2008年06月 の記事リスト

≪前月 |  2008年06月  | 翌月≫

ホワイトベリー 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

ホワイトベリー

この時期、下の畑や母屋の裏へ行くと、
熟したホワイトベリーの桃に似た甘い香りが漂ってきます。

すぐ横に植えているワイルドストロベリーは一足先に熟し、
もう盛りは過ぎてしまいました。

昨年はホワイトベリーの実をせっせと採取してジャムにしたのですが、
今年はどうしようか思案中....
このホワイトベリーの実のジャム、味は良いのですが
見た目がちょいと不気味なので、
お客様の朝食時に出すジャムとしてはちょっと使えないのです。

先代犬のマリンが好んで食べたホワイトベリーの実なので、
とりあえずはマリンの位牌にお供えする分だけ摘むことにしましょう。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

桑の葉っぱあれこれ 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

我が家のお蚕さまも残り6頭の繭を明日採取するばかりとなり、
つい先日までせっせと桑の葉っぱの収穫に明け暮れていた毎日が
なんだか懐かしく思えます。

桑の葉っぱ


我が家の周辺で採れる桑の葉っぱにはいろんな形、サイズがあり、
大きい葉っぱになると20cmを超えるサイズのものもありました。

20cmを超える大きな葉っぱが採れる桑の木は
葉っぱのサイズに応じてかなりの大木になっており
小さな沢のすぐ脇から生えて沢を覆うように成長しています。

この大きな桑の葉っぱはお蚕さまたちにも結構人気で、
与えるとすぐさま取り付いてシャリシャリ食べておりました。




27日(金曜日)午後に村の養蚕農家の紙屋さんちを訪ねたところ、
その日の朝に繭を喬木のJAに出荷してしまった後で
蚕室に広げてあったまぶしもすべて片付けられておりました。

まぶしから繭を取り出すところや毛羽を取り除く様子など
拝見したかったのですが....残念です。

次のお蚕さまは7月14日に2令でくるそうで、
また私も50頭ほど飼おうかなぁと思っております。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

長府のボイラー交換 

カテゴリ:Iターン生活

長府のボイラー

プライベート用で使っていた長府のボイラーの調子が悪く、
新しいボイラーと交換しました。

新しい長府のボイラーも薪・灯油兼用で使えるタイプです。

今までは風呂場に付いていたリモコンが古いボイラーに合わず
風呂場から追い炊き等が一切出来なかったのですが、
新しいボイラーに交換したところ、
風呂場からも着火できるようになり、大変便利になりました~♪




テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

赤石荘 天空風呂-南信州・大鹿村 

カテゴリ:大鹿村について

赤石荘・天空風呂

今日は小渋温泉 赤石荘の天空風呂に入らせてもらってきました~♪

ちょっと写真が逆光で見づらいのですが、
こちらの日帰り入浴のできる温泉は半露天風呂で、
目の前には絶景が広がっており、
天空に浮かんだ湯船に浸かっているかのような気分を味わえます。

温泉の泉質は、ナトリウム-塩化物炭酸水素塩冷鉱泉で
さらりとした質感のお湯で、湯温も熱過ぎず長い時間温泉につかっていることができます。

(小渋温泉・赤石荘)
日帰り入浴:11時30分~19時までフロントにて受付
入浴料金:大人1名 500円
・貸しバスタオル(200円)も有り。
・木曜定休、但し臨時で休む場合もありますので事前にお電話にてご確認下さい。
TEL:0265-39-2528 FAX:0265-39-2328
 赤石荘HP

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

中尾早生-大鹿村特産地大豆 

カテゴリ:大鹿村について

大鹿村には村だけで栽培されている幻の地大豆「中尾早生」という大豆があります。

※「中尾早生」の特徴についてはこの大豆を使ったお豆腐を作っている
美濃屋豆腐店HPを参照下さい~。


 村ではこの大豆を村の特産品と位置づけており、
他の地域で栽培されないように保護しているのです。

その保護の方法というのが、村では「中尾早生」を加工した食品しか販売できない、
調理したものを旅館、食堂等で提供するのみ、ということなんです。

 ですので、加工前の大豆の状態では一般には販売されておりません。


中尾早生豆

加工前の大豆をどうして売っちゃいけないのか私にとっては大きな疑問だったのですが、
野沢菜造りの名人の宮沢さんから「中尾早生」の大豆をいただいた時、

「この豆を5月20日頃畑に蒔けば、芽が出るよ~」と教えてもらいました。

「あ~なるほど!この大豆がそのまま種子になるんだぁ~!」とそこで納得!

