駒ヶ根 「トラットリア・オグラ」-食べ歩き 

カテゴリ:南信州食べ歩き


今日は駒ヶ根にある、

生パスタが食べれるお店、

トラットリア・オグラへ行ってきました~!

同じ伊那谷で、

地元なので、

気になっており

一度は行ってみたいと思っていた店です。


ランチメニューの中から、

鮭のクリーム生パスタをチョイス。



鮭のクリームパスタ



サラダとパン、ドリンクもセットメニューにはついておりました。

ご馳走様でした~




諏訪湖



帰る途中、

諏訪SAに立ち寄って

御神渡りを見ようとしましたが、

一部湖面の氷が融けていて

御神渡りも確認できませんでした。


テーマ : 日記 ジャンル : 日記

信州里の菓工房-飯島町 

カテゴリ:南信州食べ歩き


駒ヶ根方面へ出かる時いつも素通りして気になっていた

飯島町にある和菓子&洋菓子のお店「信州里の菓工房」へ

行ってみました~!



信州里の菓工房


中央アルプス花の道(広域農道)沿い

飯島町の道の駅「花の里いいじま」のすぐお隣に

「信州里の菓工房」はあります。

HPによると昨年7月11日に新規オープンしたそうで

外観も内装もピッカピカ!真新しい~って感じです。


この「信州里の菓工房」は恵那にある栗菓子で有名な川上屋の系列店舗で、

店内には川上屋さんの和菓子、洋菓子が展示販売されていました。

また店内の奥には喫茶コーナーがあり、

ショーケース内の洋菓子とお茶を楽しむことができます。

テラス席もあるようでしたが、ペット同伴が可なのかは確認していません...

次回、要チェックですね!



ケーキとプリン


ケーキをお店で買う、なんて行為はほんと久しぶり...

何を買おうか迷いに迷って、

器に惹かれた「きなこプリン」と

モンブラン、キャラメルムースの3品を選びました。


この「きなこプリン」の容器、ちょっとちょっと嬉しくないですか~

陶器の足付小鉢が使われているんですよ!

食べ終わった後もこの小鉢はしっかりと使えそうなんですもの。

メルパパにこれ以上食器の類は増やすな!と言われておりますけど

この小鉢はあくまでもスィーツの容器でありまして仕方ないのです...って

堂々と?言えますよね。

私この小鉢欲しさに「信州里の菓工房」へせっせと通いそうですわ~。(笑)


あっ、と、

肝心のスィーツのお味ですが、

ボリューム満天、お味Good!で申し分ございません!

Priceの方はというと380円前後の価格帯でして、

このボリュームでこのお値段でしたらお安いと言っていいと思いました。



信州里の菓工房のHPはこちら



テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

O.D.Cafe-飯田市のドッグカフェ 

カテゴリ:南信州食べ歩き


飯田市内に今年新しくオープンした

ドックカフェ O.D.Cafe(オーディーカフェ)に行ってきました~♪





  




O.D.cafeランチメニュー
※クリックで拡大表示


本日のランチメニューは2種類

(A) 三色彩り丼
(B) シーフードグラタン&ベーグルwithブロッコリースープ

これにコーヒor紅茶の飲み物とデザートが付きます。

デザートはプチアップルパイ~♪

これだけついてPriceは\1000円ですから

コスパはかなり高し!!!でしたよ~




O.D.cafeにて


メルミミも店内で一緒に過ごせて、

ニパニパの笑顔です~♪




O.D.cafe外観店内
※クリックで拡大表示


外観も店内もとてもおサレなO.D.Cafeでした~♪





テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

十割そば 吉笑楽-中川村 

カテゴリ:南信州食べ歩き



ずっと行きたかったお隣中川村にある

十割手打ち蕎麦の吉笑楽へやっと食べに行ってきました!!




吉笑楽1


吉笑楽さんは完全予約制で、

しかも4名以上人数が揃わなければならないのです~

なので、今回うちの親族が来たおかげでやっと吉笑楽さんでのお食事が実現しました。



吉笑楽10


玄関を入ったところには本日のお昼のコースのおしながきが...

期待に胸が膨らみます!




吉笑楽2


吉笑楽さんは古民家を1軒まるごとお食事処として改築してあり、

古民家にはつきものの囲炉裏もあります♪

囲炉裏の下は掘りごたつみたいに足を下に下ろすことができるので楽でした。





吉笑楽3


まず最初は...

先付けの小鉢で「なずなのおひたし」です!

