今日は釣り 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日は完全休養日にしまして、午前中からク~と釣りにでかけました。
まずは青木川に出撃。

1釣り

水温が低くて岩魚も石の裏でじっとしておられるご様子で、アタリはありませんが川を歩いているだけで清々しくなります。
昼は太西公園に移動して野菜たっぷりのラーメンをつくって昼食。

2釣り

トッピングは自家製鹿肉のローストと冷蔵庫にあったハム。白銀の赤石岳を眺めながら頂きます。

3釣り

大鹿村。いいですね。川あり、公園あり、そしてなによりも気に入っているのがトイレ。綺麗なんです。
食後のスイーツはク~の作ったマドレーヌ。

4釣り

コーヒーを2杯いただいきました。
食後は鹿塩川に移動しましたが、ここでもアタリなし。
でももうそんなことはどうでもよくて、心地よい疲れに体が喜んでいました。




風呂上がりのワンちゃん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

な、なんだ、こいつ・・・
俺の知っているメルじゃない。

1める

見た目、まるでイングランドの深窓の令嬢のようじゃないか。
来、来るな・・・
な、。なんだこのシルクのような手触りの毛並み。
トリートメントつけたのか・・・
こいつ、俺の知っているメルじゃない。
俺は、おれは犬臭いメルが好きなのだ。

新商品。河原嶋の大鹿一味唐辛子の詰め替え用小パック 

カテゴリ:相方Uさんの記事

新商品の紹介です。

河原嶋の大鹿一味唐辛子に詰め替え用の小パックができました。
10g入りで税込み380円です。
よろしかったらご利用ください。

1唐辛子

試作。3月の限定うどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

写真は3月の限定うどんの試作です。

1試作

生桜エビのぱりぱり煎餅と春キノコのモリーユ添え、ホワイトソースのうどん。
3月にむけて試行を重ねてきましたが、これにグリーンアスパラを加えればOKかなと。
モリーユは数が少ないので、モリーユがなくなり次第、終了となります。
ところで、うちで作っている一味唐辛子と他の一味唐辛子ではどうちがうのと、今日、出先できかれました。
簡単にいえばこうです。
たとえばリンゴジュースを作るとき、芯と種も一緒にミキサーにかけて作る人はいないと思いますが、これをやっているのが一般の一味唐辛子。
林檎から種と芯を取りのぞいたのが、河原嶋の大鹿一味唐辛子。
種をとる理由は林檎の芯と同じで味も風味も辛味もほとんどないからです。
唐辛子の種と内側に隠れているカビを取り除いた結果、廃棄率は58%。
半分以上は廃棄してしまいますが、林檎の美味しいところだけで作っているジュースと同じですから、河原嶋の大鹿一味唐辛子は美味しいのです。
辛いだけじゃないよ!

クレオジーな一味唐辛子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

品切れがつづいていた大鹿一味唐辛子ですが、大鹿村の塩の里直売所、秋葉路、それと飯島町のキッチンガーデン田切に納品してきました。

1唐辛子

キッチンガーデン田切には、ここだけで限定販売しているペットフード「ワンコエース」のお徳用100gも合わせて納品をしてきました。

2ワンコ

明日からはまたせっせと一味をつくって、まだ納品をしていない店にも順次、納品をしてまいります。
河原嶋でつっくている大鹿一味唐辛子は、唐辛子の種&外からは見えないカビを取りのぞき、重量の58%を廃棄してまで美味しい一味にこだわっています。
廃棄率58%の一味だなんて、たぶん世界中で河原嶋しかやっていないクレイジーな手仕事。
いいんです。
クレイジーで。美味しいんだから。
河原嶋でつくっている大鹿一味唐辛子は「三遠南信特産品」に認定されました。

プランタンの厚切りでお茶 

カテゴリ:相方Uさんの記事

営業が終わりまして、お疲れ~のお茶の時間は4時になっていました。
何センチにする? とク~。
私のオーダーは5センチ。

1プランタン

プランタンを5センチの厚切りにカットしてもらって紅茶で一息。



長野県の虫事情 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ク~はメカブを食べたことがなかったそうですが、今では私以上のメカブ好きになってしまいました。