今まで野菜の種はお店で買ってくるモノ!と思い込んでおり、
まさか食べられる大豆がそのまま植えると発芽するなんて
まったく思いもよらなかったのです。
(無知もいいとこですが...)


中尾早生発芽
(発芽した中尾早生)

で、宮沢さんに教わったとおり、
5月20日過ぎに畑へ7粒だけ「中尾早生」の大豆を蒔いてみました。

7粒しか蒔かなかったのには、
本当に芽が出るのかなぁ?と100%信じきれていない部分があったからなんですね~

だけど、1週間くらいするとホントに発芽しましたよ~!


中尾早生本葉

今ではすくすくと順調に育っております。

だったらもう少し豆を蒔けばよかったな...と今更ながら思っているのでした。

来年は畑の一畝、「中尾早生」を植えましょ~♪


テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

お蚕さま飼育日記-20日目・繭収穫! 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

お蚕さま2
(最後の5令のお蚕さま)

いよいよ最後に1匹だけ残ったお蚕さまも
昨日おすがきになり、繭を作り始めました。

お蚕さま

今日様子を見てみるとうっすらと繭の形が作られていました。

ここまで繭作りが進むと9割方大丈夫なのですが、
中にはこの段階で力尽きてお亡くなりになられたお蚕さまもおりました。

また、おすがきになっても糸を吐く仕草をするだけで、
やがて力尽きてお亡くなりになったお蚕さまも多数出ております。

お蚕さまにとって繭を作る作業というのは身を削っての作業なのかもしれません


繭と毛羽

さて一方で、先週17日に繭作りを初めたお蚕さまの繭は
そろそろ繭を採取する時期となりましたので、
トイレットペーパーの芯から繭を取り出し、
繭の回りについている毛羽を手で取り除ききれいにしました。

写真左側は毛羽で右側が今日採取した繭玉11個です。

4令から飼い出したお蚕さまですが、
毎日一生懸命桑を採取して桑を与えて、
毎日蚕座の箱をお掃除してと、
いろいろ手を掛けてきたので、
こうして無事繭になり手にすると感激もひとしおですね~。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

大平宿-南信州・飯田市 

カテゴリ:観光

今日は飯田市街より車で40分ほど走ったところにある大平宿を訪ねてきました。



大平宿1

平日でしかも妻籠・馬籠のように有名な「宿」ではないので、
我々以外観光客は誰一人としておりませんでした。


大平宿2

江戸時代にタイムスリップしたかのような気分に浸りながら
集落の中の道をメル&ミミと一緒に歩きます。


大平宿3

ガラス越しに1軒の古民家の中を覗いて見ると...
尺サイズの大黒柱、太い梁、囲炉裏ともう古民家フェチにとてってはたまらない光景です!


大平宿4

この大平宿の人々は昭和45年に全員移住したのですが、
ここの集落は昭和のまま時が止まっています。


大平宿5

集落の前には綺麗な小川が流れていて、
メルは最初口をつけて水を飲んでいたのですが、
次第に大胆になり小川の中へジャブジャブ入り込んでしまいました~。


峠

大平宿を後にし、木曽の方へ抜ける途中眺めの良い峠がありました。

下の方に見える集落は恐らく南木曽町かと....




木曽に抜けた後は中津川のちこり村でお昼のバイキングを食べて帰って来ました。

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

イングリッシュ系ラベンダーの開花 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

ヒドコート・白青

庭に植えているイングリッシュ系ラベンダーが咲き始めました♪

左側のピンクの花のラベンダーはヒドコートのピンクで、
右側の濃紫の花のラベンダーは同じくヒドコートの紫です。


ナナアルバ

こちらは白い花のラベンダーで、
確かナナアルバだったかと....

苗を買ってきた時についていた名札を植えた近くに差しておいたのですが
いつのまにか見当たらなくなり、名前も定かではなくなってしまいました。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

まんまみーあさんと初ランデブー♪ 

カテゴリ:Iターン生活

今日青いケシの中村農園・売店のお手伝いをやっていたら、
嬉しいことにコメントを書いてくださるまんまみーあさんが訪ねてきてくださいました!!

