FC2ブログ

2018年03月 の記事リスト

≪前月 |  2018年03月  | 翌月≫

満席のおしらせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

明日の4月1日(日)は予約で満席となっています。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

春の限定は「ヨモギうどんセット」1380円。
内容は、ヨモギうどんのザル、岩魚と筍の燻製、野菜の天ぷら、厚焼き玉たまご、漬物です。
プラス100円で天ぷらは小天丼にすることができます。
店頭で販売しているクーの焼き菓子ですが、ほぼ完売してしまいまして、もっかク~はお菓子の厨房にこもって頑張っています。
彼女の場合、お菓子のパッケージも自分で考えていて、そのデザインに夜おそくまで起きているので、頑張りますねえ。

4チョコ和くるみ

その甲斐あって!? リスさん、可愛いです。

新ラベル。馬のマークの大鹿一味唐辛子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

小渋線の桜並木がほころんできました。
というわけで、河原嶋の大鹿一味唐辛子も新ラベルにしてみようかなとデザインを考えていました。

2馬柄一味瓶写真(小画面)

で、こんなのはどうかなと。
大鹿村の自分なりのイメージなんですが、大鹿村で馬をみたことがないんですよねえ・・・。
まあ、イメージです。
で、馬のマークの大鹿一味唐辛子。
馬はバカにしたもんじゃないんです。
馬のマーク?の大鹿一味唐辛子は大鹿村のお墨つき商品なのです。
三遠南信特産品の認定商品でもあるんです。
鼻息があらいだけのお調子もののウマに見えますが、じつは頑張っているんです。
決めました。
新ラベルは馬でいきます。

携帯一味「どこでも大鹿一味唐辛子」発売開始 

カテゴリ:相方Uさんの記事

厚焼き玉子をキッチンガーデン田切に納品に行きます。

3たまご

携帯一味の「どこで大鹿一味唐辛子」も、これから納品にまわります。

4一味

行ってきまっす。

臨時休業のお知らせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

臨時休業のお知らせ
4月14日(土)、15日(日)は休業いたします。

1低画質。御礼の画像

4月17日(火)、愛知県名古屋市金山総合駅の連絡通路橋内イベント広場で長野県大鹿村観光物産展があります。
今回、河原嶋も参加をすることになりました。
4月14、15日の土、日は、その準備のため休業いたします。恐れいりますが、よろしくお願い申しあげます。
ちなみに、河原嶋が販売する品目ですが、大鹿村で平飼いされている鶏の卵をつかった厚焼き玉子と、大鹿村特産の大鹿唐辛子を使った大鹿一味唐辛子を販売する予定です。
お暇のあるかたは、いらしてみてください。

銅製のカヌレの型 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ク~の悩みだった銅製のカヌレの型ですが、ようやく思うようになってきたみたいです。

2カヌレ

テンロン製の型をつかえば悩むことなく焼くことはできますが、焼きあがったときのエッジの出かたが銅製にはかなわないのと、テフロン製は使い捨てなので、使っているうちに焼きあがったカヌレの品質が落ちていくのが難点です。
銅の型をつかえれば一番いいのですが、これはハードルが高いのです。
私も厚焼き玉子を焼くのに銅製の玉子焼き器を使っていますが、1000個、焼いて、やっと玉子焼き器との付き合い方がわかってきたくらいです。
銅製の調理器具で上手に焼くには1にも2もに道具の手入れ。火かげんもありますが、強すぎなければ凄く重要なことでもありません。
というわけで、ク~が銅製のカヌレの型を自在に使えるようになったら、町の直販所でカヌレが販売できればなあと思っていますが、いつになるのかなあ・・・。

1カヌレ


厚焼き玉子、田切デビュー。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

河原嶋の厚焼き玉子。
飯島町のキッチンガーデン田切にデビュー。

2玉子焼き

この玉子焼きですが、大鹿村、大橋農園の平飼い有精卵を5個つかっています。
無添加。手作り。

ちなみに、レシピは東京で厚焼き玉子で有名な鮨店のものを、そのまま使わせて頂ています。
東京の鮨屋の味の厚焼き玉子。
ご飯にすごく合います。
お酒のツマミにも。

焼き菓子。ブルクテアター。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

このところ唐辛子、唐辛子、唐辛子で頭のなかも真っ赤っか。
ここらで気分をかえるためにはク~のお菓子でも眺めるっきゃない。
ブルクテアター。

16小画面、ブルクテアター

ふい~。

携帯用一味 

カテゴリ:相方Uさんの記事

釣りに行こうと思いながら、こんなものを作っていました。

2一味

どこでも大鹿一味唐辛子
ペン型携帯用一味。

唐辛子の焙煎 

カテゴリ:相方Uさんの記事

先週の定休日は雨つづきでできなかった一味づくり。
雨の日にやると唐辛子がしけってしまうようでやりません。
本日の定休日は晴れてくれたので早朝から唐辛子を焙煎しています。

