ワンコ柄の長靴 

カテゴリ:Iターン生活


この地に引越してからというものの、
一番出番が多い履物はガーデンシューズで、
二番目は長靴です。

東京ではいていた革靴を何足か持ってきてはいるのですが、
引越し用のダンボール箱に入れたまま2階の棚の一番上に押しやったきり、
一度もこちらでは箱から出してもいません。


    


この前送られてきた通販のカタログに掲載されていた
思わず物欲を刺激されまくった商品が

この長靴!

ワンコ柄の長靴

ワンコ柄で、超カワイイ~!

ちょっとお高いけど(私にしては)、
でもここらでは2番目に良くはく靴だし、
気に入った靴を履いていると気分も良いし....

なんてあれこれ購入するのに理由をつけて
買っちゃいました♪


黒地に赤のドッグプリント柄のと2種類あって
迷いに迷ってこの色を買いました~




テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

うぅ~さぶぃ~ 

カテゴリ:Iターン生活

灯油ストーブ
今日は朝から雨模様

おまけに日中の最高気温が14度と、
フリースを着ているだけじゃぁ寒くていられず、
とうとう蔵から灯油ストーブを出して点けました~。

灯油ファンヒーターも稼動させ、
やっと人心地ついた感じです。

それにしても、まだ9月だというのに
もう灯油ストーブのお世話になるなんて
この灯油価格の高いご時世、
先が思いやられまする。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

嬉しいお土産~♪ 

カテゴリ:Iターン生活

Smile Brightlyのブログでお馴染みの羊毛作家のmiccoさんが
昨日から泊まりに来てくださっていまして~
いろいろお土産を頂いちゃいました♪


お土産いろいろ

miccoさんのブログ記事で紹介されていたじゃがポックルをはじめ、
紫芋のスナック、
コラーゲンたxtぷりの亀ゼリー
パグが主人公のマンガ「よりぬき小春びより」です♪

特にじゃがポックルは通販のお店で売り切れ続出で
なかなか手に入れられない人気のスナック菓子だそうで、
一袋一袋味わって食べなくてはいけませんね~。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

クスサンの繭 

カテゴリ:大鹿村の動動・植物・昆虫



クスサンの繭

クスサンの幼虫が発生していた栗の木の下には
クスサンの繭の抜け殻があちことに落ちていました。

こんなスケスケ状態の繭だと
中のサナギの様子が良く見えて
観察するにはきっと面白いかもしれませんね。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

繭かき-大鹿村 養蚕農家訪問記 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

大鹿村最後の養蚕農家 紙谷さんから
「今日秋蚕の繭かきをやるよ~」とお電話をいただき、
カメラ片手に喜び勇んで出かけてきました。

春蚕、夏蚕共に、繭かきの作業だけはまだ見せてもらっていなかったので、
どのような感じで繭をまぶしから取り出すのか興味津々でした。



繭かき1

紙製のまぶし1列ごとに紙谷さんお手製の繭を押し出す道具で
上から繭を下へ押し出してゆきます。


繭かき2

横から見た繭かきの作業です。


繭かき3

押し出した繭はまぶしを折りたたんでから
手で掻きだしてかごの中へ落としてゆきます。


紙谷さんちではすべて手作業で繭かき作業を行っているとのこと。

明日、取り出した繭の毛羽を毛羽とり機にかけて毛羽を取り除き、
29日に農協へ出荷されるそうです。




(ちょっとショックな話・・・)
今回の秋蚕は今まで経験したことが無いほど
繭の数が少なかったとのこと.....

