FC2ブログ

河原嶋のメニューにはなれない可愛そうなペスカトーレ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

田んぼの横っちょに作ってみたクレソン畑。

1_20160608205903066.jpg

移植したクレソンが根付いてくれたみたいで嬉しいです。
クレソンって、買えばいくらもしないかもしれませんが、そういんじゃないんですよね。
自分で育てたもの、あるいは、自分の足元にある食材を、お客さまに提供する喜び。
それが美味しい以上のなにかを、お客さまに伝えることができるのではないのかなと感じはじめたのは、つい最近なんです。
一方で、全国的にみて最高といわれている食材は、仕事がら勉強ということもあって使っていまして、でも、そのほとんどは賄いで消えていきます。
店のメニューにはならなにしても、全国レベルの食材を普段から使い慣れていないと、河原嶋みたいな山奥にいると気持が遅れをとってしまうんです。
というわけで、本日の買い出し+仕込み日の賄いは、ムール貝たっぷりのペスカトーレ。

2_20160608205944985.jpg

豪華で美味しいんですけれど、河原嶋のメニューにはなれない一品です。

 

カテゴリ:Iターン生活

臨時休業のお知らせ
6月13日(月)は、申し訳ありませんが、都合により休業させて頂きます。

1_20160608091206bb2.jpg

その翌日になりますが、今年も大鹿村で弦楽四重奏+ギター共演のコンサートが開催されます。
ギターの篠原正志さんは長野市の出身で、第16回東京国際ギターコンクールで第1位を受賞。数々のCDをリリースされています。

2_2016060809123118f.jpg

弦楽四重奏の女性4人は「ルーダスカルテット」


3_20160608091254d84.jpg

第1バイオリンの鍋谷里香さんは、ウィーン市立音楽院ヴァイオリン科、室内楽科、共に最優秀賞を得て卒業をされています。
第2バイオリンの青木るねさんは、神奈川フィルハーモニー管弦楽団団員で、フォアシュピーラーを務めます。
楽団というのは凄い競争の世界だそうでして、演奏のときの席順は実力によって厳格に決められていて、一番まえで演奏できるのがトップ奏者。
フォアシュピーラーというのは、トップ奏者の隣で演奏する資格のある人という意味だそうです。
ビオラの村松伸枝さんは神奈川フィルハーモニー管弦楽団団員で、バイオリンのソリストとしても活躍されています。
チェロのたのうち惠美さんは、横浜音楽文化協会会員で、Ensemble たのシックを主宰されています。

日時:6月14日(火)午後7時開演。開場は午後6時半。
入場無料。大鹿村の方でなくても入場できます。
場所は大鹿村交流センター。
演奏会は午後8時40分前後に終了の予定です。
お問い合わせは大鹿村公民館☎0265-39-2100(土、日は休館)
なお、未就学児の入場は、恐れ入りますが、ご遠慮ください。
ちょっと長くなりますが、演奏する曲と、その解説を添付しておきます。
ご興味のある方は、眼を通してみてください。