ルンバお目見え♪ 

カテゴリ:Iターン生活


河原嶋にもやってまいりました~!!

無賃無休で働いてくれる

きれい好きのルンバさんです~♪



河原嶋のルンバ


河原嶋の床をせっせとお掃除してくれてますよ♪



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

河原嶋改造計画 

カテゴリ:河原嶋うどん


火曜日から外構工事が始まりました~!


改築



急だった階段を直していただくのと

階段横の斜面に花壇を作ってもらう予定です。


河原嶋改造計画、

着々と進行中~!




オープン前のお客さん 

カテゴリ:Iターン生活


朝、玄関の戸を開けてみれば

河原嶋うどんの噂をききつけたのか

オープン前なのに

小さいお客さんが

並んでいらっしゃいました~


オープン前のお客さん2




こちらは玄関横に置いた

アマリリスの鉢です。

花の中に鎮座ましますのは

お馴染みのアマガエルさんです。

餌である蛾が顔に止まっているのに

一向におかまいなしの様子。

やはりうどん屋オープンまで

お腹を空かせて待っていて下さってるのかも。


オープン前のお客さん1



アマガエルのお客様方、

うどん屋オープンまでもう少々お時間がかかります、

今少しお待ちいただけますでしょうか~。

テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

雨の夜の訪問者 

カテゴリ:相方Uさんの記事

  
  雨の夜の訪問者
 


 メルママと暮らしはじめるまえのことです。
 五月連休に友人とメルママの家を初めて訪れたとき、鹿塩温泉をすぎたところにある急な坂をのぼったところで、私たちは困惑をしていました。
 来た道をひきかえし、鹿塩川の分岐から何度もやり直すのですが、メルママの家はみつかりません。
 メルママに描いてもらった地図では、塩川をずっとさかのぼるとなっていたのですが、あたりの景色からは、その坂から上に家があるとは思えませんでした。
 私たちは途方にくれながら、ともかく、坂から上に行ってみることにしました。
 まさかその先に人家はないだろうと、塩川に沿った急な道をおそるおそるゆくと、やがて平屋の大きな家がみえてきました。それが築二百年のメルママの古民家だったのです。
 その家は、そこにあるのが当然といわんばかりに、微動だもしない貫禄のようなものを漂わせ、周囲の山々と呼吸をあわせて静まっていました。
 こうしてたどり着いたメルママの家は、ケイタイ電話の電波もとどかない世界でした。それだけでも、時代からおき去りにされているようでしたが、そのときはテレビもなかったのです。

 それから、三か月ほどがたちました。
 メルママと十日間の予定でその家にやってきました。
 メルママの家は、なにか、この世の果てのような気がしました。
 昼となく、夜となく聞こえていた塩川の音は、いつしか聞こえなくなっていました。心臓の鼓動がふだん聞こえないように、塩川谷に木霊している川音は、私のからだの一部になってしまったのでしょうか。
 そんなときです。メルママの家に何者かがやってきたのです。
 ある夜のことでした。突然、大風が吹きました。
 なにか、強い力が山の上のほうからやってきて、谷を真っ逆さまにくだると、その勢いのまま谷を駆けのぼって山の頂にたっして、びゅうと音をたてて真っ暗な空に消え去ってゆきました。
 万物を支配している何物かの存在を感じさせるに十分な、黒々とした塊が谷を駆け抜けていったようです。
 私とメルママは眼をあわせると、夕食を早々にすませ、床につきました。
 その夜中のことです。無数の石を屋根に叩きつけているような音で、私は眼をさましました。
 となりをみると、メルママはいません。
 食堂にゆくと、メルママはストーブをたいて、リクライニングチェアーに横たわり、眼を閉じて、じっとしていました。家を揺るがせる大音響に、メルママも不安になっているのでしょう。
 メルママのとなりに私は横になりました。屋根の上では、何者かが石つぶてを全力で投げつけているらしい音がしています。私は不安になりながら、神奈川県の山北町でみた百万遍念仏を思い出しました。
 それは立春をすぎた日のことでした。
 ひとたちは寺の道場に集まって、滑車に吊りさげた大数珠をまわしつづけるのですが、そのとき数珠を床に叩きつけて、大きな音をたてるのが習わしです。音は神さまのありかだからです。  
 音は神です。音に神が宿っています。音のするところに神さまが今、いらっしゃいます。してみると、私が毎日つつまれていた塩川の水音は、神さまが私を抱いている姿なのかもしれません。
 今まさにメルママの家の屋根の上で大きな音をたてているのは、神さまかもしれません。
 屋根のうえに今いらっしゃる神さまを、私は見たくなって、ドアを開けました。
 あたりは真の闇で、なにも見えません。
 その闇のなかから、雨が降っているらしい音が聞こえてきました。
 それは囁くように静かな、優しい雨音でした。
 そのあまりの静けさは、意外で、足元も見えない闇に吸い込まれそうでした。
 家にはいって、ドアを閉めると、屋根の上のあの音は聞こえていました。
 キツネにつままれているようで、私はまたドアをあけ、外に出てみました。そこには闇が深々とひろがっていて、私を抱くように優しい雨音をたてていたのです。
 私は家にはいって、ドアを閉めました。
 屋根の上では、あの音は聞こえています。
 メルママのとなりに横になって、眼を閉じました。
 屋根の上の喧騒とはべつに、薪のはぜる音が聞こえてきました。屋根の上の何者かが、煙突の中をとおって、家に入ってきたのかもしれません。
 メルママは起きあがって、薪からたちのぼる炎を見ていまました。私も起きあがって、闇に灯りをともしているような光をみていました。
 その明かりがたてる音はあかるく、自らがぱちぱちと音をたてることを、自らが楽しんでいるようでした。
 私たちはなにも心配をする必要はなかったのです。
 自ら、この世の色を変えればいいだけいのことなのです。
 万物を支配している何者かは微笑んでいました。
 私たちは安心しました。
 ベッドにもどって、横になりました。屋根の上の騒ぎはつづいていましたが、私たちはその音につつまれて、安心して眠りについたのでした。

