手打ち蕎麦で年越し 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)


今日は2010年最後の日、大晦日ですので

年越しにはお蕎麦ですよね~♪


ということで、

通っている調理師学校にて開催された

大変ありがたい講習会に参加して参りました!!



    



相模原調理師学校


こちらが夜学で調理師目指し通っております

相模原調理師学校です♪

今は調理師学校は冬休み期間なのですが、

12月31日は毎年午前10時から

なんと講習費¥500(材料代込み)で

手打ち蕎麦の講習会が開催されるのです!

(ありがたや~ありがたや~!!)




手打ち蕎麦講習その1


朝10時から参加したかったのですが、

朝お仕事が入っておりましたので

11時半頃調理師学校に到着しました。

同期生や先輩の方など馴染みの人たちは手打ちそばを打ち終え

帰り支度をしているところ…

続々と皆さん帰って行かれて、

私が蕎麦粉をこねまわす時には3人ほどしか講習生は残っておりません。

しかし、

生徒が少ない=マンツーマンで教えてもらえる

という状態~!

手打ち蕎麦を作るのは学校の実習で1回やりましたが、

一人で全工程を行うのは初めてですので

マンツーマンで教えてもらえたのは大変ラッキーでした。




手打ち蕎麦講習その2


こちらの講師の方ですが、

蕎麦打ち数十年と年季の入った感じに見えたのですが

うちの学校の卒業生の方だそうで、

趣味程度で蕎麦を打っているだけとおっしゃってました…


趣味でこれだけできるなんて、すご過ぎですよねぇまったく。




手打ち蕎麦


さてさてマンツーマンで教えていただいて出来あがった蕎麦が

こちらでございます。

じっと写真を見つめると、不揃いなのがバレバレですね
(じっと見なくても解るかも)

取りあえず茹でても切れて短くなることなく、

ちゃんと普通の蕎麦の長さで戴くことができました♪




年越し蕎麦を自分で打った蕎麦で戴くことができ

いい1日で終われそうです~

終わりよければすべて良し!!



皆さん、良いお年をお迎え下さいね~♪





テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

築地市場探訪 

カテゴリ:相模原生活


25日土曜日、世の中はクリスマスムードが

最高潮に盛り上がっている日ですが

その日は始発電車に乗り込み

日本最大の卸市場である築地市場へ出かけてきました♪





    





築地青果市場


築地市場へ到着したのは朝6時半頃、

新鮮な食材を買い求めるプロ・アマの買い出し人で

すでに市場内はごったがえしておりました。



築地鮮魚市場


ボサァ~と歩いているとターレットという市場専用の運搬車に

轢かれそうになるので要注意です!!





まぐろ


何?なんの種類のマグロかな?

種類が解ったとしてもとうていご縁のないマグロさんなので

追求はせずに写真だけ撮ってスルーです。




まぐろ解体


マグロ解体ショーに群がる人たち。

手に皆さん紙を持っていて

マグロのどの部分をどれだけ購入するか書き込んでいる様子。

マグロを見つめる目も皆さんとても真剣です!




魚河岸通り


市場見学が終わったら

朝食タイムです!

築地市場の一角にある魚河岸通りには

美味しい魚をリーズナブルに食べさせてくれる食堂が並んでおり

人気の店にはズラ~と行列が出来ております。

そんな行列のできる店の一つ、

天丼が有名なお店に入りました。




天丼


その日、築地市場でネタを仕入れてくるので

天丼のネタは毎日日替わりだとのこと。

今日の天丼はコチラです!




波除神社


お腹の虫も収まったところで、

市場近辺の観光?スポットも訪ねてみました。

そのひとつが波除神社です。

私はまだ喪中なので、神社境内には入らず外から写真を撮るだけで我慢我慢!

次は築地本願寺を訪ねました。

お寺ならば入ってもいいだろうと、

本堂の中へ入りお参りしてきました。



鯖と金目


築地市場で本日仕入れた魚は、

1キロ近い重さの鯖と金目鯛、

鍋の材料の生ダラ半身と刺身用ホタテむき身です。




鯖寿司


鯖はしめ鯖にしてから鯖寿司にしてみました。


元々私はしめ鯖は苦手だったのですが、

調理師学校の実習で作った鯖寿司が臭みがまったくなく

それは美味しい鯖寿司だったので、

自分でももう一度作ってみたくなり

チャレンジしてみました。

鯖の鮮度がとびきり良いので、

試食してもらった家族からは大変好評を得ました!