もしかしたら春蚕の収穫量の1/3くらいしか無いかもしれない、と
紙谷さんは浮かない顔をなさっていらっしゃいました。

1/3の収穫量だと種代(お蚕さんの卵の代金)もでない、
労力がまるで無駄だよ~、なんて、おっしゃっておられて
かなり気落ちされていらっしゃいました。

蚕の品種のせいなのか、
飼い方によるものなのか、
理由はさっぱり解らないとのこと。

繭の出荷先の農協から今朝電話が入り
下の街で養蚕をやっている皆さんも
今回の秋蚕は成績が悪かったと言ってたとのこと。

紙谷さんところだけに限ったことではないのでしたら
きっと天候・気候のせいですよ~などど
慰めにも何もならないような言葉を探して励ますのが精一杯でした。

ポツリと、もうこれで最後かなぁ....とおっしゃられて
何も力になれない自分がほんと悔しいと思いました。



さくらちゃん

帰り際、蚕室の板戸上からさくらちゃんが
「ニャー~」っと名残惜しげに声をかけてくれたと思ったのは
私の気のせいでしょうか。


大鹿村の養蚕の灯が消えようとしています・・・・・




テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

高原の茶屋ぼけ「りんごパイ」・駒ヶ根高原 

カテゴリ:観光

昨日駒ヶ根高原を訪ねたときに、
まんまみーあさんのブログ記事でその存在を知り、
ネットで調べたら口コミで大評判の
「高原の茶屋ぼけ」の
手づくり りんごパイをGetしました~


  



高原の茶屋

駒ケ池のすぐ近くにお店があります。

建物の中は、お土産コーナーと喫茶コーナーがあって、
喫茶店の名前が「高原の茶屋ぼけ」という名前でした。



高原の茶屋店舗

お店の中はこんな感じで、
お土産品もいろいろ売ってましたが、
やはりお目当ては「りんごパイ」です。

奥のショーケースに「りんごパイ」が並んでいました♪

隣の喫茶コーナーで「りんごパイ」と飲み物を頂くことができるそうです。


りんごパイ

こちらが噂の「ぼけのおやじ手づくり・りんごパイ」です♪

賞味期限が3日間と言われたので、6個買ってきました。

早速食べましたところ、評判通り中のリンゴが甘すぎずあっさり系で
バターの香り豊かなパイ生地とのマッチングが絶妙でした。

1個120円で、お値段も庶民の味方!ですね♪

このりんごパイのほか、「あん」 「えんどう」と全部で3種類のパイがあります。


きになっていた「ぼけ」の名前のことですが、
お店の奥様にうかがってみたところ、
花木の「ぼけ」からとった名前だとおっしゃってました。


(高原の茶屋ぼけ)
Tel:(0265) 82-2529
お休みは不定休とのこと。


テーマ : 信州 ジャンル : 地域情報

駒ヶ根高原・駒ケ池&大沼湖 

カテゴリ:観光

今日は前々から一度訪ねてみたいと思っていた駒ヶ根高原へ行ってきました。

 
うちからはR152を通って分杭峠→中沢峠→駒ヶ根市街へ下りるルートで
約1時間ほどで駒ヶ根高原に到着しました。


駒ケ池2


こちらが駒ケ池で、後ろには有名な千畳敷カールが見えています。


駒ケ池1

こじんまりとした池で、
メル&ミミを連れて歩いて1周しても15分ほどで回れました。


大沼湖2

こちらは駒ヶ池から車で5分ほどのところにある
大沼湖です。

大沼湖からも千畳敷カールを見ることができます。


大沼湖1

大沼湖の方が湖と名がつくだけあって駒ケ池より若干大きいです。

湖の周りを散策しようかと思ったのですが、
湖の横にあるテニスコートからテニスを楽しむ人たちの嬌声が聞こえてくると
メルはその声にビビッてしまい、散策どころじゃなくなってしまいました。


紅葉のシーズン
あるいは
新緑+残雪の頃にまたもう一度足を運んでみたいなぁ~って思いながら
帰路につきました。



テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

かわらしまの栗 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

今年もうちの栗の木の実が熟して落下し始めました♪

6月頃クスサンの幼虫がさくさん発生したので、
もしかしたら例年より実の収穫量が少ないかもしれません。


2008年の栗

まだまだ十数個程度と、
栗ご飯を作るにも少なすぎる量ですが、
これから暫くは栗拾いが日課となります。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

ハクビシンによる食害 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

朝、厨房の窓から
順調に育っていたはずの下の畑の
黒モチとうもろこしが倒されているのが見えました。


食害


ヒエェ~!

一番大きく成長していた黒モチとうもろこしが倒されています!


食害2

地面には食い荒らされた後の黒モチトウモロコシが・・・・・



  


犯人は、
「ハクビシン」なんです~!

下の畑は夜間人気が全く無いですし、
畑の周りに張っている鹿避けネットは目が粗いので、
ハクビシンなら通り抜けてしまうのです。

すぐ隣の畝に植えている丸いズッキーニは今まで一つも被害にあっていません。
ハクビシンにとってズッキーニは好みじゃないのでしょうね~。

来年は下の畑にはズッキーニ、こんにゃく芋等、
ハクビシンが狙わない作物を選んで植えつけなくてはいけませんね。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

ヤママユガがたくさん! 

