賄い 

カテゴリ:Iターン生活


あしたから平常営業なので準備に大忙しです。
というわけで、本日の賄いはペスカトーレ。


低画質ペスカトーレ


使っているのは生パスタではなく、スーパーで買ってきた乾麺ですが、圧力釜で茹でているのでモッチモチ。
さて、お腹がいっぱいになったところで、これから納品にでかけます。
かえってきて、また仕込み。
ふい~。
頑張ろう!

ビール王国ドイツ 

カテゴリ:Iターン生活



4月1日からの平常営業にむけて、仕込みをしながら飲んでいたのはノンアルコールビール。
最近のノンアルは、ほんと、美味しいんですよね。
黙ってだされたら、本物のビールと思ってしまいます。

低画質ビール

本日、チョイスしたのは、バイスビアーエルディンガー。
それと、ビットブルガードライブ。
どちらもビールの王国ドイツのものです。
初めて飲んだときの衝撃。
ビール王国ドイツの面目躍如といったところですが、ここまでビールに拘っているとは驚きです。
なにしろ、普通にビールを作ってから、アルコールを抜いているんだそうです。
そこまでやるのか。ビール王国ドイツ。

スミレ 

カテゴリ:相方Uさんの記事


4月1日からの平常営業にむけて仕込みに追われています。
ゼロから店を始めるようなものですから、もう大変。


1


昼は大鹿唐辛子をまるごと一本つかった激辛ペペロンチーノ。
これで気合注入!
明日は買い出しにいって、戻ってきてからまた仕込み。
頑張ろう!
といいつつ、ちょっと表に出て気分転換。


2


すると、咲いていました。スミレです。
小さいけれど、しっかりと咲いているのがいじらしいですね。

スイーツの仕込 

カテゴリ:河原嶋うどん


4月1日からの通常営業にむけて、スーツの仕込みを始めました。
今シーズンは午後2時から4時までカフェタイムを設けまして、カフェメニューには、お値打な「おまかせ菓子プレート」¥400が登場します~。


3_201603281737136de.jpg


写真は「おまかせ菓子プレート」の一例で~す。
カヌレ、マカロン、ダックワーズ、焼き菓子あれこれ、パートドフリュイ、ギモーブ、自家製アイスなどから、4種類ほど盛付けいたします。


1_201603281737108d2.jpg


きょう仕込んだ写真のダックワーズが、菓子プレートにのるかも…
好評の自家製アイスも、週替わりのメニューをご用意いたします。


2_201603281737115c9.jpg


4月の最初に登場するのは、河原嶋産の栗をふんだんに使ったマロンアイスです。
ブランデーの香がふわっと漂いますよ~。
定番の人気アイテム、山塩アイスもご用意いたしております♪



河原嶋の鶏ハムの販売をはじめました 

カテゴリ:Iターン生活

大鹿村のJAしお里で「河原嶋の鶏ハム」の販売をはじめました。
松川町の「あい菜果」には、きょう納品の予定です。

河原嶋の鶏ハムのちょっと宣伝。
鶏ハムというと普通は塩味ですが、河原嶋の鶏ハムは、ご飯に合うように甘めにつくっています。
鶏ハムは鶏くさくて・・・と、敬遠しがちですが、河原嶋の鶏ハムには、鶏くささはないと思います。
お試しくだい。


P3276475.jpg

週替わりうどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事


田んぼの鹿よけネット張りですが、昨日、資材を田んぼに運びこんだので一安心しました。
あとは暇をみて、ぼちぼちやれば田植えにまにあいます。
ということで、4月からの平常営業むけて、きょうから本格的に仕込みにはいりました。
とっかかりの週替わりのうどんですが、「アサリと筍と青さ海苔のうどん」にすることにしました。