水神餅

ブログがご縁でこうやって実際にお会いできるなんて、
ほんとうに嬉しくて、また楽しいひと時を過ごさせていただきました~♪

写真はお土産にいただいた伊那の美味しい和菓子の「水神餅」です。

和菓子超好き人間の私にとっては、嬉しいお土産で
ペロリと半分近く平らげてしまったのでした~
まんまみーあさん、ご馳走さまでした。


また、明日中村農園の売店のお手伝いを午後1時くらいまでやっていますので
明日平日ですが青いケシを見に来られる方がいらっしゃいましたら
声を掛けて下さいまし~。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

大鹿村最後の養蚕農家・訪問3 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

19日に村の養蚕農家・紙屋さんちのおすがき(熟蚕)の様子を
見学したときのレポです。

おすがき1

養蚕の建物の中に用意されていたまぶしには
繭を作り始めたお蚕さまがたくさん入っています。


おすがき5

屋外の蚕座からおすがき(熟蚕)になったお蚕さまを運んできて、
皿の上で石灰の粉をまんべんなくお蚕さまにまぶすそうです。

石灰をまぶすことによって、
お蚕さまがベタベタせずにさらっとして良いんだそうです。


おすがき2

石灰をまぶしたお蚕さまをまぶしの間に運んでゆきます。
(紙屋さんがちょっとブレて写っていますが、ご容赦下さい~)


おすがき4
(※クリックで画像拡大します)
まぶしの上には気に入ったお部屋が見つからず、
ウロウロしているお蚕さまたちがたくさんいました。

芋虫系の苦手な方にとってはちょっとな写真だと思いましたので
サムネイル表示といたしました。
詳細をご覧になりたい方は写真をクリックしてご覧下さいませ~。


おすがき3

ほとんどあきも無くびっしりと繭作りが行われているまぶしです。

これだけ繭が作られると圧巻ですね!


この後、繭を出荷するのは10日後の28日くらいだそうです。
またその頃に訪問する予定です。

ちなみに、毛羽(毛羽とは繭を作るときに足場にした糸のことです)を除く作業は
手回しの毛羽を取り除く道具に紙屋さんがモーターを取り付けて
動力式にしたものを使い行うそうです。

次回の訪問で毛羽を取り除く様子も是非見てみたいですね。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

今日の青いケシ-大鹿村・中村農園 

カテゴリ:大鹿村について

昨日今日と午後1時まで中村農園の売店でお手伝いをやっています。

今日は天気予報通り、時折雨の降る生憎のお天気~
しかしながら曜日が土曜ですし、青いケシの花も見頃を迎えていることもあって
どんどんお客様がお見えになります。

青いケシ

ヒマラヤでは雨や霧が多い時期に青いケシが咲くとのこと。
ですので、今日のような雨が降る日の方が
青いケシにとっては喜ばしい気候なのかもしれません。

そのせいか、青いケシもより一層鮮やかに見えますね~。

霧の中の青いケシ

雨が止むと霧が立ち込めてきたりします。
気分もヒマラヤ~ですね♪


青いケシ2

雨露がまるで青いケシを飾る宝石のように見えます~。


明日も午前一時まで、受付横の売店でお手伝いをやっていますので、
明日青いケシを見に来られる方がいらっしゃったら声を掛けて下さいね~

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

お蚕さま飼育日記-15日目 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

我が家のお蚕さまたちも半数以上が「おすがき(熟蚕)」になり、
桑の葉っぱの採集が随分と楽になりました。

繭を作らせる為の足場ですが、

1.トイレットペーパーの芯
2.藁まぶし
3.紙製まぶし

の3種類用意して、繭の作り具合をみてみました。


おすがき1
(1.トイレットペーパーの芯)

3種類の足場の中ではトイレットペーパーの芯が
一番早くお蚕さまが落ち着いて繭を作り始めました。

その為、厚手の紙を丸めて筒状にし
25個作ってトイレットペーパーの芯を含め39個に増やしました。

現在は39個のうち36個の紙筒にお蚕さまは繭を作っております。


おすがき2
(2.藁まぶし)

この藁まぶしは東京に住んでいる時、
藁まぶしを作る道具を作っていただき、
八王子の養蚕農家の方から作り方を手ほどきいただいて
私が作ったものです。

養蚕の道具としては、紙製のまぶしより古い養蚕道具ということになります。

さて、お蚕さまの繭の作り具合ですが、
トイレットペーパーの芯よりはどこへ繭を作ろうかと、少々動き回るようです。

こちらの藁まぶしでは15匹のお蚕さまが繭を作っております。

おすがき3
(3.紙製まぶし)

紙製のまぶしは同じ集落の東さんより一式お借りしたもので、
出荷用の養蚕道具の為、まぶし1つで500個の仕切りがあり
さしずめ大きなマンションといった具合でしょうか。