カテゴリ:大鹿村の動動・植物・昆虫


ヤママユガの群れ

今朝、外灯の回りを見てみたら、
ヤママユガが5匹もラベンダーに止まっていました~

前にクスサンの成虫と思って写真を掲載しましたが、
あの蛾もクスサンではなくヤママユガとのこと。

クスサンは後翅にしか目玉模様が無いらしく、
前回の蛾も今回5匹写っている蛾も
前後左右の翅に目玉模様があるので、
ヤママユガだそうです。


ヤママユガは天蚕と呼ばれていて、
ヤママユガの繭から取れる糸を天蚕糸と呼び.
光沢が大変美しく、繊維のダイヤモンドとして珍重されているそうです。


こんなに集まってくるってことは、
うちの周辺のクヌギやコナラ等の
ヤママユガのお蚕さんが食べる葉っぱの木々に卵を産み付けているかもです!

こりゃぁ、ちょっとマジで探してみる価値あるかもですね~。



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

いい水加減だワン! 

カテゴリ:メル&ミミ


川につかるメル


最近、メルは川へ降りて行くと
川のコンクリートのブロックとブロックの隙間に伏せて
水につかるんです~。

この位置だとフリスビーはブロックの隙間と
メルの体の間にあるので下流に流れていくことが無いのです。




こちらでは動画で様子が見れます。

だんだん学習してフリスビーが流れていかない位置を
自分なりに発見したようですね~。

そういうことはすぐ学習するのに、
なぜゴミ箱あさりは怒っても辞めないんでしょうねぇ......




テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

完熟プルーン 

カテゴリ:Iターン生活


完熟プルーン

この木に生っている実はプルーンなんです。

ちょっと収穫時期が遅くて、
もったいないかな、かなり実が落ちてしまってました。

落下寸前、ということは樹で完熟しているということなので、
このプルーンたちはめちゃくちゃ甘いのです。

今までは山梨でプルーンを収穫させていただいておりましたが、
今年は松川町のフルーツガーデンモリヤさんちで収穫させていただきました。

この完熟プルーンで作ったジャムはいつになく酸味の少ない
濃厚な味のジャムに仕上がりました♪



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

頂きもの-ブルーベリーの苗 

カテゴリ:Iターン生活

先日来られたお客様より、
ブルーベリーの苗をたくさん頂きました♪

このブルーベリーの苗たちは、
お客様自身が丹精込めて育苗されたものなのです。

また我が家の環境に合わせて
寒冷地用の品種をいろいろと持ってきて下さり、
大変嬉しい限りです♪


ブルーベリーの苗


(ノーザンハイブッシュ系)
 ・ブルークロップ
 ・エリザベス
 ・スパータン

(サウザンハイブッシュ系)
 ・ミスティ(ピンク色の花が咲く品種)
 ・フローダブル
 ・ガルフコースト

(ハイブリット系)
 ・ノースランド(Half-High)

以上、7つの品種のブルーベリーの苗たちです。

まだすぐには定植せず、
鉢植えのまま苗を大きく育てるとのこと。

来年花が咲いたら花を摘んで実を生らせないようにするそうです。

たくさん良い実を採取するためには、
育苗をしっかししなくてはならないそうです。

さぁて!枯らさないように大切に育てなくちゃねっ♪


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

藍の生葉染め 

カテゴリ:ハンドメイド(草木染,手織,手紡/雑貨)


今日はお天気も良く、
お宿の方も休業日なので、
思い切って藍の生葉染めをやってみました。

今日を逃すと当分は「染め」をやっている時間はなく
また、藍の方もそろそろ花穂が出てしまいそうだったのです。


藍

下の畑に植えた藍です。

手入れを怠っていたので、
種を蒔いた量からすると育った藍の本数は少ないのです。


収穫した藍

被染物に対して、約3倍の藍の生葉が必要となります。

今回の被染物は
・絹紡糸2/60番手 50gと43gの二綛
・キャッシュウール 70gの一綛

合計で163gの重さになりますので、
3倍となると約480gほどの藍の生葉が要ります。

しかしながら、収穫したのはたった170gほど。

全然量が足りないのですが、
とりあえずこの分量で染めてみることにしました。


生葉染

水と藍の生葉を入れてミキサーでジュース状にします。


染液

さらしでジュース状にした染液を濾します。

色合いといい匂いといい、まるで青汁ですね~。


染め上がった糸

これが染め上がった糸です。

近寄って見るとムラがけっこうありまして、
均一に染めるというのはなかなか難しいですねぇ....