2雌株

サッと茹でてポン酢で頂きます。
ワカメはスーパーに出回っているのも美味しいですが、その日に穫れたばかりのワカメの美味しいこと。しゃぶしゃぶにすると止まらなくなります。
獲ったばかりが最高に美味しいものといえばナマコさんがおります。
港に釣りにゆき、ナマコをみつけると釣りはそっちのけでナマコ獲りに夢中になります。ナマコは自分でさばいて刺身にして頂くのですが、その美味しいこと。
長野県は海がないこともありますが、このあいだあることに気がつきました。
蜂の子です。ビン詰めになって2000円くらいで売られているのをみていて、あれ! これってもしかしたら釣り餌のブドウ虫の方が高いんじゃないのってことです。
実際、釣り餌のブドウ虫のほうが高かったです。
長野県の虫事情はよくわかりません。

豪華だったカキ揚げ丼 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨日から一味唐辛子をつくりはじめました。
そんなおり、店は定休日でしたが、来店された方がありました。
見覚えのある釣り人です。
「アレ、まだやっていますか」と釣り人がいっている「アレ」とは、3年くらい前まで河原嶋でやっていたカキ揚げ丼のことです。

1かき揚げdぽmン

写真がそれで880円だったと記憶しています。
その方、大鹿村に釣りにくるとウチよって、食べていかれるのは必ずコレ。
「アレですか。もうやってないんですよ」と私がいうと、
「あ、もうやってないんですか・・・」と残念そうに帰っていかれました。
やっていたとしても、店は休みなので、どちらにしてもできないのですが、思い返すと、そのころの河原嶋の定休日は週一の水曜日だけだったのです。
そんな時期もあったんだなと、久しぶりに思いだしました。

大鹿一味唐辛子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿村に釣りに来たのがきっかけで河原嶋に店をひらき、それから6年がたって一味唐辛子まで作っているなんて、ほんとに、人生、どうなっているのかよくわかりません。
ともあれ、本日、一味づくりの準備が整いました。
販促用のポップ、唐辛子のラベル、それと新規に購入した機器を組み立て終わったのが午後3時。
それから気分転換に釣りに行ってきました。
明日は松川町のプールへ行って体調を整えてから、たいへんお待たせしましたが、ようやく一味づくりが始められます。
一昨年につづいて昨年も10月に完売してしまって申しわけありませんでした。
今年は昨年の2倍、作る予定ですので、たぶん品切れになることはないと思います。
それから、もっと辛くして欲しいとの要望をうけまして、今年の大鹿一味唐辛子は昨年の3倍くらい辛くします(私の感覚ですが)。
今年も河原嶋の大鹿一味唐辛子をよろしくお願いいたします。


1唐辛子


2唐辛子


3唐辛子



冬限定、オトウジうどんコース。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日もご予約で満席でした。
ありがとうございます。
営業、終了終、ク~と釣り行こうと話していましたが、食器の洗いものが終わるとク~も私も「おつかれ~」状態になりまして、しばし休息。そのまま夕食の支度となりました。
さて、3月からの限定メニューがまだ決まりません。
なにか春らしいものをと思っているのですが、大鹿村にちなんだものにこだわっているのでなかなか決まりません。
そんな私の横で「イチゴうどんにすれば」とク~が言います。
イチゴうどんは、大鹿村のこの時期に作っていたのがイチゴだったので、私が考案したのですが、いちごウドンかあ~って、私はまだ迷っています。

1オトウジ

ところで、古文書のような写真は今日の「オトウジうどんコース」のお品書きです。ちなみに、オトウジうどんコースはご予約でやらせて頂いています。
それにしても、お任せ前菜の種類がいつのまにか増えたなと感慨深いものがあります。
ひとつ、ひとつ、積み上げてきたわけですが、お品書きから消えていったメニューもあります。
生き残っているメニューにしても、もっと美味しいものができたら消えていきます。

2鹿肉

そして、もう一つの写真ですが、すごくよくできた鹿肉のロースト。
いままでで一番の出来!
今宵はこれでいっぱいやらせて頂きま~す。

自家製スイーツ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

メルは最近、オオカミ少年になっています。
吠える声で表にでても誰もいないことが多くなりました。
今日も吠えていたのですが、人の気配がないので知らん顔をしていると、吠える声はやがて悲壮な感じになっていました。
吠えても誰も気にしてくれないので、メルも情けなかったのでしょう。
ですがです、それから暫くして表にでてみると。なんと! 木戸が風に吹き飛ばされて粉々になっていました。メルはそれで吠えていたのです。
木戸はとりあえず応急処置をしましたが、風に飛ばされる前から、たぶん壊れるのではと思っていて、新品の木戸を頼んであります。新しい木戸は、なんと! 赤色です。
それにしても、メルはまだ老いぼれてはいなかったのです。木戸が吹き飛ばされた音に吠えていたことが判明しました。メル。ごめんなさい。
河原嶋の階段の手すりも、現在、壊れております。お気をつけてあがってきてください。修理を依頼してありますが、工事は春とのことです。
さて、明日も予約が入っておりまして、あと2名さまで満席となります。
明日のスイーツはカヌレ、小麦粉不使用のガトーショコラ、プランタンです。