築地市場での買い物~

ちょっとハマりそうですね♪






テーマ : 日記 ジャンル : 日記

大鹿村地大豆「中尾早生」で作った手作り豆腐 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)



今年の営業用に買い込んでいた

大鹿村の幻の地大豆「中尾早生」がたくさんあるので、

こんにゃくに引き続き、久しぶりに東京の家で豆腐を作ってみました。



豆の量は2キロ近くありますので、

今回は手持ちの豆腐枠に入りきるぎりぎりの量を作ってみました。


大豆は昨年収穫したものなので

いわゆる古豆の部類にはいります。

その為、吸水には1昼夜以上時間をかけました。



自家製豆腐on食べるラー油


ちゃんと木綿豆腐に仕上がってくれましたよ~♪

豆腐の上に乗っけてあるものは

少し前まで大ブームだった食べるラー油です。

この食べるラー油は調理師学校で仲良くなった方のお手製で、

ラー油の中には今年1月にかわらしまで割ったクルミが入っているというシロモノ!

冷凍庫にたくさんクルミのストックがあったので、

大のクルミ好き!とおっしゃっていたので差し上げたところ

お手製の食べるラー油になって戻ってきたのであります♪


自家製中尾早生の豆腐に

かわらしまのクルミ入り食べるラー油を乗っけて食べましたが、

いやはや最高に美味でございましたよ~!


まだまだ豆はたくさんありますので、

二十丁分くらいは作れるかなぁ。




テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

冬景色のかわらしま 

カテゴリ:民宿かわらしま



土曜日、日帰りで「かわらしま」へ行ってきました。

幸い天候に恵まれ、

また高速道もまったく渋滞がなく、

とても順調なドライブとなりました。


松川ICを降り、まずは松川町の直売所「愛菜果」へ立ち寄り、

知り合いの方に頼んでいた根菜類を受け取りに行きました。

丁度「愛菜果」では直売所祭りがおこなわれており、

トン汁や漬物が無料で振舞われ

新蕎麦粉を使った手打ち蕎麦を食べることができたり

直売所内の試食コーナーで果物の試食を食べたりして

昼ごはんを食べなくてもいいほどお腹が膨れてしまいました~


「愛菜果」店舗内には豆柿という珍しい果物が並んでおりまして、

姿形は柿なのですが、大きさが1~2cmくらいととても小さいのです。

小さいけどお味はしっかり柿のお味がして大変美味でございましたので、

1パック購入してしまいました。


豆柿
※豆柿と市田柿
市田柿と並べてみると大きさがだいたい推測されるかと思います。



さてさて、腹がくちくなったところで

大鹿へ向け出発です。

通いなれた大鹿→松川IC線をゆっくりと景色を楽しみながら走ります。





2010年冬のかわらしま

もう木々はすっかり葉を落とし、

冬支度が完了した様子。

小春日和でしたが、標高千メートルの地にあるかわらしまですから

ダウンコートなしでは日向でもいることはできません。

久々にメルもかわらしまドッグランでフリスビーを堪能しました。


11月の下旬に水道管や水栓金具の水抜き作業を行ったため、

建物内では水道を使うことができません。

今回の目的である必要な調理器具、雑貨、本類等を車に詰め込み、

滞在時間約1時間半ほどでかわらしまを後にしました。


次かわらしまを訪れるのは春彼岸の頃かなぁ...



テーマ : 日記 ジャンル : 日記

ミミちゃん 

カテゴリ:メル&ミミ


主人の急逝により、

Iターンした大鹿村から東京へ戻り

11月からヘルパー職として就業し

誠にめまぐるしい1年が過ぎ去ろうとしております。

私の人生の中でこの2010年というのは恐らく

人生最大の転機を経験した年ではないかと思います。


しかしながら、私以上に辛い転機を経験をさせてしまったのが

我が家の愛犬ミミちゃんです。


ミミちゃんは7月下旬頃、

20年以上の付き合いのある友人夫妻の家の子になりました。




なぜ、手放してしまったのか...

そして手放せてしまったのか...




ミミちゃん
(東京に戻った当時のミミちゃん)