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

ろくべん講習会 

カテゴリ:Iターン生活

昨日参加した大鹿村観光協会主催の
「ろくべん」講習会の詳細をお伝えします。

いままでも2回ほど「ろくべん」については
ブログで取り上げたのですが、
今一度「ろくべん」について簡単に説明いたしますね~。



ろくべん講習会4

「ろくべん」とはお弁当のことで、
1人分のお弁当の「どくべん」が訛って
「ろくべん」と呼ばれるようになったそうです。

だいたい幅10cm×20cmくらいの木製のお弁当箱が
標準で6段重ねて↑上記写真の木製の手提げ箱に
収納できるようになっております。
今ではこの木製の収納箱+中の木製のお弁当箱6段の組み合わせを
「ろくべん」と呼ぶようになっています。



ろくべん講習会1

さて、講習会では村の郷土料理に精通していらっしゃるお二方、
「鹿路庵(ろくじあん」の牧島さんと今井さんのお話を伺いながら
「ろくべん」に詰めるお料理を手分けして作りました。



ろくべん講習会2

私の分担は、この季節ならではの栗ご飯の係りです。

栗の皮を剥き、炊飯器の中の洗ってあるお米に入れて
調味料を入れ、スイッチOn!

その次は出来上がってきたおかずを「ろくべん」に流れ作業で
詰めてゆきます。



ろくべん講習会3

これが今回の秋のお月見観賞用の「ろくべん」です。


(おしながき)
・栗ご飯 舞茸ご飯
・岩魚の甘露煮
・秋野菜とキノコの煮物(里芋、サクラシメジ)
・南瓜白玉
・いか、きゅうりの酢の物
・ミョウガの酢の物
・シマ瓜のてっぽう漬、ナスの漬物
・うさぎリンゴ
・高級珍味




蜂の子

さてさて、このほおずきの中に入っている食べ物が何か解りますか?

おしながきの最後のメニューである「高級珍味」なのですよ~。


  



答えは・・・・


「蜂の子」でした~

高級珍味あり、旬の天然キノコあり、骨ごと食べれる岩魚の甘露煮等々、
大鹿村で採れる山の幸、川の幸てんこ盛りの豪華月見弁当、いかがでしょうか。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

サクラシメジ 

カテゴリ:Iターン生活

今日は大鹿村観光協会で「ろくべん」の講習会と
お月見会があったので、参加してきました。


サクラシメジ

詳しいレポートは明日以降、順次記事にしたいと思います。

写真の鍋いっぱいのキノコは今が旬の「サクラシメジ」というキノコで
大鹿村の旅館「右馬允(うまのじょう)」さんのオーナーさん自らが
大鹿村で採取されたキノコです。

このキノコも「ろくべん」に詰める食材の一つです。



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

山椒の実 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

今年の6月に実を採取した青山椒の実
取りこぼした実が赤く色づいていました。

山椒の実


一見すると赤くて美味しそうに見えるので
昨年この赤い実をためしに一つ口へ入れてみたんですが
ピリピリとものすごい刺激で、
暫くの間口の中がしびれてしまいました~。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

夏目友人帳 

カテゴリ:お気に入り

いま私が夢中になって読んでいるマンガが
これっ!