2焙煎

焙煎は一味の風味をアップさせるための作業ですが、カビの最終チェックでもあります。
唐辛子をカットして種を取りのぞきながら、唐辛子の内側に潜んでいるかもしれないカビのチェックはしていますが、焙煎のときにもみつかることがあるので気をつかいます。
ですが、今日はコヤツにかかりっきりになるわけにもいきません。
唐辛子がアマゴの朱点にみえてきました。
岩魚も口をあけて私がくるのを待っているような気がしてきました。
きょうは久しぶりの定休日の晴れ。
釣りにいかねばなるまい。

河原嶋の大鹿一味唐辛子、三遠南信特産品ガイドの掲載がはじまりました。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

三遠南信特産品ガイド。
河原嶋でつくっている大鹿一味唐辛子が認定されまして、この3月からガイドに掲載がはじまりました。
http://www.sena-tokusanhin.jp/home.html

大鹿村では河原嶋のほかに「大鹿さくら組のブルーベリーの枝染め」も認定されました。

なにしろ認定されていたのが浜松のウナギとか高森町の市田柿とかの全国区商品でしたから、どうかなと思っていたのですが、有り難い限りです。
これも皆さまのお蔭です。
ありがとうございます。

小画面、種抜き

フィジナンシェ。チョコ和クルミ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

フィナンシェ。チョコ和クルミ。

2チョコ

いい感じで焼けました。
和クルミは河原嶋産です。

それにしても、暖かくなってきました。いよいよ春本番。
この時期は板の間にある石油ストーブで部屋をあたためるようになります。
薪ストーブは部屋が暑くなってもとめることができないので、この時期は使いづらいんです。

テラス開き 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日はテラス開き。

2ペット連れのお客さま用テラス

冬のあいだに溜まった落葉を掃き掃除し、石の床をデッキブラシで磨きました。
テラス席は犬連れの方の専用席にさせて頂いています。4名様まで使えます。要予約。
明日からテラス席が使えますが、明日の24日はテラス席の予約がはいっています。

冬季限定「ビーフシチューうどん」、「熊肉のうどん」完売 

カテゴリ:相方Uさんの記事

冬季限定の「大鹿村の、アルプス牛のビーフシチューうどん」と「大鹿村で獲れた熊肉のうどん」ですが、完売いたしました。
ありがとうございます。

3ビーフ


4くま

さあ、いよいよ春です。
山菜が待たれます。

シンガポールの高級紅茶TWG 

カテゴリ:相方Uさんの記事

シンガポールの高級紅茶、TWGのティーバックに今週末からかえさせて頂きます。

4小画面、紅茶

TWGのこだわりはコットン100%の手縫いのティーバックにもみることができます。
これに伴いまして、お値段も少し上げさて頂きます。
(原産地)インド・スリランカ
フレーバーは4種類からお選びください。

1837ブラックティ
TWGといえばこれ。べリー系の花のブレンド。華やかな香り。
1837年はシンガポールで商工会議所が設立された年。この年をもってTWGの紅茶が本格的に輸出されるようになりました。

ロイヤルダージリン
心地良い甘みと香り。

フレンチアールグレイ
爽やかなアールグレイにお花のような香りをプラス。

アルフォンソティ
マンゴーのブレンド。

大鹿村の山奥で飲む至高の紅茶。
TWG、inかわらしま。

桜フィナンシェ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

春限定。
桜フィナンシェ。

3小画面、桜フィナンシェ

いい感じで焼きあがりました。

4小画面、桜フィナンシェ

今年初のヨモギうどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今年初のヨモギうどん出来ました。

6ヨモギうどん

ヨモギうどんの仕込み中 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ヨモギうどんの仕込中です。
ヨモギうどんは市販されているヨモギの粉を混ぜれば簡単につくれますが、ヨモギは生のを茹でたものに限ります。

1

茹でたヨモギを冷蔵庫で一晩、寝かせます。すると、ヨモギはもちろんですが茹で汁も色が鮮やかになります。

2

鮮烈な緑。雪をとかす春の色。綺麗ですね。水のかわりに小麦粉に加えます。

4

昨年までのレシピはありますが、ことし初なので緊張しました。最終的には手でさわって、目で見てOKをだしました。

5

で、もっか熟成庫で寝かせ中ですが、それにしてもアメリカ製のミキサー、バイタミックスは凄いです。

3

ヨモギはミキサーにかけないと、繊維がのこっていたりすると包丁切りができなくて苦労することになります。
で、うっかり最大出力のスイッチをいれたままバイタミックスのスイッチオン。
すると! フタを吹き飛ばして大切なヨモギ種のはいった汁を噴火させました。
なんとかなりましたが、気をつけましょう。
バイタミックスはアボカドの種も粉砕してしまいます。

