FC2ブログ

2010年01月 の記事リスト

≪前月 |  2010年01月  | 翌月≫

元旦朝食のお節 

カテゴリ:民宿かわらしま



今年もうちのお宿の元旦 朝のお食事は

大鹿村が誇る伝統の木製のお弁当箱

「ろくべん」に詰めたお節料理と

お年取り風のお雑煮でした~


     



ろくべん外観



こちらが今年使った「ろくべん」です。

今回の「ろくべん」も大鹿村観光協会から貸していただいた

レンタル「ろくべん」です。

去年のろくべんよりさらに一段と豪華な作りになっておりまして、

木曽桧使用で塗りも本格的な漆塗りの製品とのこと。

昨年のろくべんより価格はなんと2倍もする逸品なんですって!!

木の木目が生きていてそれはそれはとても素敵な器でございましたよ。


※「ろくべん」については過去にこのブログで度々取り上げてますので、
もし詳細を知りたい方はこちらを参照下さいね~。


ろくべん


ろくべんの蓋を外すと、

中には6段重ねのお弁当箱が入っております。

はぁ~素敵な器にほれぼれしますね。

このろくべんにうちの屋号「河原嶋」の名が入ったら

さぞかし素敵でしょうねぇ...って去年も同じこと思いました。

物欲が刺激されまくってますけど、さすがにお値段がお値段なので

「えぇ~い!買っちゃえ~」とあっさりとはいかないのです...

メルパパにも思いっきり叱られそうですしね。




ろくべんに詰めたお節料理


さてさてこの素敵な「ろくべん」に負けないよう

おせち料理を彩りよく詰め合わせてみました。


お1人様につきお弁当箱3段使って、

1の重、2の重、3の重となっております。

栗きんとんの栗はうちで秋収穫した栗を甘露煮にして

取っといたものを使用してます。

先日作った柚子ピールも箸休めとしてちょこっと1の重に入れてみました。


いやはや、かなり器に助けられている部分がありますね...






市田柿


昨年のお正月には出さなかったものがこの市田柿でしょうか~。

南信州のお正月には長寿を祈願して干し柿を食べる慣わしがあるそうで、

それを「歯固め」と呼ぶそうなんです。

昨年晩秋にせっせと100個ほど市田柿の皮を剥いて干し柿にしましたが、

お正月に合わせたかのようにほどよく白い化粧粉を纏った綺麗な市田柿が完成しましたので、

「歯固め」の慣わしを説明しながら食卓に提供いたしました~♪



テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報