2



写真は昨年のものでして、ワカメが映っていますが、途中から青さ海苔に変えました。
5月は「山菜うどん」
初夏から夏にかけては「ジュンサイうどん」
夏は、昨年、かなりウケていた「トウモロコシの摺り流しうどん」なんかを考えています。
そして、天然キノコどっさりの「キノコうどん」をやると、河原嶋は冬支度になります。

やっぱ、薪風呂。 

カテゴリ:相方Uさんの記事


田んぼのまわりに鹿よけネットを張る作業にかかりました。
ネットはドッグランのを使うつもりでいましたので、ドッグランにいってネットを外しにかかったのですが、ここで思わぬ伏兵の登場です。
なんと、ネットに野バラがしがみついていて、もう大変。
野バラとの血みどろの格闘のすえ、ネットとポールを田んぼにやっと移したところで、一日が終わってしまいました。


1_201603251830176f1.jpg


古民家暮らしは、ほんと、楽ではないですけれど、体をつかって生きているのが気持ちいいんですよね。


2_201603251830183e6.jpg

というわけで、薪風呂にでもはいりますか。
お疲れ~

古民家の修繕 

カテゴリ:相方Uさんの記事

12月からやっている母屋のと外風呂の修繕に、今日で区切りをつけたくて、本日は朝7時から外まわりの防腐剤塗り。
やることはたくさんあるのですが、とりあえず、明日からは田んぼの鹿よけネット作りにはいります。
古民家暮らしって、優雅に見えるかもしれませんが、けっこう大変なんです。
でも、このさい修繕も楽しまねば。
作業を終えて、きれいなった古民家を眺めて満足。
やった~て感じ。
そのあと、お疲れ~



1

鉱泉水料理 

カテゴリ:相方Uさんの記事

河原嶋の近所に山塩を含んだ鉱泉が湧いているのですが、この鉱泉の塩加減が絶妙なんです。
そのまま料理に加えるだけで、美味しい料理のできあがり。
ナトリウムの他にいろいろなミネラルが含まれているのかもしれませんね。
豆腐は、ふっくらします。
で、おまけの山塩鉱泉水料理
鉱泉水は茶漉しでろ過してから使ってくださいね。

山塩鉱泉鍋
①土鍋に山塩鉱泉水をいれ、骨付き鶏モモ肉または豚バラ肉を加える。これだけ。野菜はホウレン草がお勧め。〆は鍋用ラーメンで決まり。美味さに絶句するはず。
山塩鉱泉ポタージュ 
①スライスしたタマネギを炒め、火が通ったら山塩鉱泉水をいれる。お好みの野菜を加え、火が通ったらブレンダーで液状にする。これだけ。

山塩を含んだ鉱泉水がどこで汲めるのか、チラシをつくりました。
チラシは店内にありますので、お食事をされない方も、気軽にお立ちよりください。




P3236441.jpg


冬限定の生パスタランチ 

カテゴリ:相方Uさんの記事


本日のお任せポタージュは、鉱泉水と野菜だけのポタージュ。
タマネギと白菜をブレンダーにかけ、河原嶋のすぐ近くで湧いてる鉱泉水を加えただけですが、塩かげんが絶妙。
もうどこにも何も手を加える必要なしの美味さです。
この鉱泉素を加熱して、水分を蒸発させて出来上がるのが、大鹿村の名物、山塩です。
山塩は血圧を下げるといわれていますから、鉱泉水と野菜だけのポタージュはいいことづくめ。
それにしても早いもので、もうすぐ4月ですね。
4月からは通常営業になりますので、冬限定でやらせて頂いていた生パスタのお任せコースも今月いっぱいで終了になります。
4月からの生パスタは単品になります。
写真は黒小麦の生パスタ。
黒小麦の在庫が少量なので、1日2食の限定になります。
トッピングのイワナは瞬間燻製をしたあと、真空低温調理をしてありますので、お口の中でとろけてソースの一部になります。