本日は雪 

カテゴリ:相方Uさんの記事

週に一回ですが水泳をしています。
きのうはその水泳日。
気持ちよく泳いだあとは、いつもの店でお食事。
午後の9時に寝て、朝9時にお目覚め。いちども目が覚めることなく12時間の爆睡。

4

あ~~~よくねたあ~~とカーテンを開けると、なんと! 一夜にして雪景色になっています。

5

ほらほら、メル、雪だよ。
メル人形を鼻先にもっていくと、うおおお~~ん、とお返事。
雪がふって喜んでいるメルでした。

山塩フィナンシェ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

山塩フィナンシェ。

3フィナンシェ

いい感じで焼けました。

4フィナンシェ

店頭にて販売しております。


ヨモギの新芽を練りこんだヨモギうどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうはヨモギ摘み。

3小よもぎ

待ちに待ったヨモギが敷地内に生えてきました。
ヨモギは新芽に限ります。柔らかくて、香りがよくて、味もよし。
思いだすのが、鎌倉は若宮大路の横丁にあった和菓子屋さん。その店の名物がヨモギ餅。ヨモギは長野県産がいちばん香りがよいと言っていました。店で使っているヨモギは長野県から送ってもらっていたそうです。
あるとき、店のまえにタクシーがとまりまして、年配の客の男がタクシーからおりてくると、1個80円のヨモギ餅を5、6個、買って、待たせておいたタクシーに乗って帰っていきました。
ヨモギ餅を買いにタクシーで来るなんて、鎌倉だな~て思ったわけですが、それも美味しいヨモギ餅があればこそです。
ヨモギ餅も美味しいですが、ヨモギうどんも美味しいです。
ですが、粉になって販売されているヨモギ粉を加えてつくったヨモギうどんはNG。
ヨモギうどんに加えるヨモギは生に限ります。

4小よもぎうどん

新芽のヨモギを茹でて、一晩、冷蔵庫にいれておいたものがベスト。ヨモギは茹でたてよりも、一晩、冷やしておいたほうが色が各段に鮮やかになります。
ヨモギうどんの食べかたですが、私はザルで食べるのが一番、好きなので、こんどの限定は「ヨモギの新芽を練りこんだうどん。ザル」に決定です。

赤いコンニャク。カレーにも大鹿一味唐辛子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

滋賀県は近江八幡の名物、赤こんにゃく。
味に厚みがあるというか、食感もコンニャクらしからぬシッカリとしたものがあります。
滋賀県の赤・・・戦国時代、越前から北国街道をとおって京都方面へくだってくると正面にみえてきたのが弁柄色(赤色)の安土城だったとか。
その城主、信長が赤い長襦袢をまとって踊り狂ったのにあやかったのが赤コンニャクのはじまりなのだそうです。

1小画面焼き

昨夜は赤コンニャクを練りもので巻いた「こんにゃくかくれん棒」を網で焼いて頂きました。

2小画面切り

ぱりっと焼けた練りものの食感。赤コンニャクのもっちりとした歯触り。これは美味しいです。
一方、長野県は大鹿村の赤といえば大鹿唐辛子。
それを一味にしたのが大鹿一味唐辛子。

3小画面カレー

うどん、蕎麦、ラーメンだけでなく、私の場合、カレーにもかけます。すると、普通のカレーがもっと美味しくなります。
滋賀県の赤は信長。
大鹿村の赤は唐辛子。
いい勝負!・・・かなぁ。

春のイチゴクッキー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

春のイチゴクッキー。

2イチゴクッキー

河原嶋が運営しているムーンメルゼの通販サイトにはのせてませんが、春にはかかせないお任せギフトの一品です。
苺プリンセスのイラストは、プロのイラストレータさんに描いてもらった河原嶋オリジナルです。

カヌレの銅の型の養生 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうはカヌレの銅の型の養生

1カヌレ

ク~はほかの養生のやり方も試したみたいですが、満足がいかなくて、今日は私がやっている銅製の玉子焼き器の養生のやり方でやっています。
玉子焼き器に糖分が付着することが、厚焼き玉子がうまく焼けない原因なので、私は玉子を焼き終わると必ず玉子焼き器を油で煮ます。
で、鍋にカヌレの型をいれ、油をたっぷりそそいで加熱。
200℃になったら火をとめて、そのまま一晩おきます。
カヌレの型にしても、たぶんこれが最上の養生の仕方だと思うのですが、どうでしょうかねえ・・・。
結果は、明日、わかります。