繭を作るお部屋がたくさんありすぎる為なのか、
3つの足場の中では一番お蚕さまがうろうろする時間が長かったのは
この紙製のまぶしです。

こちらには15匹のお蚕さまが繭を作っております。



さて、残りのお蚕さまは約30匹ほどですが、
どの足場で繭を作らせようか思案中です。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

洋ナシ(ル・レクチェ)の袋掛け作業 

カテゴリ:Iターン生活

またまた今日は午前中、
松川町のフルーツガーデン森谷さんちのお手伝いに行って来ました。


ル・レクチェ

今回はル・レクチェという洋ナシの袋掛け作業です。

一本の洋ナシの木から四方八方に枝が伸び、
ものすごくたくさんの洋ナシのかわいい実が生っています。

ル・レクチェの袋掛け

一つ一つに丁寧に袋を掛けてゆきます。

前回の南水(梨)は軸がまっすぐで長かったので袋が掛けやすかったですが、
洋ナシは軸は太いもののカーブしているものが多いので
少々袋掛けにてこずりました。

私がもたもたと1つの洋ナシに袋を掛けている間に、
森谷さんは3個くらいは袋を掛けていらっしゃしました。

午前中だけのお手伝いで、ほんと猫の手にもなってないです。。。。

帰り際に竜峡小梅の完熟した実を持って行きな~、と森谷さんがおっしゃって下さったので、
1k近くの竜峡小梅の実をいただいてまいりました。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

お蚕さま飼育日記-13日目 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

お蚕さん2

昨晩、寝る前にお蚕さまの様子をチェックしたら、
1匹が桑の葉の上で糸を吐き出し始めているのを発見しました~!

まぶしは用意してあるのですが外に置いてあるしとりあえず1匹だけなので
「かえるよ!カイコ」という小学生向けの絵本に書いてあったトイレットペーバーの芯に
お蚕さまを入れて繭を作らせる方法で繭を作ってもらうことにしました。
(いざという時のために、トイレットペーパーの芯を14本集めていたのです)

ゆっくりと芯の中をまわりながら頭を上下させながらまず糸をはりめぐらせていました。

ずっと糸を吐き続けて繭作りを行うのかと思いきや、
結構休み休みしながら作業を行うようです

糸を吐いた後の休憩時間が長いので
もう寝ることにしました。


お蚕さん1

朝、見てみると繭の形がうっすらと出来上がっておりました!
でもまだまだ中のお蚕さまが透けて見えるので
完成までは時間がかかりそうです。

お蚕さん3

今日の夕方にはさらに繭を作り始めるお蚕さまが9匹出てきました。

そのお蚕さま達もトイレットペーパーの芯で繭つくりをさせることにしました。
(写真の一番右上の芯が最初に繭つくりをはじめたお蚕さま)

繭作りを始めるお蚕さまを「熟蚕」と言うのですが、
地方によって独特の言い方があります。

うちの村では「熟蚕」を「おすがき」と言い、
まぶしにお蚕さまが繭を作るときを「おやとい」と言うと
野沢菜作りの名人宮沢さんに教えてもらいました。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

いただきものー46cm大イワナ&サマープリンセス 

カテゴリ:Iターン生活

46cmの大イワナ

この写真の川魚ですが、
なんと46cmもある大イワナなんです。

この巨大イワナは松川町に住む友人のTさんが天竜川で釣り上げたもので、
昨日中村農園の青いケシを見に行った帰りに我が家へ立ち寄り置いていってくれたのです。

Tさん曰く、1年に一度出会えるか出会えないかの大物だそうです。

ちなみにエサはミミズを使ったとのこと。

きっとすごい引きで超興奮だったでしょうね~。
あ~、私も30cmでいいから1本釣り上げてみたいです。

さばいてみると、身は虹鱒のようにピンク色をしていました。
せっかくの大物なので、燻製にする予定です。


サマープリンセス

お次は、今日いただいた大鹿村の夏秋イチゴのサマープリンセス1番果です。

シーズン最初の実は大きな実が生るらしく、
この実を使ってアイスクリームを作って欲しいと
ケイ・ワークス責任者の小林さんから依頼を受け、
サマープリンセスの一番果をいただきました。

もう少し追熟させてからジャムにして、そしてアイスクリームを作る予定です。

さて、大鹿村のイチゴのアイスクリーム、美味しくできますでしょうか~。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