散策道の整備 

カテゴリ:Iターン生活


河原嶋の敷地内には

馬頭観音と金毘羅大権現と

掘られた石碑があります。


秋葉古道整備4




河原嶋ドッグラン横の山中には馬頭観音石碑のある

古い山道がありまして、

河原嶋裏山の馬頭観音石碑と

その古い山道とを結ぶ道が

河原嶋の敷地内に通っていたのではと推測し、

その道が秋葉古道でないかと

勝手に想像しちゃいました~





で、河原嶋敷地内の秋葉古道を

Uさんが整備したのです~!!


河原嶋の池の西側がその秋葉散策道の入り口…


秋葉古道整備1





池を右に見ながら石の間を歩いてゆくと

馬頭観音、金毘羅大権現の石碑が見えてきます。


秋葉古道整備2





秋葉散策道の途中には

沢へ降りる脇道もあります♪

沢には洗い場も設けてあるのです。


秋葉古道整備3




石碑を通り過ぎるとやがて

イチイの古木が現れます。

樹齢は定かではありませんが、

相当大きな樹なので、

ずっとずっと人々の営みを

見守ってきた樹であろうと想像されます。


秋葉古道整備5





鹿が良く食べる笹の植え込みが見えると

河原嶋秋葉散策道も終点間近…


秋葉古道整備6





uさんが整備した階段を登りきると

裏山の馬頭観音石碑が見え

河原嶋の秋葉散策道は終わりです。


秋葉古道整備7




なかなか素敵な秋葉散策道が出来上がりましたので、

散策道がもっと楽しくなるように

カエルさんの置物を置いたり

常夜灯を設置したりしようかと考えております♪

常夜灯を設置すれば

もしかしたら

人ならぬ者、

はたまた、

もののけの方々が

お通りいただけるかもしれませんね…



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

新聞の配達 

カテゴリ:Iターン生活


今朝は初めて河原嶋に

新聞が個別配達された日でして

恐らく河原嶋の歴史上

初めての事だと思います~



配達された新聞




2007年に大鹿村へ移住したときは

河原嶋の集落のあたりは

新聞の戸別配達がされていなくて、

4キロ道を下ったところに設置される

新聞受け取りポストへ自分で取りに行かなくては

ならなかったため、

うちは新聞を取るのをやめておりました~。


しかしながら今では河原嶋まで

早朝、個別に新聞を配達してくれるというから

本当に驚きました!!


新聞個別配達の初日、

この記念すべき出来事は

しっかりと写真に残させていただきましたよ~

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

はじまりは… 

カテゴリ:Iターン生活

日曜日に大鹿入りし、

まず最初にやったことはといいますと…

「釣り」 ではなく、

Uさんと私、

お互いの亡くなった伴侶の写真を

プライベートルームに飾ることでした。


Uさんの亡くなられた奥様
私の亡くなった夫

額に入った二人の写真からは

「頑張れよ~、応援してるよ~」

と言ってくれているような気がしました。

日々、お線香を焚いて

「今までありがとう!

そしてこれからも見守ってください」

と手を合わせると

心が落ち着いてくるから不思議です。


さぁ、天国の二人の思いもしょって

頑張りますね~♪



大鹿便り 

カテゴリ:Iターン生活

大鹿入りして早5日目。

BGMは途絶えることのない塩川の流れる音。

蕨、うど、タラの芽の山菜等、山の恵みに感謝。

青木川でテンカラ釣りを楽しませていただき

ファイアーオパールのような宝石をその身にちりばめた

美しいアマゴとの対面に感動。





日曜日に大鹿入りしましたが、

固定電話は不通、テレビ、インターネットもNGで

手荒い洗礼を受けました~

今日ようやくインターネットが使えるようになり

ブログを更新することができました。

とりあえずの報告でございます~

コメントをたくさんいただきましてありがとうございます!!

後日、ゆっくりとお返事を投稿させていただきますね~♪


再び大鹿住人へ 

カテゴリ:相模原生活

次の日曜日、いよいよUさんとメルと共に大鹿へ戻ります~!

まだ具体的におうどん屋さんのオープンの日は決まってませんが、

とりあえず前進あるのみ!!!

おいしいおうどんを食べていただけるよう、

頑張ります~♪