1ガトーショコラ


2プランタン


3カヌレ



解禁 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうはいよいよフィギアの羽生殿が出場しますが、私としては渓流釣りの解禁も気になります。
いますぐ釣りにいきたいのですが、きょうは納品がありまして、しばしお預け。

1中画質釣り

写真は6年まえの4月の私。
河原嶋で店を始めるなんて思っていなかったころ。
あのとき吹いていた風を今でも思い出すことがでるのも、釣りのお蔭。
そしてきょうは大鹿唐辛子が納品されてきました。大鹿一味唐辛子づくりの解禁です。
今年は20キロ。
頑張って一味にします。

大鹿村のお裾分け。鹿の足1本。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

お裾分けを頂きました。
鹿の後ろ足1本。

1しか

自分たち用に小分けして、きょう食べるぶんは冷蔵庫へ。
その他は冷凍して保存しておきます。

春一番の報せあり 

カテゴリ:相方Uさんの記事

明日から渓流釣りが解禁します。
北陸、中国、九州の一部で春一番が吹いたとの知らせもありまして、いよいよ春がきなたと嬉しく思います。
ク~ですが、春まじかのニュースに接して外に出ていきました。
もしや・・・と外にでみてる、思っていたとおり道路脇に残っている雪で名残おしそうに雪かきをしておりました。

1雪かき

このひと、ほんと、雪かきが好きなんですねえ。
ク~には申し訳ありませんが、皆さん! 春が来ます。




衝撃的な味。イチゴうどん復活へ。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

イチゴうどん復活へ 試作

何年もまえからク~に復活を切望されているイチゴうどん。
初めて河原嶋に登場したのは4年まえ。
考案したのは私ですが、食べもしなで「あんなのウドンじゃない」なんて一部の人に言われて気分が腐ってしまって止めたままになっています。
ともあれ、ク~の願いをききまして、今日は新生イチゴうどんに向けた試作をしてみました。

1イチゴ「うどん

以前はイチゴソースにアングレーズソースを回しかけていましたが、今回はオムレツを乗せてみました。

2イチゴうどん

一口、食べて、以前に自分でつくっておきながら、衝撃的な味・・・。
私の口から出てきた言葉 ⇒ う、美味い!。やっぱりイチゴうどんは美味いんだ!。
自分でもびっくり。
これ、やっぱり美味しいので復活させたい。クセになる味かも。
問題はオムレツ。
オムレツをつくるのは7,8年ぶり。やっぱりうまく出来ませんでした。
先ずは美しいオムレツをつくることから始めます。

ク~さんの手作りバレンタインチョコレート 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ク~さんの手作りバレンタインチョコレート。

2バレンタイン

きょうは熟成日本酒を使った生チョコを頂きました。

2生チョコ

あしたからひとつづつ頂きます。
こんな美味しいものを、大鹿村の山奥で食べられるなんて、アメージング!。
ありがとうク~さん。

薪割り 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨年から冬季も店を開けるようになりまして、とまどっているのがウドン麺の水分量です。
冬の麺づくりの経験不足というわけですが、乾燥している冬の大気に合わせて水分量も変えるわけですけれど、このところ自分が定めている基準の水分量にプラス6パーセントの水でやっています。
茹で上がったとき、麺にもっと水分が入ったほうが私の欲しいウドンなのですが、これ以上、水分量を増やすとウドンが悲惨な状態になってしまいます。
いわば小麦粉と水の臨界点。どうにもなりません・・・。
で、夕方は薪割り。

1薪割り

降った雪がとけて、その水分をたっぷりと吸っている木の手ごわいこと! 
小麦粉も、こんなふうに水分を吸ってくれないものかのお・・・。





アメリカ軍の牛ヒレステーキ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

写真は私が考案した長芋のカリカリ焼きです。

1長芋

焼き終わって、皿に並べているとき、ふと思いだしたのが米軍、座間キャンプで食べた牛ヒレステーキ。
座間キャンプの建物の奥に日本人、立ち入り禁止のバーがありました。
その店のカウンターで食べた牛ヒレ肉がカリカリ焼きに似ていたんです。
私はそのとき20代の食べ盛り。その肉厚に感激し、食べるのも忘れてしばし見惚れていたのを覚えています。
たぶん、あれがアメリカの普通サイズ。
1ドル360円の時代に座間キャンプの近くにあった洋食屋。
その店の名物、10ドルステーキの大きかったこと! まるでワラジ。
あれもたぶんアメリカの普通サイズ。
今、朝鮮半島が騒がしいですが、アメリカというと私はあのステーキを思い出してしまいます。
アメリカの皆さま、あのステーキを食べて、平和でありますように。