この季節になずな!?ですが、

吉笑楽さんの畑の周りには青々としたなずなが生えていたそうで、

それをおひたしにされたそうです。



吉笑楽4


次ぎは「そばチップ」です。

蕎麦の端っこを素揚げにしたもので、

香ばしくてついつい手が伸びます。



吉笑楽5


「ふろふき大根」の大根はモチロン吉笑楽さんの自家製大根。

お味噌もとてもよいお味でした。



吉笑楽6


お次ぎは揚げ物で、

リンゴ・梅干・そばがき・しめじの天ぷらです。

しめじは吉笑楽オーナーさんのもう一つのお仕事であるキノコ栽培のキノコとのこと。

梅干やリンゴの天ぷらは初めて食べましたがいやぁ旨いもんです。




吉笑楽7


次ぎは新米つやつやのおにぎりが出たのですが、

うっかり写真を撮り忘れました~


いよいよ次ぎは本命の十割蕎麦です!!

お蕎麦が茹で上がる前にお蕎麦につけて食べるための「山塩」とめんつゆが出ました。

「山塩」は我が大鹿村の塩泉から汲んできた塩水を4日間煮詰めて作ったとのこと!

ヒェ~!!!4日間ですかぁ!!そんなにも手間がかかっているんですね。ビックリです。




吉笑楽8


さていよいよお待ちかね十割蕎麦の登場です!

うわぁ~細いぃ!

手打ちでこんなに細く均一に切れるなんてまさに名人技ですね。


まずは大鹿の「山塩」をちょびっと降りかけてお蕎麦を一口。

蕎麦の滋味溢れる味が山塩によって引き立ち誠に美味しいです。

山塩で食するのが美味しくて半分くらい食べちゃいました~。

残り半分はそばつゆで頂きました。

そばつゆも変に甘くなく後味スッキリでそばつゆで頂くお蕎麦も大変美味でした。


セイロ1枚分のお蕎麦をペロリと平らげたところで、

頃合を見計らって「次のお蕎麦を茹ではじめましょうね~」と

女将さんが声をかけて下さいました。


そうなんです!セイロ2枚分も十割蕎麦が頂けるんですよ~!

ビックリですよね。

もちろん2枚目も「山塩」とそばつゆ双方でペロリと頂きました♪



吉笑楽9


デザートも付きます!

ねっとりとしたそばがきに濃厚なクルミタレがかかった

蕎麦懐石の最後に相応しいスィーツでした。

スィーツはどんなにお腹が一杯でも別腹で入るんですよね~(笑)


そうそう、蕎麦湯に残った山塩を少々降って頂くのも美味しかったですよ。



さてこのお昼の蕎麦コースでなんとpriceは税込み¥2000円です!

安いっ!と心底思いました。





(十割蕎麦 吉笑楽)
住所:長野県上伊那郡中川村葛島931-1
Tel:0265-88-3623
昼コース Price\2000
夜コース Price\3500
完全予約制, 4名より
HPはこちら



テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

喫茶ガロ-駒ヶ根高原 

カテゴリ:南信州食べ歩き

昨日、かんてんぱぱホールへ「大鹿を彩る手仕事展」を見に行く途中、

駒ヶ根高原にあるフライ・丼類のボリュームがすごくて地元でも有名な

「喫茶ガロ」へ食べに行きました。


ランチタイムともなると、かなり混み合うと聞いていましたが

昨日は平日で雨だしそんなでもないだろう~なんて思って行ってみたところ

午後1時過ぎにお店に到着して店内は満席、我々の前に3組待っていました。

おそるべし!「喫茶ガロ」」!!



メニュー

30分ほど待たされて、ようやく席に座ることができました~。

お品書きを見て、「当店お勧め」のミックス丼に即決!!


しかしこのお店、「喫茶軽食ガロ」なんですねぇ~。

ボリューム満点のフライ・丼ものが軽食かいっ!とメルパパ、

たしかに軽食ではなく重食だわなぁ~とつまらない夫婦の会話を10分ほどしていたら、

ミックス丼が運ばれてきましたぁ!!


ミックス丼1


おぉ~!

噂に違わぬものすごいフライのボリュームです。

上にちょこんと乗っかっている蓋はフライを置く皿と化します。




ミックス丼2


ジャンボエビフライが2本、ジャンボヒレカツが2枚、

蓋に一旦フライを置かないとキャベツの下のご飯を食べることができないのでした~。

甘辛い特製ソースダレのかかったフライとキャベツそしてご飯との組み合わせは

醤油ベースの卵とじカツ丼よりイケるかも~。


フライのボリュームもさることながら、ご飯の盛りもかなり大目です。

さすがに完食は無理でした....

残したフライ類をお店に用意されているお持ち帰り用のパックに詰めて

お持ち帰りさせてもらいました。

晩ご飯のおかず用フライ付き(残したものですが)で1390円とは、かなりお値打ちですね!

また是非食べに行きたいと思いました。


テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報