この指とまれ・つながり逢いの会-大鹿村での研修 

カテゴリ:この指とまれ・つながり逢いの会

今日は我々が参加している、
下伊那グリーンツーリズムネットワークの
「この指とまれ・つながり逢いの会」の研修が大鹿村で行われました。

前回5月に喬木村アスパラ農家の木下さん宅で行われた
「アスパラ狩り体験」のお手伝いに引き続き、
今回の研修も会員の皆さんが普段どのような活動をされているのかを
実際現地を訪ね、お手伝いしながら会員自身が体験するというコンセプトです。

中村農園で研修

今日は「この指とまれ」の会員でもある大鹿村の中村農園さんを訪ねて、
青いケシで賑わう農園をお手伝いさせていただこうということでした。

ですが、何分作業に慣れていないメンバー約30名がうろうろしていても
青いケシを鑑賞するお客様の邪魔になりかねないので
園主の中村元夫さんより青いケシについて説明を受けたあとは
各自青いケシやオダマキを鑑賞したり会員同士で情報交換したりと
のんびり時間をすごさせていただきました。


青いケシの苗

写真の苗は今年植えた青いケシの苗だそうです。
大きさは約5cm弱くらい。

青いケシは2年目以降青い花を咲かせるそうなので、
うまく成長してくれれば来年青い花を咲かせるとのこと。



おい菜での昼食

中村農園の次は大池高原にあるレストハウス「おい菜」さんで昼食です。

「おい菜」のオーナーさんも「この指とまれ」の会員です。

写真の「大鹿そば」はおい菜の名物料理で、
大鹿で採れる山菜がなんと8種類もカリカリの揚げたて天ぷらになって
おいしいお蕎麦の上にてんこ盛り状態で盛り付けられております。
甘辛しょうゆダレがかかっていて、たいへん美味です。

(レストハウスおい菜)
大鹿そば・¥1000


つる編み教室

午後からは大鹿村の創作手拭・つる編み作家の東村さん指導によるつる編み体験です。

私は東村さんのつる編み教室を4回ほど受講したことがあるのですが、
2年以上前ことだったのでまるでやり方を忘れておりました~

四苦八苦しながらも約1時間ほどでハガキ大くらいのサイズのトレーを作り終えました。


今回の研修はつる編み体験で終了ですが、
帰る時に我が家の前を通るので
うちの宿をメンバーの皆さんに見ていただきました。

                             ~*~

「この指とまれ・つながり逢いの会」に興味を持たれた方、
詳細を知りたい方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。
メンバーは随時募集しております。

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

桑の実採り 

カテゴリ:Iターン生活

今日は毎年恒例の桑の実を採取するため、
山梨まで出かけてきました。


ネットをかぶせたお蚕さま

ほぼ1日留守にするため、
お蚕さまの箱には蜘蛛避けのネットをかぶせ、
桑の葉をたくさん与えました。


桑の木

去年見つけた実を採取しやすい桑の木です。


桑の実

ほどよく熟れた桑の実がたわわに生っていました♪


桑ジャム

二人で約1時間ほど採取し、約2.5kg収穫できました。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

今日の青いケシ-中村農園・大鹿村 

カテゴリ:大鹿村について

昨日の夕方、中村農園の奥さんから
半日でもいいから農園の店番をやって欲しいとの依頼をうけ、
今日の午後見頃を迎えた青いケシの中村農園をお手伝いしてきました。

青いケシアップ
(見頃を迎えた青いケシ)

見頃を迎えた青いケシを求めて、
次から次へと途切れることなくお客様がいらっしゃいます。

受付のすぐ横の売店の店番だったので、
受付が忙しいときは入場券にスタンプを押したり
お客様に入場券を手渡したりもしました。

青いケシ

NHKの取材が入り、今月20日に放映されるとのこと。
(放映時間は後日お知らせします)


オダマキ
(カラフルなオダマキ)

夕方5時で店番も終了~、
今日の青いケシを帰る前に見せていただきました。


テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

大鹿村最後の養蚕農家訪問その2 

カテゴリ:大鹿村について

先週の金曜日に初めて訪れた
大鹿村最後の養蚕農家・紙屋さんちを再び訪問しました。


養蚕農家その1

すでにお蚕さまたちは別棟の蚕室へ移されておりました。

5令になると軒下など、半屋外のような場所でも大丈夫とのこと。
こちらの場所も、屋根と壁だけの簡単な造りの建物です。

養蚕農家その2

蚕座の中を覗くと丸々と太った大きなお蚕さまが
シャリシャリと勢い良く桑の葉を食べています。


養蚕農家その3

先日伺った時にお蚕さまがいた建物の中には、
繭を作る為の「まぶし」がズラ~ッと並んでおりました。

紙屋さん曰く、だいたい17日から18日くらいに繭を作り始めるだろうとのこと。

繭を作らせるときには手作業で「まぶし」と「まぶし」の間の隙間に
お蚕さまを運んでゆくそうです。

紙屋さんちでは約4万匹のお蚕さまを飼っているそうですので、
たいへんな作業がこの後待ち受けているんですね。

また、18日辺りに繭作りの様子を見に行きたいと思っております。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