夏目友人帳

「夏目友人帳」です。

他の人には見えない「妖・あやかし」が見える少年が主人公で、
「妖」たちと人とが織りなす切ないエピソードに
涙腺がついゆるんでしまうのです。

7月からアニメ化されているようですが、
残念ながら私が住む長野では放映されておりません~。

DVDをレンタルして見るしかないですね、こりゃ。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

カフェ「五反田」・飯田市川路 

カテゴリ:南信州食べ歩き


昨日、天竜峡から戻ってくる途中、
川路にすてきなカフェへがありました。

道路から見える範囲には看板が出ていないので、
本当に飲食店なのかな~?と思い一度は通り過ぎたものの、
どうしても気になったのでUターンして戻り、入ってみました。


カフェ五反田2

ちょっとアジアのリゾートを彷彿とさせる外観に、
昔訪ねたバリのリゾートを思い出してしまいました。


カフェ五反田6

中の梁は古材を使用していらっしゃいます。

古民家フェチの私としては、この古い梁を見ただけでときめくのです。

オーナーさんにちょっとお聞きしたところ、
この梁はこのあたりにあった旧家から出た古材を利用したんですって。
ますますもって、こだわりを感じられGoodです。

ちなみに、お店の名前の「五反田」はオーナーさんのご主人の実家の屋号で、
その屋号をお店の名前に使わせてもらったそうです。



カフェ五反田7

今回はテラス席でお食事を楽しむことに。

う~ん、ほんとにバリのリゾートにきた気分になってきました~


カフェ五反田3

オーダーしたのは「本日のランチプレート」です。


(本日のランチプレート)
・スープ
・ランチプレート
・デザート
・飲み物

Price 1150円



最初に豆乳とお野菜の冷たいスープが出てきました。
あっさりめの味付けで体に優しい感じがします。



カフェ五反田4

キッシュ、パン、ひき肉詰めのパイ、サラダ等が
いろどりも賑やかに盛り付けられた「本日のランチプレート」です。

どれから食べようかなぁ~って迷い箸しちゃうくらい、
いろいろ乗っかってました♪


カフェ五反田1

デザートとして、フルーツソースのかかったヨーグルト、
そして写真は撮りませんでしたが、コーヒー・紅茶などのドリンクが付きます。


カフェ五反田5

一番嬉しかったのが、
メル&ミミをテラスへどうぞ~って
オーナーさんが快くおっしゃってくださったことです♪

メル&ミミと一緒にカフェでお食事を食べるのは3年ぶりくらいだったので、
お利口さんにしてくれるかどうか心配だったのですが、
まぁ概ねお利口さんにしてくれました~。

食後のドリンクタイムの時に、
メルがやたら私の膝の上に乗ろうとしたのにはちょっと困りましたが....

他のお客さんにカワイイ~!って言ってもらえて、
かなり嬉しくて舞い上がった親ばか飼い主なのでした。



(五反田)
〒399-2431
飯田市川路7534-1
0265-27-4005
Open am:10:00~
場所はこちら

※テラス席ならワンちゃんと一緒に食事を楽しむことができます


テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

天竜峡-南信州・飯田市 

カテゴリ:観光

今日は3月ぶりに天竜峡近くの病院へ
検査&診察を受けに行って来ました。
検査結果は良好とのことで、
気分も晴れやか~
お天気も上々~
なので、ちょっと足を伸ばして
天竜峡へ行ってみました♪

りんご足湯1

病院から車で10分ほどで天竜峡へ到着です。

最初に目に留まったのが、
この「りんご足湯」の施設です。

りんご足湯2

なんで「りんご足湯」なのかと思って覗いてみたら、
湯船にリンゴが3つばかりプカプカ浮いておりました~。

  

ちなみに、この「りんご足湯」を利用する場合は
施設使用料金として100円お支払いすることになっています。

天竜峡の船着場の景色を眺めながら、
ゆっくり足湯につかることができそうで、
心惹かれるものがあったのですが
メル&ミミ連れだったので、
足湯は眺めるだけで今回は利用しませんでした。


天竜峡ライン下り

こちらが天竜峡ライン下りの受付ですね~。

9月のド平日にもかかわらず、
観光客の姿がチラホラ見られました。

ちなみにライン下りの所要時間は約40分ほどだそうです。


天竜峡ライン下り2

乗船券販売所の駐車場より、
ライン下りの船着場が見えました。


天竜峡

JR飯田線の天竜峡駅方面へ向かって歩いてゆく途中、
橋の上から峡谷美の広がる景色が見られました♪

奇岩、巨岩が迫るこれぞ天竜峡!って景観ですね~。


飯田線天竜峡駅

暑い日差しが照りつける中、
メル&ミミもずっと一緒に付き合って歩いてもらいました~。

最後に天竜峡へ来た記念にJR飯田線の天竜峡駅前で記念撮影です。



テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

萩の花かな? 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

うちの敷地内で芝桜を植えている一角があるのですが、
この時期ともなるとイネ科の雑草が一斉に穂を出して種を飛ばし始めるので、
日々雑草抜きに追われております。

そんな中、ふと萩の花らしき花を咲かせている植物が
雑草にまみれてちんまりと生えておりました。


萩の花?