2_20160322174000be8.jpg




3_201603221740023ba.jpg




1_20160322173959456.jpg




4_201603221740036ee.jpg

仕込み 

カテゴリ:相方Uさんの記事

イタリアンを含めて、この三日間、都内で食べ歩いてきたわけですが、今までの体験で、コース料理の生パスタが美味しかったことは、ほんとに少なかったです。
でも、ラーメンみたいに単品で頑張っているお店には、美味しいのがありました。
こういうお店は、コースではありませんから、生パスタの前後の料理に合わす必要はありませんので、日本人の口に合うように麺そのものから作りなおしているんですね。
コースのものと、単品ものでは、生パスタそのものが違うようです。
たとえば、コースに出てくる生パスタに、一品物のたらこのパスタみたいのがでてきたら、とんちんかんな物になってしまうわけですが、コースに使っている麺では、タラコは合いません。
うちなんかも単品でやっているわけでして、初めはイタリアンのオーソドックスな粉の配合でつくっていたのですが、自分の口に合うように作り直してきた結果、当初の配合から離れていきました。
あしたは生パスタのご予約があるので、朝から仕込みです。
美味しくなれ、美味しくなれって唱えながら仕込むと、ほんと、美味しいのが出来るんです。




P3216389.jpg




ポルチーニ茸とカニのパスタ

 

カテゴリ:Iターン生活

ワンちゃん柄の新作エプロンが入荷しました。
腰の部分と前ポケットにダーツがはいっていますので、使いかってがいいと思います。
素材は綿100%。ポケットのカラーは3色ありまして、価格は一着、税込みで2800円です。送料は別途になります。

ところで、用事があって店を3日間、休業にしていたわけですが、用事のついでに都内で食べ歩きをしてきました。
驚いたのは生ハム。
生ハムといえば高級というイメージで、イタリアンなんかは前菜に、とりあえず生ハムって思っている料理人は多いと思います。
私もその一人なんですが、生ハムが高級というイメージは、もう昔のことなんですね。
なかには500円で生ハム1時間、食べ放題っていう店もありまして、もう生ハムは高級品でもなんでもなくて、普通のハムくらいになっていたのですね。
そして、こんかい目についたのは立ち飲みの店。
食事がおわったあと、立ち飲みの店にいってみました。
おつまみは乾きものだけ。
ウイスキーのロックを何杯かやりつつ、お隣さんと、すぐに打ち溶けるのは、立ち飲みだからなんですね。
目線が同じというか、垣根がないというか、すごくいい雰囲気なんです。
食事のあとの立ち飲み。
これは私の定番になるのかな・・・



2



1



3


臨時休業のお知らせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事


P3176374.jpg

臨時休業お知らせ

3月20日(日)まで、申し訳ありませんが、休業させていただきます。

ところで、屋根の修繕ですが、3か月かかりましたが、やっと人一区切りつきました。
やれやれ・・・
写真はオレンジのコンフィです。
透き通るような美しさ。
お菓子のトッピングに、どうかなと作ってみました。

真空低温調理 

カテゴリ:相方Uさんの記事

このところ毎日、牛肉で真空低温調理の実験をやっています。
今年の12月からの冬メニューを、今から考えているわけですが、パスタセットのメーン料理に、牛ヒレ肉のステーキはどうかなと思っているわけです。
牛ヒレに関しては、フライパンで焼いたほうが、美味しいなというのが結論です。



P3166365.jpg



きのうはローストビーフ。
これはダントツに美味い。
今まで、どこのお店でも、こんなに柔らかくて、美味いのは食べたことがありません。
牛肉はめったに食べないクーさんが、美味しい美味しいといって、おかわりをしていました。
しっとりというより、口のなかでホドケルような感じ。
パスタセットのメーン料理は、ローストビーフの厚切りにしようと、心が動きました。