本日のスイーツはプランタン 

カテゴリ:相方Uさんの記事

本日のスイーツはプランタン。

1プランタン

波模様の表情をもつビスキュイ・ア・ラ・キュイエール生地は想像以上の軽やかさ。
自家製のヨーグルトをプラスしてつくったという生クリームにはほのかな酸味があって、フルーツのフレッシュな甘味を優しくつつんでくれていました。
営業終了後、3時のお茶のときにク~が1切れ分カットしてくれまして、コーヒーで頂きました。
とっても美味しかったです。
ご馳走さまでした。

手づくりのボンボンショコラ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

手作りチョコレート。

1チョコ

店頭に並んでいるものとは一線を画す甘美な味。
バレンタイン用にご注文を頂いています。
一口サイズの世界ですが、作るとなると手間がかかります。
作るのはク~。私はテンパリングのお手伝い。
私のお気に入りは、赤スグリのギモーブと赤スグリのガナッシュを二層にしてチョコレートでコーティングしたボンボンショコラ。
それとカメオチョコ。材料のヴァローナ・エクアトリアルノアールとタナリヴァラクテの美味しさが際立ちます。

サバ猪鍋 

カテゴリ:相方Uさんの記事

山ノ内町の町民食「サバタケ」は、タケノコ汁にサバの水煮を加えたものです。
これが意外にも美味しかったので、ためしに猪鍋にサバの水煮を加えてみました。

1サバ缶


2猪にく

すると、サバの油と猪肉の脂が一つの鍋で溶けあって、なんともいえない食欲を失くす味になりました。
私は少し食べましたが、ク~は全く手をつけてくれませんでした。

3猪サバ鍋

これは大失敗でしたが、こういことの積み重ねは大切だと思っています。
河原嶋のうどん麺も、もとはといえば失敗から生まれたものですし、豚骨ラーメンのスープにしても失敗から生まれたものだからです。
失敗から生まれた料理は世界にはたくさんあます。
ともあれ、サバ缶はタケノコのような植物性のものと合わせるべし。
猪肉はもったいないので鍋から取り出しまして、焼き肉にして頂きました。





逆さ銀杏の贈り物、熟成酒。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿村の天然記念物、樹齢900年の逆さ銀杏の横に自治会の集会所はあります。

2逆さ銀杏

そこで新年の寄り合いをしたおり、台所の隅から封を切っていない一升瓶が何本かでてきました。
ジャンケンをして、勝った人から好きな酒を取ることにして、私は負けっぱなしで最後まで残っていた6年前の日本酒を持ちかえってきました。
日本酒は製造年月日の新しいものが良いとされていますから、6年もまえのものとなると劣化しているかもしれません。
おそるおそる口に含んでみたところ、カラメルのような甘味がありました。
熟成していたのです。
日本酒を熟成させようとすると、光を遮断するためにアルミ缶に密封して冷蔵庫で寝かせたり、新聞紙にくるんで涼しいところに置いておいたりしますが、それと同じことが集会所で偶然にできていたのです。
「逆さ銀杏のご利益じゃないの」とク~。
私もそう感じました。
飲んでしまうには惜しかったので、スイーツに使ってみてとク~に頼んでおいたところ、できてきたのか写真の生チョコです。

1生チョコ

口にいれると、しっとりしていて、深みのある甘味が口いっぱいに広がりました。
まさに逆さ銀杏の贈り物。
逆さ銀杏さま。
美味しいものを、ありがとうございます。

サバタケ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

これ、ウマ!

1サバタケ

あらためて空きかんを見直してしまいました。
根曲がり竹の味噌汁に、なんと! サバ缶を加えた有りえないタケノコ汁。
これ、北信の山ノ内町の町民食なんだそうですが、サバ缶はどこにでもあるわけですから、思いつけば誰でもやれるのですけれど、やったのは山ノ内町民だけ。
やったもん勝ちというか、今や官公庁主催の「世界に通用する究極のお土産」のノミネート品。
まさにコロンブスの卵。凄いと思いました。
が、コレってもしかしたら、山ノ内町の奥さんが手抜きではじめたのかも。
ええ~~い! めんどうだ、入れちまえって。
だとしたら、最初に食わされたダンナはどんな顔(*_*;したんですかね。
そのときダンナが、こんなもん食えっかって言ったら、サバタケはこの世に存在してなかった!。
ってことは、エライのは旦那ってこと?。
食べて美味しいだけでなくて、誕生秘話を想像しても楽しめるサバタケ。
ご馳走さまでした。