通販サイトのお手入れ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ながらく放っていた!!河原嶋が運営している通販サイト「ムーンメルゼ」のお手入れをしました。
http://moonmeruze.cart.fc2.com/

なにしろ河原嶋内での新商品の出がはやくて、通販サイトに掲載するのが後手になってしまって、そのままになっているというのが正直なところです。
ク~が一番、買ってもらいたいのはカヌレですが、私が反対をしていて今回も通販の掲載は見合わせました。

3カヌレ

あれは通販で送ると、そのあいだいに味が落ちてしまうので、ムーンメルゼで売るわけにはいかんのです。
食べたい人はお店でどうか食べていってくだされたし。
お店の実店舗と、インタネットの架空店!の両方を、これからは真面目に!!やっていきたいと思っています。
ところで、今日は店主の私の健康診断が大鹿村の診療所でありまして、いまのところ悪いところはなさそうです。
先生からは、「体は元気なので、もっと働くように」との激励!!を頂いて帰ってきました。
ありがとうございます!

美味しい一味の復活 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿一味唐辛子の通販サイトですが、昨年の10月からSOLDOUTになっていましたけれど復活しました。
http://moonmeruze.cart.fc2.com/ca8/18/p-r8-s/

今年は昨年の2倍、作るつもりです。年間を通じて一味があるようになるのではと思っています。

厚焼き玉子の帯 

カテゴリ:相方Uさんの記事

私めがつくっている厚焼き玉子ですが、昨年の半ばから大鹿村の平飼い鶏の有精卵にかえてから、注文もぐっと増えまして、せっかくなのでハレの感じで帯を考えてみました。

2小たま

この卵焼きをたべると、なにかいいことありそうな。
ニワトリさんに、ありがとう。


像ラーメン店の一夜 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうは一日、新たに発売する予定の「どこでも大鹿一味唐辛子」のデザインをしていました。
ようやく、ほぼ出来上がってきました。
で、頭のなかを開放するというわけでもありませんが、訳のわからない絵を、絵! というには稚拙で、くだらないものを描いているとホッとします。
で、今宵は「ぞうラーメン店の一夜」

1zぷ

ゾウがラーメン店をはじめたらどうなるのいかな~って、そうゾウして描いていました。
なにを描いているのが自分でよくもわりまへん。
わかっているのは、大切なものって、自分のすぐとなりにあるってことだす。
それにしても、ひどいね~この絵。

浦島太郎の天龍アマゴ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

6まえ、漁協の組合員になろうと思って訪れた下伊那漁業協同組合。
その事務室に飾られていたのがヘラブナのような幅広の45センチの天竜アマゴの魚拓でした。
こんな大きなアマゴ見たことない!。

4さお

で、新調した天竜川用のフライロッドとフライリール。
写真がそれですけれど、山奥で始めたウドン屋がおもしろくなってしまって、はっと気がついた!? のが今年のはじめでした。
いかん! このままでは竜宮城で月日のたつのも忘れた浦島太郎になってしまうがな・・・。
まだ一度も使っていない竿とリールを取り出して、今年は生活の中心に釣りを据えることを誓いました。

3唐辛子

で、きょうは暖かくて、表にでて唐辛子の種抜き&お掃除。
ラジヲを聞きながら、けっこういい時間をすごさてもらいました。
なんて気持ちいいんだろう・・・このまま浦島太郎に・・・。
まあ、楽しくやりまひょう。

唐辛子三昧 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうも唐辛子の種抜き&お掃除。

3種抜き

「これ、どうする?」とク~。
唐辛子の一部分がちょと黒っぽくなっているだけで、問題はないと思いましたが、「ク~だったら、それ、食べる?」と私がきくと、「食べない」とのこと。
基準は自分が食べたいのか食べたくないのか。
一味はスパイスとよばれていて、案外、忘れられがちなのですが、野菜です。
で、ク~はその部分をカット。
昼は昨日と同じペペロンチーノ。
大鹿唐辛子が納品されてからペペロンチーノ三昧。

4_20180311172256bce.jpg

私が好きなのはキャベツのペペロンチーノですが、キャベツがなくなったので本日は菜花。ムール貝を加えてみました。
辛くて美味しかったです。
明日もペペロンチーノかな。

お菓子づくりウィークの終了 

カテゴリ:相方Uさんの記事

久々に雪掻きができるとク~は夕べから期待をしていみたいですが、一夜あけてみると道路の雪はとけておりました。

1かわ

ク~にとっては残念な雪でしたが、私にとってはホッとさせてくれる良い雪でした。

2お菓子


3お菓子

写真はホワイトデー用に頼まれていたお菓子です。
これをもちましてク~のお菓子づくりウィークも終了。