大池高原と開牧後の黒川牧場 

カテゴリ:大鹿村について

梅雨時の貴重な晴れ間、
洗濯を早々に済ませ、
10日に開牧された黒川牧場を見に行ってきました。

大池全景

黒川牧場へ行く通り道にある大池高原の大池に立ち寄ってみました。

ここはいつきてもほとんど他の人に会うことが無く、
(いつもいくのは平日だからかも)
静謐な空気が流れています。


メルミミと大池木道

大池周辺は昨年の木道整備事業により、木道が整備され
ワンコ連れでも散歩がしやすくなっております。
(メルミミは隙あらば草をハミハミしようとしています)


大池木道

大池の中ほどまでせり出した木道です。
池の中には赤い金魚がたくさん泳いでいます。
(くれぐれもワンコが池に飛び込まないようご注意あそばせ!)


クリンソウ群生地

大池周辺にはクリンソウの群生地もあります。
平地より1月ほど遅れて見頃を迎えたようです。


大池のクリンソウ

群生地より外れたところに、濃いピンク色のクリンソウが咲いていました♪


黒川牧場景色

さて次は今月10日に開牧され、牛が入った黒川牧場へ向かいました。

いつも牛が草をはんでいる場所を見渡しても牛の姿が見当たりません。


黒川牧場でメルミミ記念撮影

先日登った標高2000メートルの場所まで行ってみますが、
途中でも上の池周辺でも牛には出会えません。

「牛さんいないねぇ...」とメルミミが思っているかは不明ですが、
お決まりの記念撮影をば。

グリーングラデーション

上の池から戻る途中、
新緑のグラデーションがあまりにも美しくて撮影してみました。


黒川牧場の牛

下の道まで下り、引き返そうかと思ったところで
牧場入り口の木立の中に牛がいるのを発見!!

まだ牧場の広さに慣れてなくて不安なのでしょうか、
木立の中に8頭の牛達が体を寄せ合ってたたずんでいました。


テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

ドッグランのクローバーは花盛り 

カテゴリ:民宿かわらしま

メル&ミミ

ドッグランに敷き詰めたクローバーはただ今お花が真っ盛り~♪

久々にメル&ミミ一緒にドッグランで遊ばせて見ました。

一緒に走らせる時はフリスビー禁止です。

フリスビーが無いとつまらないのか、
草を食べたり(羊か!おまえたちはっ)
地面の匂いをかいで、仰向けになってドッタンバッタンやったり~(これは主にメル)

もう以前のように2頭でかけっこはしなくなりました....


飛び跳ねるメル

走ってる姿を写真に撮りたいのに、
2頭ともまるでやる気無し。

仕方なく、フリスビーを投げる仕草をしてみたら
途端に2頭とも目の色を変えて走りよってきました。

ほんとにあんたたちって、フリスビーが好きね~♪


*************************************************************************
(今日のお蚕さまー7日目)

桑のみを食べるお蚕さま
(桑の実を抱え込んで食べているお蚕さま)


日に日にお蚕さまが巨大になってゆき、
今までのお菓子箱では手狭になったため、
大きなコンテナボックスへ引越しました。

大きな箱だと桑の葉っぱを枝ごとバサバサ投入できるので
ちまちまと様子を見なくて済み楽になりました。

そんななか、枝についていた桑の実を前足で抱え込んで
ガジガジかじっているカワイイお蚕さまを発見!!

最初枝からぶら下がっている実を前足で押さえながら食べていたのですが、
やがて枝から実が落ちて実とともに転がってしまい
転がるときも実はしっかり抱えたまま。

その後も横に寝転がった状態でガジガジ食べ続けていました~。



テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

お蚕さま飼育日記-6日目 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

大小お蚕さま
(大きいお蚕さまと小さいお蚕さま)

お蚕さまが我が家へやってきて6日目!