手放した理由は、

精神的にもがっくり落ち込んで自分を見失い

一人で中型犬を2頭世話をするのが大変で苦しくて、

毎日ドッグランで走らせていた生活から一転したメルミミ達も

お散歩だけで我慢させられる日々が続き

ささいな事で本気の喧嘩に発展することも多々あり

私自身が鬱になりかけてしまいました。


年が11カ月しか離れていないメス同士、

同時に年老いていった時の老犬のケアのことも考えると

やはり一人で2頭の世話をするのは荷が重過ぎると思い

まだ年が若い(といっても5歳ですが)うちに

良い里親様に巡り合えればその方にミミを託した方が

ミミちゃんにとっても私にとってもお互いのためではないかとその当時は考えたのです。


そして6月、知り合いの方から里親募集を個人でやっていらっしゃる

素晴らしい方に巡り合いその方に依頼しまして、

2組ほど我が家でお見合いをするまで至ったのですが

残念ながらその二組の方とはご縁がありませんでした。


ミミを手放すという話を20年来の友人夫妻に打ち明けてみたとろ

「なぜうちに真っ先に言ってくれなかったのか、

ミミちゃんをうちの子として引き取りたいと思っていた、

悲しみを分かち合いたい」

とまで言ってくれまして

7月下旬、大鹿村にて友人夫妻にミミを託しました。


未だにミミちゃんとの別れの時の光景を思い出すと

涙が出てしまいます。


ごめんね、最後までうちで私が面倒を見てあげられなくて。

ミミちゃんは私に見捨てられたんだ...と心に深い傷を負ったと思います。



なんとか2頭を飼い続けることはできなかったのか・・・

もう少し自分が頑張ればなんとかなっあのではないか。

いまだにそのことを考えない日はありません。



2010年、

私にとってもメルとミミ2頭の愛犬たちにとっても

辛い苦しい思いを経験した年であります。


でもこの辛い2010年もあと残りわずか・・・




友人夫妻の子になったミミちゃん
(友人夫妻から送られてきたミミちゃんの写真)

友人夫妻からは定期的にミミちゃんの様子をメールで知らせてもらっています。

8月には山陰地方へ一緒に旅行へ連れて行ってもらったり、

週末は友人夫妻のセカンドハウス周辺の空き地で

フリスビーで遊ばせてもらったりと

我が家でそのまま暮らしていたならばさせてあげられなかった事を

いっぱいいっぱい経験させてもらって

大事に可愛がってもらっているというのがひしひしと伝わってきます。



犬連れの宿をやっていながら、

自分の愛犬を簡単に手放すなんて

本当に自分は身勝手で利己的な人間だとつくづく思います。




テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

自家製こんにゃく 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)


東京の家へ戻ってから初めて

台所でこんにゃくを作ってみた。




こんにゃく芋は先月下旬

かわらしま母屋の横の畑から掘り起こして

こちらへ持ち帰ったものだ。


半年以上こんにゃくは作っていなかったので

ちゃんと作れるかどうか、

そして固まってくれるかどうかが心配であったが

少し柔らかめの仕上がりになったが、

刺身こんにゃくとして食べるには

まずまずの硬さに仕上がってほっとした。



自家製こんにゃく2010年


ここんとこ俄かに

料理を作りたいという意欲が湧いてきた。

次は大量にある大鹿の地大豆「中尾早生」で

豆腐を作ってみたくて仕方がないのだ。


このように調理に対する意欲が湧いてきたのも

調理師学校で本格的に調理技術を学び始めたのと

調理師学校の同期生の方々や先輩達から

料理に対するいろんな刺激を受けた影響が大きい。


今週末、日帰りで「かわらしま」へ行き、

豆腐手作りキットを始め

いろんな調理道具を東京へ持って帰ってくる予定である。




テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

中川村の古民家 

カテゴリ:相模原生活


今日郵便受けにガス屋さんから送られた

来年用のカレンダーが入っていた。


早速開いてみたところ、

表紙を飾る写真をみた瞬間、胸が熱くなった。




中川村古民家カレンダー


そう、この景色は

大好きだった中川村の陣馬形へ上って行く途中

必ず立ち寄っていた古民家の景色だった。


いろんな思い出・出来事が瞬く間に胸を去来する・・・

そして今年4月の事も。


今までならこの時点で涙が止まらなくなっていたはずだが

今日は1滴もあふれることがなかった。

少しづつ心が強くなってきたのかな。


いつまでも過去の思い出にひたっている時間は無い...

明日は調理師学校で実技の試験が控えているのだ。

少しは家で実技練習しておかなくっちゃね。



テーマ : 日記 ジャンル : 日記

シクラメン 

カテゴリ:相模原生活



大鹿の家から東京の今住んでいる家には何往復もして

生活していく上での必要最低限の荷物を運び込んだのですが、

昨年のブログ記事で取り上げた高森町のシクラメンは

一番最初の荷物と共に東京へ運びました。

鉢も一回り大きいものに植え替え、

大事に育てたところたくさんの蕾を持ってくれて

今日最初の一輪が咲きました!



2010年シクラメン

栄養も豊富に与えたので、

ミニシクラメンではなく

普通サイズのシクラメンとなってしまいましたが、

大鹿の家を明るくしてくれたシクラメンが

この東京の家でも枯れずに元気に育ち

花を咲かせてくれた事がとても嬉しいのです。




クロッカスと蜂

こちらの花はもちろんシクラメンではありません。

東京の家の庭に咲いたクロッカスです。

大鹿ではクロッカスは寒さの底を過ぎたあたり

2月中旬頃に咲きだしましたが、

こちらではこんな時期に咲くんですね~

しかもミツバチ?がまだ飛んでいますし、

ほんと東京は暖かいと実感しております。


ちなみに大鹿の家に植えていたクロッカスやチューリップたちは

ことごとく鹿に球根ごとほじくられて食べられてしまいました・・・・


テーマ : 日記 ジャンル : 日記