秋の七草の一つでもある萩の花かもしれないので、
引っこ抜かずにそのまま置いておきました。





テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

リコリス・チェリーピンク 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

リコリス、第三弾!
チェリーピンクが開花しました~♪


  

 
チェリーピンク1

見た目はさほどピンクって色ではないですねぇ。


チェリーピンク2

近づいて見てみると、うっすらとピンクがかっていました。

真夏のクリスマスと比較すると、
やはりピンク色っぽい感じですね~。


今回咲いてくれたリコリスたちは
花の姿、形、色、どれも綺麗なので、
もっと株数を増やしたくなっちゃいました。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

苧麻(ちょま)の皮剥き、苧引き(おびき) 

カテゴリ:ハンドメイド(草木染,手織,手紡/雑貨)

刈り取った苧麻を早速高本先生に
糸を引くまで実際にやっていただきました。


苧麻皮むき

まずは苧麻の茎を金槌で軽くたたきます。

この力加減が大変難しいらしく、
強くたたくと苧麻の皮の繊維がボロボロになるし、
弱すぎると次に皮を剥がすときにうまく剥がれないとのこと。



苧麻皮むき2

金槌でたたいたところから苧麻の皮を剥ぎます。

熟練していない人がこの作業を行うと、
もうこの段階で綺麗に皮が剥がれないそうです。


苧麻の皮

これが苧麻の剥ぎ取った皮です。


苧引き

上記の状態の苧麻の皮を高本先生お手製の竹ヘラで
外皮をはぐ「苧引き」という作業を行います。

見ていると簡単そうに見えてすぐにでも出来そうに思うのですが、
実際にやってみたところ、力を入れすぎて外皮だけでなく糸になる繊維の方まで切れたり
どうしても外皮だけが竹ヘラでうまく切れず、外皮が剥けなかったりと、
なかなかどうして大変難しい作業なのでした。

きれいに苧引きが出来ると透き通ったようなうすい緑色の繊維だけが残ります。

この繊維を撚って繋ぎ合わせて1本の糸にする作業を
「芋績・おうみ」といといいます。

今回は「芋績」までは行っておりませんが、
また高本先生に「芋績」まで教えていただかなくてはと思っております。



宿題として3番目の写真の苧麻一束と竹ヘラをお持ち帰りしました。、
後日、自宅で苧引きにチャレンジしてみますね!


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

苧麻の刈り取り 

カテゴリ:ハンドメイド(草木染,手織,手紡/雑貨)

今朝、「ろくべん館」の手織りサークル・手織り工房の
手織りの先生である高本さんのお宅へ伺い、
高本さん自身が育てていらっしゃる苧麻を刈り取らせていただきました。


  


苧麻畑

高本さんちの母家の裏側斜面一面に苧麻が育っておりました。

そんなに大きく見えなかったのですが、
近づいてみると背丈は2M近くあります。


苧麻アップ

葉っぱは青ジソを一回り小さくしたような感じで、
もっと大きい葉っぱを想像していたので、可愛らしくさえ感じられます。

丁度花の時期だったので、
クリーム色の小さい花がたくさん着いています。

刈り取るたびにこの花がパラパラと雨のように落ちてきました~。


苧麻刈り取り

中央に立っていらっしゃるのが先生の高本さんです。
年季の入った手つきで苧麻をスパスパっと刈り取られてゆきます。

左側の後姿だけの方は、「ろくべん館」の館長さんです。

30分ほどの作業で、二抱えの苧麻を刈り取らせていただきました。




この後、苧麻の皮剥く「皮剥き」と皮から糸を取る「苧引き・(おびき)」という手作業を行いました。
その記事は明日UPしますね~。

夏イチゴ(サマープリンセス)のショートケーキ 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)

夏イチゴ・サマープリンセスを
ケイ・ワークスの小林さんより頂戴ました。


2日遅れですが、9月4日がメルパパの誕生日だったので
今日このサマープリンセスのイチゴのショートケーキを作りました♪


  


ショートケーキ1

たぁくさんの美味しそうな夏イチゴちゃんたち

ショートケーキに使ったのはほんの少しだけ....

残りはとりあえずジャムにする予定です。



ショートケーキ2

飾りつけはシンプルに。

というか、200ccの生クリームでは
スポンジの表面にクリームを塗るだけで
終わっちゃったてのが真相なんですが。

まっでも夏イチゴの可憐さが引き立ってるかしらん....