いただいたお蚕さまは紙谷さんちで蚕座から脱落したお蚕さまで、
いわば規格外のお蚕さま。
こういったお蚕さまを村の人は「網外(あみそと)」と呼ぶようです。

この「網外」のお蚕さまは成長の度合いがまちまちで、
写真のように大きいお蚕さまは6~7cmくらいになりましたが
小さいお蚕さまは3cmくらいとかなり差があります。

その分私としては長く楽しめるわけで、もってこいなのです。


色黒お蚕さま

100匹近くいるお蚕さまの中には、
この写真のようにちょっと色黒というか、
茶色っぽい色のお蚕さまが2匹ほどいます。

最初あまりに色が違うので、
もしや悪い病気かぁ~!と警戒し、
違う箱に隔離して様子をみておりました。

普通に食欲もあるようですし、
元気なので問題ないのかな。。。。


お蚕さま百面相


お蚕さまも顔の模様にいろんなパターンがありますね~!

いはやは、観察しだすと時間を忘れてついつい見入ってしまいますよ♪

さて、そろそろお蚕さまが繭を作るための「まぶし」を用意しなくてはなりませんね~。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

綿糸化学染め(シリアス染料) 

カテゴリ:ハンドメイド(草木染,手織,手紡/雑貨)

オレンジ色染め

今日は、綿の薄手のマフラー用緯糸を染めました。

糸は綿100%で、シルケット加工のされたエジプト綿、
同じく綿100%で単糸細番手の糸、
綿100%のスラブヤーンと
3種類の糸を染めました。

マフラー用の緯糸はシルケット加工の綿糸なんですが、
どうせ染めるなら手間は同じなので、
手持ちの他の綿の生成り糸もカセにして同時に染めました。

草木染めではなく、化学染めで染料はシリアス系を使っています。

今回の色は元気の出るビタミンカラーのオレンジ!!
私の一番好きな色です。

最初はオレンジ色のシリアス染料だけで染めてみましたが、
黄色味の強いだいだい色に染まったので、
途中で赤の染料を足して、ようやくイメージ通りの色に染まりました♪

さぁて、緯糸の準備はできたから、
早いところ経糸を男巻きに巻き付けなくては~。


テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

お蚕さま飼育日記-4日目 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

朝一でお蚕さまの箱を覗くのがここんとこの日課なんですが、
今朝、箱を覗くと箱の隅っこの方でなにやらカサカサ動く黒っぽいものが。。。。

ギャー!でっかいクモです~!!

あわてて箱から追い出そうとしますが、
クモのやつもなかなか動こうとしません~。

棒でつついてつついて、出てきたところをすかさず電撃ラケットで退治!!

あぁあ~、1匹のお蚕さまが犠牲になってました。

今晩からは、寝る前にクモが進入しないように、
何か対策を施さねばなりませんね~。

5令脱皮おお蚕さま
(脱皮が終わり、じっとしているお蚕さま)

クモ騒動が一段落し、
気を落ち着けてからお蚕さまたちを観察します。

5令になるまえの休眠期から目覚めて、
脱皮を終えたお蚕さまがボチボチ出ていました。

脱皮を終えると数時間、じっとしているようです。


頭のカラを脱ぐお蚕さま
(脱皮最終段階、頭のカラを脱ぎ捨てるお蚕さま)

お蚕さまは体の皮を全部脱いだあと、
頭のカラを最後に脱ぎ捨てます。

これで、5令のお蚕さまに成長完了です!


**************************************************************************

午後は和綿の種を蒔きました。

プランター、ビニールポット、畑直蒔きと
3種類の方法で蒔いてみました。

畑もいろんな作物を植えているので、
だんだん植える場所がなくなりつつあります。。。

はぁ~もっと畑を拡張したいですね~。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

青山椒(山椒の実) 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)

山椒の実

池の脇に四年前移植した山椒の木ですが、
生育条件が良かったのか、年々大きく育っています。

今日見てみたら山椒の青々とした実がたくさん生っていたので
昨年も作った醤油煮をつくるため、実をせっせと採取しました。

昨年よりも5倍以上は収穫量が増え、
実についている小枝を取るのが一苦労です。

今日1日では終わらず、明日へ持ち越しです。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

お蚕さま飼育日記-2日目 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

桑の木

お蚕さまがうちにきて2日目。

夕べ寝る前に与えた桑の葉っぱがほとんど干からびていて
お蚕さまはほとんど動かなくなってました。

あわてて、近くの桑の葉っぱを調達にゆきます。

桑の葉っぱを採取しているとき
野沢菜を作っている宮沢さんに丁度お会いしたので、
お蚕さまを飼っているんですよ、とお話したらさかんに懐かしいねぇ~と
おっしゃってました。
宮沢さんちでも20年くらいまえまでは養蚕をなさっていたとのこと。

桑のはっぱの与え方、
この後5令に入るとたくさん桑の葉っぱがいるとか、
桑の木には種類があって、
イチノセという品種の桑が一番お蚕さまにとって美味しい、等々
養蚕についていろいろと教えていただきました。

いやぁ~、養蚕の先生がご近所にいらしてほんと助かります!

