生きているうちに釣りをすべし。けど・・・ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

過去の統計では、5月はこんどの日曜日が最も忙しいので、休養を十分にとりたいところですが、今週は保健所の検査がありまして、厨房の掃除やらで休む間もありません。
やればやるほど増えるのが仕事。
河原嶋にきたのは釣りが目的だったのですが、今年も釣りにはあまり行けそうもありません。
趣味はときかれれば、釣りと・・・仕事、が、やはり入ってきまして、お蔭さまで毎日、好きなことをやらせて頂いているわけです。
その釣りですが、自分は釣りをすることで、誰かの供養をしていると思っているところがあります。
兄貴のようだった釣りの先輩。はやくに亡くなった釣り友。
がんの末期に、釣りに誘われて、でかけた丹沢の布川。
釣りはそこそこに、河原でコーヒーをわかし、日が暮れるまで話をしていました。

1布川

写真ですが、どうみても丹沢の布川です。
不思議なのですが、大鹿村の川を撮ったCDのなかに、なぜか入っているのを見つけて、彼のことを思い出したわけです。
生きてるうちに釣りをすべし! 
彼がそういっているようですが、ごめんよ、いま、仕事がおもしろくてさあ・・・。