フランス産エシレのバターを使ったフィナンシェ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

カフェかわらしま内にある焼き菓子の店、ムーンメルゼからお知らせ。

フランス産エシレのバターを使ったフィナンシェの販売をはじめました。
これを求めて都内の店では長蛇の列ができていまして、じっさい、エシレのバターをつかったフィナンシェは、これまでのものとは全然ちがいます。
味が深くてふくよか。まるでミルクのようにバターの風味が口のなかにひろがっていきます。
フィナンシェの材料は小麦粉、卵白、バター、アーモンドだけですから、バターの品質がどれだけ重要かを改めて知らされてしまいます。
ムーンメルゼの場合、上記の材料に大鹿村特産の山塩をほんの少し加えています。
販売価格は1個230円。カフェかわらしまの店頭でのみ販売。
フランス産エシレのバターを使ったフィナンシェ。
バターの価格が高いので、販売価格も高くなりますが、都内では1個300円で販売されている焼き菓子です。


4エシュレ


5エシュレ


6エシュレ



毎晩、卵をみにくる森アオガエル 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨晩も、モリアオガエルさんが姿を見せてくれました!
卵の様子が気になるのかな~

1森アオガエル

昨日の酒のつまみ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

夏野菜のイタリアン風。パルジャミーノレッジャーノの煎餅添え。
夏野菜がおいしくなってきました。というわけで、酒のツマミにつくってみました。
野菜とキウイをてきとうに切って、オリーブ油で炒め、イタリアンハーブソルトを振りかけただけですが、焼酎にあいます。
ついでにパルジャミーノレッジャーノの煎餅をつくりました。
パルミジャーノレッジャーノをすりおろしまして、パン粉と混ぜ、テフロンのフライパンに平に敷いて弱火にかけます。
チーズが溶けて焼き色がついたら裏返し、両面をこんがり焼いてできあがり。
お酒がすすみました。

2