吊るし雛 

カテゴリ:相方Uさんの記事

運動不足ではと気にして生活をしています。
というわけで、きのうは午後から松川町の体育館にバトミントンをしに行ってきました。
靴もラケットも有料になりますが貸してくれるので気楽に行けます。体育館には人工芝が敷き詰められていて、私とク~のようなオジサン&オバサンにはこの方が足に負担がなくて快適。
まずはラジヲ体操から。それからコートのまわりを軽くジョギング。そして35年ぶりのバトミントン。
バトミントンは1分あたりの運動量はとっても高くて、きついスポーツではあります。
ここで1時間ほど汗を流しましたが、ク~の情け容赦ないドロップショットが炸裂!。アッシは何度も床を転がっておりました。
そのあと、隣接している清流園の温泉へ。

1吊るしびな

フロアでは吊るし雛をやっておりまして、春を先取りしたような華やかさ。
温泉からあがってくると肌はすべすべになっておりまして、心地よい疲労感を酒のつまみに晩ご飯を食べて大満足の一日でした。
それにしても恵方巻の廃棄をまだやってるんですね。
もうやめたほうがいいです。
日本の病。

朝食はフレジェ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

写真は昨日のク~のほぼ1年ぶりのフレジェ。

1フレジェ

カットするまえのものです。
このあいだ新百合丘にある有名シェフの店のフレジェを食べたク~は、久しぶりにフレジェに目覚めたみたいです。
今回はカスタードクリームの比率を高めたそうでして、スポンジに南信州産の蜂蜜を入れ、よりしっとりとした食感にしたそうです。
すごく美味しいと思いました。
というわけで、一夜明けた本日も、朝からコーヒーとフレジェ。
ありがとうク~さん。
でも、朝食はやっぱご飯と味噌汁がよいのかなと思いました。

本日が元旦 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日は今年、初の営業をしました。
この1か月のあいだ休業をしていたわけですが、久しぶりの厨房はさすがに緊張します。
きょうは朝5時半に目が覚めて、そのまま厨房へ。
ともあれ、初日を無事におえることができて、ほっとしています。
本日もご来店、ありがとうございます。

ク~の完璧な雪かきのフォーム 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨日は思わぬ雪が降りまして、午前中の雪かきで私はダウン。
午後はマッサージ機にのって休んでおりましたが、ふと気がつくとク~がいません。
もしや! と思い、玄関に行くと、やっぱり靴がない。
車にのって林道を下って行くと、いました。
林道を150メートルくらい下ったところまでク~は遠征して雪かきをしていました。
そこまで雪かきが好きだったとは・・・。

2雪かき

それにしても、ク~の雪かきのフォームは完璧です。いい感じで仕上がっています。
平昌オリンピックの競技種目に雪かきがないのを残念におもいました。

今年の初営業日の1日順延のお知らせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

思わぬ雪が降りまして、外したばかりのチェーンを付け直して林道の積雪の状況をみてきました。
前回、降った時よりも気温が高いので路面の雪は順調に溶けていました。
とはいっても、溶けた雪が夜には凍りますので、恐れ入りますが、明日の営業は見合わせたいと思います。
2月4日(日)から、本年度の営業を始めさせて頂きたいと思います。
恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。

1低画質。御礼の画像

ちなみに、2月4日(日)は満席となっております。

雪かきのプロ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

予想外の積雪です。
2時間あまりの奮闘で除雪は完了しましたが、明日からの営業始めをどうしたものか・・・。
チェーンを外したばかりでしたが、また装着して林道の様子をみてきます。
それから明日からの営業をどうするか考えます。
もし明日からの営業を延期する場合は、お知らせをいたします。
申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

1雪かき

それにしても、ク~の雪かきのフォームですが、腰が安定していていいですねえ・・・。
さすが!
よ! プロ!。

若く見えるメル 

カテゴリ:相方Uさんの記事

2月16日は長野県の渓流釣り解禁日。

1河原嶋

気分は盛り上がってきているのですが、雪がふってきました。

2メル

ところで、ついさっき長野放送に河原嶋のメルがでていたのですが、御年14歳とは思えない若作り。
人間の私たちは年相応に映っておりまして、これは不公平だなと思いましたが、この調子で長生きしておくれやす、メル殿。