和三盆のロールケーキ 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)


和三盆を手に入れたので、
作ってみました。
和三盆のロールケーキ~♪
クリームは大鹿産の大納言小豆で作った餡を合わせてあります。
卵は大鹿村で平飼いされている鶏の健康卵です。
試食してみると、甘みにふくらみがあって、奥深い味。
でも、ちょびっと塩味があれば良かったかも…
次は大鹿の山塩を入れてみよう!

和三盆ロールケーキ

ところで、和三盆ってお値段が高いです。
びっくり。
ふつうの砂糖の10倍くらいします。
思わず買ってしまいましたが、もう普通の砂糖には戻れないかも。

国産ゴマに愛をこめて。南信州産の黒ゴマ 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)

都会で暮らしていた私が、なぜか長野県は大鹿村の山奥に暮らしはじめて3年目になります。
巡り合わせは運命ともいえますが、運命は考え方で変えることができると思っていますから、今ここにいるのは自分の考えが今の巡りあわせを受けいれているからです。
ここが嫌になったら都会にもどるかもしれませんが、先のことはわかりません。

大鹿村は南信州の下伊那にあるのですが、ここでは都会で見たこともない野菜が産直売り場にならびます。
先日、黒ゴマを発見して大感動しました。国産のゴマは都会のスーパーでみたこともなかったからです。
日本で流通しているゴマはほとんどが中国産で、国産のゴマは0.1パーセントといいますから、手にとってししげしげと眺めてしまいました。
おお!お懐かしや日本の胡麻。
はじめてでした。国産の胡麻をみたのは。
絶滅危惧種、日本の胡麻。
国産の胡麻を絶滅させるのはもったいないです。
でも、下伊那には胡麻をつくっている農家があるのですね。頑張れ! 日本の農家。応援したい。
中国産にくらべると、お値段はたしかに高いですが、安全を買うと思えば買えない価格ではないと思い、今年からはじめたネット通販に南信州産の黒胡麻をのせることに、その場で決めました。
ちょっと大げさかもしれませんが、ここで国産の胡麻にであったことは運命のような感じがしました。
長野県産の胡麻の軽やかな黒い色。
梅干しとおなじように、これぞニッポンを感じさせる食品。
どちらもオニギリには欠かせない一品です。
自分は日本に飢えていたんだな、と胡麻を眺めながら思いました。

ネットショップ ムーンメルゼで国産の黒ゴマを扱わせて頂きます。
国産のゴマというと九州の鹿児島産が主流ですが、希少な南信州産のゴマを多くの方に使ってもらいたいので、お値段は一般の価格にくらべてかなり抑えてあります。
日本の胡麻を絶滅させたくない。
どうぞ、よろしかったらご利用ください。



国産の黒ごま(洗い胡麻)









紫花豆 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)

都会しか知らないオッサン(私でございます)が、どういうわけか南信州の大鹿村に暮らしはじめて丸二年がすぎました。
ここは普通イナカといわれていますけれど、そのイナカに暮らすことになって、自分ってイナカモンだったんだと思い知らされた生物がおられました。
紫花豆です。
こいつ、豆のくせにって、言い方はちょっと乱暴なのですが、豆らしからぬ存在感がありまして、思わず、な、なにこれ!って見入ってしまいました。
印象はまるで虫です。そのテカリ具合、その佇んでいる姿。いまにも足が生えて飛んでしまいそうな雰囲気があるのです。
たぶん、豆らしからぬその大きさが、私めにそう感じさせるのかもしれません。
とにかくデカイんです。オジサンの親指くらいあります。豆って煮ると1.5倍くらいになりますから、4,5個食べたらもうお腹いっぱいに・・・はなりませんけれど。
本州では標高が1000m以上でないとできなそうですが、大鹿村には標高が1300m以上の高原があるのですね。
というわけで、大鹿村の高原で作られていた豆だったわけです。
大鹿村に住んでいて紫花豆も知らないんだって、イナカモンて言われそうです。
それにしても、長野県産は北海道産の倍くらいの価格で取引されているんですね。
高級品だったのですね。ごめんなさい。

信州は長野県大鹿村産の紫花豆殿。
ムーンメルゼのネットショップのお品に加えさせて頂きました。


murasakihanamame2.jpg



murasakihanamame1.jpg



夏野菜カレー 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)


ご近所さんから

夏野菜のおすそ分けをいただきました~♪

大鹿村の美味しい水・空気、

太陽の恵みがたくさん詰まった

とても力強い味のする野菜たち。

その野菜たちをつかって

夏野菜のカレーを作ってみました。


大鹿野菜カレー




テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

手打ちきつねうどん&煮卵 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)


飲食店として再開予定のかわらしまですが、

すでにブログで紹介しておりますように

手打ちうどんをメインにやっていこうと考えております。


手打ち麺をはじめうどんを作るのは

相方Uさんでして、

私めはというと

かやくごはん(炊き込みご飯)や

あんみつメインのスィーツ担当。


開業時期はまだ未定でありますが、

相方Uさんは手打ちうどんを日々研究し、

私もかやくごはんの研究をやっておりますよ~





さてさて、試作品のきつねうどん&煮卵を紹介しますね。


きつねうどん


関西風の出汁のきいたきつねうどんです。

出汁にはこだわっていて、

いわし、さば、かつお、そうだかつお、昆布の混合出汁に

さらに飛魚出汁(あごだし)を加えます。

出汁の香りがぷ~んと漂う

美味しいうどんだしでございます~


きつねうどんの命ともいえる

ふっくらジューシーなおあげさんは

甘目の煮汁でふっくらと炊き上げまして

絶品でございます~。





煮卵


こちらは煮卵です。

煮卵というとラーメンの友という感じですが、

うどんと組み合わせても大変おいしいのです。


煮汁に追い鰹出汁をきかせていまして、

うどんと合わせても美味しく食べられるように

工夫しております。


箸で割ると中からトロッと半熟の黄身が出てきますよ~♪