ショートケーキ3

ほどよい酸味の夏イチゴと生クリーム、
そしてフワフワのスポンジがとてもおいしゅうございました。


テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

大雨が降ると 

カテゴリ:民宿かわらしま


池


我が家の庭にある池なんですが、
大雨が降ると沢から水を引いている黒パイプが詰まって
池に供給している水が止まってしまい
1時間もすると池の水がほとんど無くなってしまうんです~


これはすぐ横の地中に埋めた浄化槽工事の影響で
池の底にヒビがはいって水が漏れていると思われます。

今池にはイワナが3匹住んでいて、
今このイワナを川へ逃がすと今現在釣り解禁中なので釣られてしまうかもしれません。

禁漁は10月1日からなので、それ以降川へ逃がしてやって
それからコンクリを塗りなおそうかと考えております。

この池は蔵から出てきた大正時代の家の図面にも乗っているので
我々の代で池を潰してしまうわけにはいけませんので、
なんとか水漏れを修理して次へ引き継ぎたいと思っています。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

リコリス・スプレンゲリー 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

リコリス、第二弾が咲きました~♪


  


スプレンゲリー

花びらの先がちょっとブルーがかった
「スプレンゲリー」という品種です♪

このスプレンゲリーのすぐ横に
チェリーピンクの花穂が出ていましたので、
間もなくチェリーピンクも咲くと思います。






テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

滝沢トンネル貫通! 

カテゴリ:大鹿村について

昨晩、防災無線で放送された広報で
松川インター線でいま工事中の滝沢トンネルが貫通したと言ってました。

これから約1年ほどかけて、付帯工事を行って
来年8月開通の運びとなるそうです。


  


今日、下の街へ降りる時に滝沢橋を通ってみたら、
突き当たりの岩盤に確かにトンネルの穴が開いていました~!


滝沢トンネル1

わぁ~!
ほんとうにトンネルが貫通してます~!


滝沢トンネル2

もう少し近づいて写真を撮らせてもらいました。


滝沢橋から先の道が今では一番狭小で
しかも九十九折のカーブが続く難所なので、
ここを一気にトンネルでまっすぐ走行できれば
時間短縮はもちろんのこと、かなり心理的にも楽になるかと思います。


滝沢橋より

今日トンネルの写真を撮らせてもらうため、
初めて滝沢橋を歩いて渡ったのですが、
橋の上から眺める景色は驚くほど綺麗な景色で、
この景色に気づくことなくいつも車で通過していたのかぁ、と思うと
なんだか今まで損をしていたような気持ちになりました~。

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

大鹿さくら組・新作手拭展「手拭に伊那をこめる」 

カテゴリ:大鹿村について

飯田市上郷黒田の「アートハウス」で開催中の
我が村の創作手拭作家 東村さんの新作手拭展示会を見てきました。


  


手拭展2


こちらが新作ガーゼロングマフラー「ぶなの語り部」です。

肌触りの優しい綿ガーゼに「ぶな」のモチーフが散りばめられた
素敵なデザインのマフラーです。

ほどほどにボリュムー感もあって
首にふんわり巻きつけるだけでちょっとお洒落っぽく見えて良かったですよ~。

手拭展1


こちらは東村さん本人も始めて実物をご覧になったという、
手拭の染めの型だそうです。


手拭展3

こちらは今までの創作手拭です。

大鹿村歌舞伎、大鹿の自然、伊那の自然を盛り込んだ
表情豊かな手拭の数々です。


アートハウス店内


こちらは今回展示会が開催された
「アートハウス」さんの喫茶コーナです。

大きな窓からの景色もなかなか素敵です~。


アートハウス外観

こちらはアートハウスさんの外観です。

木立に囲まれて、とても趣がありました。

(アートハウス)
〒395-0004
長野県飯田市上郷黒田1877
0265-24-5811
HPはこちら

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

川底のフリスビー(動画です) 

カテゴリ:メル&ミミ

今日もメルはドッグランでひとしきりフリスビーを楽しんだ後、
のどを潤すためにドッグラン下の川へ行きます。

もちろん大好きなフリスビーは片時も離さず、口に咥えたままです。

でもお水を飲むときはフリスビーを離さなくてはなりません。

口からフリスビーを離すとフリスビーは川底へ~。

川底へ沈んだフリスビーをメルは無事取り戻すことができるでしょうかぁ~!

注意:川の流れている音もそこそこの音量で再生されます!



テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット