FC2ブログ

2008年12月 の記事リスト

≪前月 |  2008年12月  | 翌月≫

但熊のたまごかけご飯 

カテゴリ:Iターン生活


福知山到着の翌日、
但東町にあるたまごかけご飯専門店の但熊へ行ってきました♪



但熊3

金曜日の平日でしかも雨が時折降るお天気なので、
そんなに混まないかぁ~と予想し、
お昼ご飯にたまごかけご飯を食べに行くこととしました。

12時を少し過ぎた頃但熊に到着です。

中のレジで先にオーダーをしてお金を払い、
番号の入ったレシートを受け取ってその番号が呼ばれるまで待ちます。

だいたい30分~40分待ちとのこと。
11月の連休の時はなんと5時間待ちにもなったそうですから
これくらいの待ち時間なら十分許容範囲です。


但熊のげんちゃん

待ち時間の間、隣の「百笑館」を覗いてみたら
オーナーのげんちゃんさんがいらっしゃいました。

番号を呼ばれるまでの間、
げんちゃんさんから今後の事業展開やこの近辺の農業事情など、
いろいろ興味深いお話を聞かせていただくことができました。


げんちゃんさんの横に映っているリンゴは、
つい先日松川のフルーツガーデンモリヤさんでもいでこられた林檎です。


但熊1

げんちゃんさんとのお話に夢中になっていたら
いつしか番号が呼ばれてました。

あわてて但熊へ入戻ります。

いよいよたまごかけご飯大盛とのご対面です!
(お豆腐はオプションで注文した限定30丁の汲みだし豆腐です。)


 price 
たまごかけご飯 普通盛り 350円
たまごかけご飯 大盛り  450円




但熊2

テーブルには4種類のたまごかけご飯専用のお醤油と
「くりたま」が山盛り置かれています。

この「くりたま」は食べ放題です。

ご飯はコシヒカリを超える味とのことの「夢ごこち」というお米で、
もちろんこの但東町で採れた今年の新米です。


炊きたて熱々艶々のご飯にたまごを掛けて一口、

「超まいうぅ~」


さすがに大盛はきつかったぁ~
腹12分目まで食べてしまって、苦しいの何の!

でも、ほんとうに美味しくて大満足でした~。


また来年も是非訪ねたいですね。



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