ろくべん 

カテゴリ:相方Uさんの記事


ろくべん




写真は「ろくべん」といいまして、大鹿村に伝わる弁当箱です。



ろくべん煮物いり



これにいろいろな料理をいれて、大鹿鹿歌舞伎を見に出かけていたわけです。
なんか、オシャレ。
秋。農閑期になったときの歌舞伎。
春。これから畑や田んぼがはじまる前の歌舞伎。
歌舞伎も「ろくべん」も、大鹿村の風土が産んだのかもしれませんね。


春の雪 

カテゴリ:相方Uさんの記事

冬にもどってしまったような朝でしたが、陽がのぼると雪はみるまに溶けていきます。
春の雪なんですね。
冬のあいだ凍っていたパイプから水がほとばしって、何か月ぶりかで池に水がはいっていました。
この雪が解けたら、本格的に春がきそうな感じ。
は~るよこ~い。


P3156317.jpg

2016年版のメニュー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

2016年版のメニューができました。
これを作りおえると、いよいよ平常営業がちかづいてきたなって感じます。
まちにまった春です。
それなのに、きょうは雪。
スタッドレスを履き替えないでよかったですが、外仕事がまだあるので、この雪は泣かせます。
外風呂の雪止めアングルを屋根からおろし、錆止めを塗り、屋根に設置しなおす作業。
これなんか、はじめから何も塗ってないんですよね。外風呂をつくった業者の手抜きです。
自分、家関係の仕事をしていたこともありまして、宅建の資格ももっているんですが、こういう仕事を見ると悲しいです。
それから、テラスの柱に防腐剤をぬって、メーンエベントは田んぼの周りに鹿除けの柵をつくること。
3月中に終わるのか、ちょっと気がかり。




1_20160314172857dc8.jpg




2_20160314172859841.jpg

DIY本棚作り 

カテゴリ:Iターン生活

パタパタ(昔の靴箱)の横幅に合わせて本棚をつくりました。
本いれてみると、いい感じ。
この本棚、2作めなんです。
前作はニスを塗ったあと、直射日光のあたるところに干してしまい、板が曲がって、無理に組み立てると板が割れました。
ショック!
たかが本棚だなんて思っていたことが、いけなかったんです。

そんなこんなで、やっとできた本棚。
大切に使います。
みな様、河原嶋にお越しの節は、パタパタの上に鎮座まします本棚を、どうぞ、可愛がっておくんなさいまし



1_201603131533524fe.jpg



2_2016031315335344c.jpg

御柱、縄ない 

カテゴリ:Iターン生活

御柱にむけて、きょうは縄ないがありました。
普通の縄を10本、束ねたものを3本つくりまして、それを束ねて太い1本の縄にしました。
この縄を御柱にくくりつけて、人力でひくそうです。
地元の人でなくても参加できますので、よろしかったら来てみてください。

葦原神社、御柱の「里びき」
4月17日午前9時からです。

河原嶋は4月1日(金)から平常営業になりますが、私は葦原神社のお世話人の関係で、4月17日(日)は、店は休業となります。



1_201603121854451a2.jpg



2_2016031218544763c.jpg

黒小麦の生パスタ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

黒小麦の生パスタですが、きょうは黒小麦の生産者さんをお招きして試食会をしました。
お蔭さまで、「こんなパスタになるなんて、嬉しい」と言って頂くことができて、責任をはたしたような感じもあります。
生産者さんが黒小麦をもってこられたとき、よろしくお願いします、と頭を下げられたこともありますが、試食をしてみて、力強い味と食感に凄い魅力を感じまして、これはなんとか商品化しないと、調理人として失格だなという思いもあったからです。
それにしても黒小麦、なんど食べても感嘆してしまいます。
野性味たっぷりで、蕎麦のような荒々しさもあります。
トッピングのイワナですが、こちらも喜んで頂くことができました。
燻製後に低温調理をほどこしていますので、口のなかで溶けてパスタソースの一部のようになります。
問題は、黒小麦のフスマを製麺機の麺切り包丁が切れないこと。
つながってできてしまうので、麺を1本、1本、手でほどかなければなりません。これは凄い手間ですが、今までにないものなので、頑張って店で出そうと思っています。
でも、試作を繰り返してきたので、あと十数人分の黒小麦しかありません。
つぎの収穫は6月だそうですが、10キロくらいしか収穫できないとのことです。これではぜんぜん足りません。
しかたがないので、1日2食の限定でやらせてもらおうかなと思っています。