しかしながら、5令に入る前に、
我が家の周辺で桑の木、それも採取可能な桑の木を早急に探さねばなりません。

お蚕さま2日目

新鮮な桑の葉を置くと、
ワラワラと新しい葉っぱの上にお蚕さまたちが登ってきて
シャリシャリと葉っぱを食べだしました。

もりもり桑の葉っぱを食べてくれている姿を見ると、なんだか一安心しますね~。

野沢菜

この写真の野沢菜は宮沢さんが作っている野沢菜を分けてくださったものです。

今年お初の漬物作り、明日仕込みます~♪



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

大鹿村最後の養蚕農家・紙谷さん 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

今日は、午前中は中村農園の青いけしを見に行き、
午後は大鹿村最後の養蚕農家の紙谷さんちへ
お蚕さまを見せてもらいに行ってきました。

桑畑

紙谷さんちは「ろくべん館」の裏の方、上青木という集落にあります。

紙谷さんちの家に近づくにつれ、周辺には桑畑が広がります。

さすが!養蚕農家さんだなぁ~と思いながら、
神谷さんの母屋を目指します。

紙谷さん

こちらが大鹿村最後の養蚕農家、神谷さんです。

訪ねていったときは丁度紙谷さんは外で作業中で、
私に気付いて下さりにこやかに出迎えて下さいました。


蚕室

こちらがお蚕さまを育てている蚕室専用の建物です。


養蚕用温度計
写真は養蚕用の温度計です。
(かなり年季が入ってますね~!)

建物の中はお蚕さまにとって最適な気温の27度くらいにまで
ストーブで室温が暖められていました。

風通しも良くないといけないそうで、
窓を開けるとたちまちスーッと風が部屋の中を通り抜けました。

お蚕さま1

上下2段づつお蚕さまがワサワサ入った木の箱が置いてあります。


お蚕さま2

4~5cmほどに育った4令のお蚕さまです。
もう少ししたら休眠期に入るとのこと。

休眠期で1日眠ったら目覚めて脱皮するそうです。
脱皮が終わったら5令になり、
外のもっと広い屋根だけの蚕室へ移すそうです。


いただいたお蚕さま
(いただいたお蚕さま)
うちでもお蚕さまを飼ってみたい!と思っていたので、
紙谷さんに少しお蚕さんを分けて欲しいとお願いしたところ、
たくさん頂戴してしまいました。


さてさて、いただいたお蚕さまたち
無事に繭を作るまで育て上げることができますでしょうか。。。。。
(あまりにもたくさんのお蚕さまで、ちょっと弱気。。)

責任重大でありまする~。

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

青いケシ・中村農園(大鹿村) 本日オープン 

カテゴリ:大鹿村について

中村農園チケット
青いケシで有名な大鹿村の中村農園ですが、
青いケシが咲き始め、本日より園オープンです。


青いけしとメル&ミミ

メル&ミミは今ひとつ青いケシには興味がない様子....

撮影の合間、メルは通路の敷き藁の上で仰向けになって
ドッタンバッタンしてしまい、体がワラまみれになってしまいました~

青いけし

天上の青と称される、ヒマラヤンブルーです。

オレンジのおしべとの対比が美しい!

青いけし2

開花時期は7月中旬頃まで。

(中村農園)
Tel:0265-39-2372
入園料:300円

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

破竹のたけのこの燻製 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)

破竹たけのこの燻製

ここんところ、裏山へ登ると破竹のたけのこがどっさり収穫できます。

採ってきた破竹のたけのこは写真のように
燻煙をかけてすべて燻製にします。


テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

ワンコ足型クッキー第二弾 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)

足型クッキー第二弾

前回のクッキーはすべて食べ終わってしまったので、
第二弾を作ってみました~♪

今回は生地を2種類増やして、

・プレーン
・ココア
・抹茶
・全粒粉入り


の4種類つくりました。

抹茶にココアの組み合わせはちょっとミスマッチだったかも....
それ以外は美味でございます。


テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用