FC2ブログ

仕込みの合間の竿づくり 

カテゴリ:相方Uさんの記事

夏休みの振りかえ休日もきょうで終わります。
あすからの営業むけて、本日は朝から仕込をしていましたが、それも早く終わったので、ワカサギ用の竿づくりのつづきをしていました。
きょうは2本、竿らしきものができました。あとはガイドを取り付けて、はやく完成品がみたくなりました。
自作の竿で釣ってみたいということもありますが。前回、釣ったワカサギを南蛮漬けにしたところ、これが素晴らしく美味しくて、年内にもう一度、諏訪湖へ行きたくなりました。
自作の竹竿をしならせて、ワカサギがじゅづつなぎ。
帰ったあと、ワカサギで一杯。

3ワカサギ用の竿づくり


4ワカサギの南蛮づけ


自動運転バス 

カテゴリ:相方Uさんの記事

いまの山暮らしは快適ですが、車が運転できなくなったときは厳しいかもなと思っています。
そのとき、歩いていける範囲に食事処はあるのか。
歩いていける範囲に生活用品を買える店はあるのか。
そんな私が最も期待しているのは自動運転の車。
このあいだ長谷の道の駅で遭遇した自動運転のバス。
まだ実験の段階のようですが、一般の車が自動運転になったとき、私たちの暮らしも変わるんでしょうねえ。
私の夢と期待をのせて、自動運転のバスは颯爽と出発していきました。

2ばす

冬季休業のお知らせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

冬季休業のお知らせ

12月24日~2019年2月1日まで休業いたします。
新年は2月2日(土)より営業いたします。

12月16日(日)は逆さ銀杏の落葉の掃き掃除と、自治会館の掃除のため休業いたします。

1冬休み猫

冬の夜長のクリスマスツリー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

もうすぐ12月。
というわけで、クリスマスツリーを飾りましたが、山奥の村にクリスマスはありません。
大鹿村は12月にはいると、クリスマスのクの字もないままお正月になります。
クリスマスは商店がつくっていたのだなと改めて思いますが、それでもクリスマスツリーを今年も飾ったのは自分のためです。
冬の夜。薪ストーブとウイスキー。
そのよこでクリスマスツリーのイルミネーションが寒そうに点滅しています。
これはこれで冬の夜長を慰めてくれます。

2クリスマスツリー

熊うどん、始まります! 

カテゴリ:相方Uさんの記事

冬限定、南信州の熊肉うどん。
お待たせいたしました。いよいよ! 12月1日(土)からはじめます。
ご提供価格は昨年まで1980円でしたが、今年は例年よりも熊肉を安く仕入れることができましたので1780円にて提供させて頂きます。
ちなみに、使っている熊肉の量はお一人様分、生の状態で110gあります。
煮込みおえるとお一人様分、70g前後になります。
お待ちしてま~す。

2小画面熊うどん

山の恵みのペペロンチーノ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ひと月ほどまえに天然のキノコをたくさん頂いて冷凍しておきました。
きょうはそのキノコを頂いた方を招いてささやかなキノコを食べる会。
まずはアカヤマドリ茸のポタージュ。
それから黒小麦のクレープに乱切りしたキノコを挟んだガレット。
〆はタマゴ茸、ショウゲンジ、ヤマドリ茸モドキのペペロンチーノ。
冬をまじかにして、秋を思いながらの贅沢なひととき。

2きのこパス

上田。焼きとり屋の夜。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

暖簾をくぐってはいった焼き鳥屋。
オヤッサンの仕事ぶりを囲んで飲む酒に思わず落涙。
酒場。
そこに集う人たちがいて、町がある。
昭和生まれの私が失ってきたものがここにありました。
ありがとう上田。
また来ます。

4焼きとり


5さなだ


6_201811251929439d3.jpg



山奥の冬の手慰め 

カテゴリ:相方Uさんの記事

釣竿づくり。
時間がゆっくと流れていきます。

1さおづくり

臨時休業のお知らせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

臨時休業のお知らせ
12月16日(日)

逆さ銀杏の落葉の掃き掃除と集会所の清掃のため休業いたします。

1銀杏

海にいきた~い 

カテゴリ:相方Uさんの記事

来年の目標を三伏峠にいくことと決めたク~は、私をまきこんで山歩きに行ったのですが、山は初めてというク~は足を痛めてしまいました。
で、ク~に歩き方をみせてもらったところ、商店街のタラタラ歩きとおなじなんですね。これでは足を痛めてしまいます。
で、ただいまク~に山の歩き方の特訓をしております。
写真は海の小物釣りの風景です。
山もいいですけれど、海にいきた~い。
私は海育ちなので、海が懐かしいです。

2うみ

大鹿村でみつけた狼型害獣対策ロボット 

カテゴリ:相方Uさんの記事

午後のおそい時間にク~と村内のぶらぶら歩き。
古い家がぽつぽつ建っている長い坂道をのぼっていくと、ひときわ古い一軒の家に人の気配が。
通りすぎようとして、家から人がでてきました。
その方、一瞬、氷ついて、私たちに釘づけ。
それから、口の動きからして、あきらかに「お!」と言っていました。
わかります。この村では歩いている人を見るのは珍しいのです。
河原嶋でも歩いている人をみつけると、「お」と言って、思わず見入ってしまいます。
ところで、写真は大河原でみつけた狼型害獣対策ロボットです。
夜、獣が近づくと感知して物凄い吠え声をだすらしい。
これは一度、夜に見にいく価値がありそうですが、赤い目をして、すごい恐い顔をしていました。