P3116296.jpg

経絡マッサージをはじめました。 

カテゴリ:Iターン生活

大鹿村は隣町の松川から車で30分くらいかかります。
そのあいだ民家はありません。
陸の孤島のような大鹿村ですが、河原嶋は、そんな大鹿村の最奥といってもいいような山の中にあります。
近隣市町村の人が、きょう思い立って、きょう行くような場所ではありません。
そんな河原嶋に、せっかく来てくださったのですから、ゆっくりしていってほしいんです。
そんな思いで自動演奏ピアノをいれてみたのですが、今ではお客様が2時間半くらいはいてくださるようになりました。
ゆっくりできるカフェをつくりたい。
こころから寛げる店をつくりたいと、おりにふれ思いをめぐらしています。
自分がそんなカフェを欲しいからです。
そんなこんなで、あらたなサービスを考えました。
お食事をされた方に、経絡マッサージはいかかでしょうか。
要予約になりますが、はじめます。
料金はお一人様、1時間5000円が実費になります。
それと、個室とシーツの使用料が200円になります。
お二人ですと9000円になります。個室とシーツ使用料は400円です。
マッサージは、個室の床に厚いマットレスをおいて、その上にシーツを敷いて行います。
私もときどきやってもらいますが、気持よくて寝てしまうこともあります。
よろしかったら、ご利用ください。



P2186131.jpg



P3106283.jpg

開けたら閉めてね、メル。 

カテゴリ:Iターン生活

うちの接客担当のメルですが、なおしてほしいところがあるんです。
鼻で戸をあけて、勝手に出ていくのはかまいませんけど、閉めてかないんです。
で、私が閉めてやると、5分もしないうちに開けろって、向こう側で戸をがりがりやります。
向こうからだと、メルの鼻では戸を開けられないんです。
で、開けてやると、偉そうに入ってきます。
だのに、それから5分もしないいうちに、鼻で戸をあけて出ていきます。
こんなことをずっとやっている日があるんです。
かんべんしてほしいです。
とにかく、出てくときは戸を閉めていってほしいです。



3

やっぱ年金でしょ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

平常営業にむけた仕込みに追われています。
和牛ほほ肉の生パスタも仕込みましたので、昼はそれを頂くことにしました。
赤ワインで煮込んだ和牛ほほ肉が80gトッピングされています。
80gって、出来上がった重さなんですが、もともとの重さは、その倍の160gぐらいあります。
販売価格は1480円
内輪の話、原価率がめちゃめちゃ高いんです。
ほんと、店としては厳しいなって思いますが、いいんです。
昨年から年金をもらってますから。
店でだしているメニューって、試作のときは嫌というくらいに食べるのに、店のメニューになったとたん、食べられなくなるんですね。
商品を自分たちで食べるのが、もったいないんです。
でも、今日は久しぶりに商品をいただきました。
おいしかったです。
ごちそうさまでした~


和牛ほほ肉のパスタ

大鹿唐辛子 

カテゴリ:相方Uさんの記事



P3076270.jpg




大鹿唐辛子の新物が入荷しています。
店で使っている一味唐辛子ですが、以前にも書きましたが、私がつくっています。
どうしてかといいますと、唐辛子は洗わずに、乾燥させて、粉末にしたものが一味唐辛子になりますから、唐辛子が農薬まみれだったりすると、農薬をそのまま振りかけていることになるからです。
ですから、一味の原材料は、自分の目で確かめた安全なものに限ると思っていたおり、出会ったのが大鹿唐辛子でした。
大鹿唐辛子、激辛なのはさておいて、基本、無農薬。
虫が発生した年だけ、決められた農薬を、畑の通路にちょこっと撒くくらいだそうなので安心なんです。
安心な材料で自分でつくる。
これほど安心なものはないと思っています。
ちなみに、私がつくっている大鹿一味唐辛子は、1瓶600円で販売もしています。

