところ

今回はあっさり正常に起動してくれました。

フィルムスキャナーも全く問題なく作動し、

OSの再インストール作業からなんとか免れられたのでした~。


久々にこのPCのHDDの容量をチェックしてみましたら、

Cドライブが1GB、Dドライブが1GB。

多分パーティションで区切ったはずなので、実ドライブは2GBの1台です。

2GBなんて、いまやメモリーカードでも少ない容量の部類に入りますよね~。

確か一度HDDかクラッシュしたので2GBに交換してまして、

購入当初のHDDは500MBほどの容量だった記憶があります。

昔はこんな容量のHDDでも十分すぎるくらいだったんですけどね...しみじみ。


このPC、今の2GBのHDDがクラッシュしたらもう多分替えのHDDが手に入らないでしょうね~。





テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

「ガラスの仮面」連載再開!! 

カテゴリ:その他

今日下の街へ食材の買出しにいってきたのですが、
私の中では一番の目的がコレッ!

「ガラスの仮面」が連載開始されるという
別冊花とゆめを買うことでした~

別冊花とゆめ


コミックスの42巻が2004年12月に出たきりで、
もう続きは出ないのかなぁと半ばあきらめモードでしたが、
これからは毎月ガラスの仮面の続きが読めるのです♪

紫のバラの人との思いのすれ違い.....
桜小路君の一途なマヤへの思い。
そしてマヤが紅天女をどうつかんで演じていくのか。

どんな展開になるのか、毎月26日が楽しみです~。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

今日のブログペット・メルの日記は 

カテゴリ:その他

ブログペットのメル

うちのブログに貼り付けているブログペットなんですが、
今日7月7日「七夕」のメルの日記が傑作だったので思わず貼り付けちゃいました~。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

ろくべん館手織りサークル・織り姫工房への取材 

カテゴリ:その他

今日は「ろくべん館」の手織りサークル・織り姫工房へ
信濃毎日さんからの取材があるとのことで、
午前中「ろくべん館」へお邪魔してきました~。

信濃毎日の記者さんは昨年横浜から就職され、今年春から大鹿担当になられたとのこと。
とてもキュートでエネルギッシュな女性の方でした。

ろくべん館に到着した時には工房が誇る織りの達人高本さんへの取材が行われており、
昔の機織りの様子、昔の大鹿村の織り文化について、
はたまた織り姫工房の結成当時の様子など、
高本さんの口から語られる言葉の一つ一つすべてが興味深くて
聞かせていただけてほんとラッキーでした。

その中で一番印象に残っている高本さんの言葉が

「織りの道は、人の道と同じでまっすぐだに~」

です。

なんだか、素直にストンと私の心に入ってきた言葉でした。

足型クッキー

高本さんが帰られたあと、
記者さんを囲んで館長さんとティータイムです。

高本さんが作られたキャラブキと私が持ってった新作?ワンコ足型クッキーをつまみながら
南信州について、大鹿村について、リニアについてなど
いろんな旬の話題を含めてお話をさせていただきました~。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