よもぎ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

山塩うどんのリニューアル済ませて、採ってきたのはヨモギ。
この秋から店で出せるのかどうかもわかりませんが、ぼやっとあるのはカレーうどん。
店をはじめてから、普通のカレーうどん、オリジナルのホワイトソースのカレーうどん、とやってきたのですが、今、河原嶋にはカレーうどんはありません。
大鹿村の山奥に合った、ここでしか食べることのできないカレーうどんが出来るのか、とにかく、身のまわりにある野草をカレ一に混ぜてどうなるのか実験です。
そのとっかかりとして、生え始めたヨモギです。


P3066268.jpg

山塩うどん 

カテゴリ:Iターン生活

山塩うどんをリニューアルしました。
どう変わったのか、詳しくは書きませんが、リピーターさんにはすぐ判ると思います。
肝はトッピングの鶏チャーシュー。
鶏チャーシューというネーミングじたい、河原嶋発のものなのですが、それを一品料理にできるくらいステップアップさせた・・・つもりまんねん・・・



P3056267.jpg




P3056265.jpg

厚焼き玉子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

朝から厚焼き玉子をつくりまして、松川町へ納品がてら、松川町営プールにいってきました。
今日のプールですが、いつになく賑やか。
小学校低学年むけの水泳教室が、これから始まるところだったんです。
私が泳いでいると、隣のレーンに子供が10人くらいはいってきました。
プールの底にはイカダが2個、距離をおいて沈ませてありまして、みんな泳ぎは初めてらしくて、岸のちかくに沈ませてあるイカダの上に乗ってかたまっていました。
はじめは、そこで頭をしずめるだけ。
そこから次々と、ちょっと離れているイカダに向かって出陣していきます。
そして、20分もしないうちに、ほぼ全員、ピート板につかまって15メートルくらいバタ足で泳いでいました。
子供って、すごいですね。
みんな元気いっぱい。
子どもたちのはちきれんばかりの笑顔が、水の上に浮かんでいます。
若鮎のようというは、まさにこんな感じなんだろうなと、泳ぐのも忘れて眺めていました。
一足はやく、プールに初夏がきたようでした。


P3046253.jpg

首都圏 食べ歩き 

カテゴリ:相方Uさんの記事

3泊4日で神奈川県の相模原市に戻っていたというか、行ってきました。
丹沢ヤマメの市民講座を傍聴するのが目的だったのですが、店を休みにしてしまい、申し訳ありませんでした。

丹沢ヤマメは関東大震災でほぼ絶滅したといわれていまして、その後、養魚場で種苗生産されたヤマメが丹沢全域に放流されて、かろうじて残っていた在来種と交配し、結果、丹沢には在来ヤマメはいないと信じられてきたわけです。

でも、怪しい魚をときどき釣りまして、DNAとか、いろいろ調べてみて、いるのかもしれないということになって、今年から神奈川県が丹沢ヤマメ保護の予算をつけたというので、嬉しさもあって駆け付けたというわけです。
その、丹沢ヤマメらしい魚を運よく見つけることができたのが私だったのです。
ですから、自分の子供の話を聴きにいくような気持だったのです。
関係者の皆さま、ありがとうございます。
粘り強い調査、産卵床の設置など、きつい作業をやられてきたわけですから、頭が下がります。

ところで、今回の首都圏、食べ歩きは収穫が大きかったです。
その〆は、帰りしなに立ち寄った中央高速、駒ケ岳サービスエリアの「すずらんソフト」
きょうはイチゴミックスをチョイス。
ほんと、このソフトクリーム、まいう~



P3036225.jpg