3狼型害獣対策ロボット

オレが馬になりたいよ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

河原嶋がつくっている馬印、大鹿一味唐辛子の原材料の大鹿唐辛子を来季分として50㎏発注してあります。
来季は出来あがる製品の数も千本を軽く越えてきますから、瓶のラベルもこれまでのように手で貼っていたのでは間に合いません。
で、もっかシュリンク包装の検討をしていますが、その包装を自動でおこなうヒーティングマシンも必要になります。
それから、焙煎もこれまでのようにフライパンでやっていたのでは手におえないので、焙煎機の検討もしているところですが、なにが一番、困っているのかというと、それらを設置する場所に苦慮しています。
河原嶋の厨房はもう入りそうもありません。
困ったもんですが、馬は気楽そうです。
うま~て言っていればいいんですから。
オレが馬になりたよ。

2うま


疲れぎみのオッサンの簡単バーベキュ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

河原嶋は昨日からおそい夏休みにはいりました。11月30日まで店は休業いたします。
さて、長期休暇の第1日めの昨日は「道の駅歌舞伎の里大鹿」の河原でバーベキュー。
道の駅歌舞伎の里大鹿には[スーパーきらや」が入っているので、ふらっと出かけても必要なものが現地で買える気楽さがよい。清潔なトイレもありますし。
で、お疲れきみのオッサンとオバサン(すまん)がチョイスしたのはカセットコンロ。これにイワタニ のフッ素加工 焼肉プレートを乗せるだけ。
あとはトッテをまわし、カシャッとやって点火。即、焼き肉がはじまりまして、あとはビールを飲むだけ。
ちなみに、道の駅歌舞伎の里大鹿には食器の洗い場はありませんので、使い捨てのコップとお皿を用意しました。
カセットコンロを選んだのには、使い終わった炭で河原を汚すのを避けたこともあります。
蛇足になりますが、イワタニ のフッ素加工 焼肉プレートは焼肉用の鉄板で検索すると一番人気の商品でした。
お値段はインターネットの最安値で800円でした。でも送料がかかるのでホームセンターにあった1500円のを購入。
使い終わったあとの洗浄も楽で助かります。
お疲れぎみの人のバーベキューは、お手軽、簡単、手間なしが一番ですね。


5バーベキュ


6バーベキュ


7バーベキュ


8バーベキュ



バーベキューの予定 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうの営業を終えると河原嶋は23日まで遅い夏休みにはいります。
8月から営業をはじめた「道の駅舞伎の里大鹿」の納品に追われ、8月、9月はまったく休めませんでしたから、やっと、きた~て感じです。
さて、明日の夏休み第1日めは、道の駅舞伎の里大鹿の裏の河原でバーベキューの予定です。
大鹿村の道の駅には食器の洗い場はありませんが、「スーパーきらや」がはいっているので、使い捨ての紙コップ、紙の皿はもちろんですが、肉、焼き肉のタレ、ビールなんかも現地調達できます。
なので、私としてはカセットこんろとフライパンをもって、ふら~と出かけられるというわけです。
明日の天気は晴れ。気温は低そうなのでちょっとだけ厚着して行くべし。楽しませて頂きま~す。
写真はそんなこととはぜんぜん関係のない歌舞伎弁当。
うまかった~。

2歌舞伎弁当

本日も無事、終了。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

本日もご来店ありがとうございます。
閉店後、電話をみると着信有りの表示。でも、電話の音は全然、聞こえませんでした。営業中の電話って、耳にはいらないことがたびたあります。
でも、電話が鳴っているのは判っていても、電話に出られないこともあります。
私は揚げ物をしていて手がはなせなくて、ク~は接客をしていると出ることができなくなります。
ともあれ、本日も終了いたしました。
またのご来店をお待ちしてま~す。

2満席

出番を待ちの薪ストーブ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

川向こうの木々も葉をおとしまして河原嶋はいよいよ秋が深まってきました。
この時期になるといつも思うのは大鹿村は冬がながいな~ということです。
春めいていくるのは5月あたりですから、これから半年は冬。
そんな冬の楽しみは鍋。
それから薪割り。これがけっこう楽しいのです。
薪割りで汗をかいて風呂にはいりビールを飲む。薪割りのほどよい疲れがよく眠らせてくれます。
さて、河原嶋は今年も冬の営業をいたします。
薪ストーブも出番を待っています。

3冬の店内


4薪ストーブ


熊うどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

本日も鍋焼きうどんの試作をしまして、なんとか形にいたしました。
恥ずかしながら、こんどの営業から限定メニューとして登場させて頂きます。
河原嶋はモチモチモッタリのウドンでやってきましたが、鍋焼きうどんにつきましてはボキボキの素朴な麺にして、シラネ小麦の風味を全面にだしてみました。
トッピングはエビ天、ハマグリ、黒毛和牛のすき焼き、カボチャ、ネギ、落とし卵になります。
さて、その次はいよいよ根強いファンのいる熊うどん。
写真がそれです。12月から登場させたいと思っています。
ビーフシチュうどんもやりま~す。

2小画面熊うどん

和クルミのフィナンシェ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

和クルミのフィナンシェ。
河原嶋で採れた和クルミだけで作りました。
数は多くはありませんが、お試しで明日、道の駅、歌舞伎の里大鹿においてみます。
1個185円。
この値段で販売できるのは、たぶんここだけ。

2和くるみのフィsナンシェ

イチゴうどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

フツーの鍋う焼きうどんを作ったところ、河原嶋の鍋焼きうどんはこれじゃないって気がつきまして、河原嶋的な鍋焼きうどん作りをはじめました。
まず、気にいらなかったのが麺。
自分は「ふわふわモチモチ」の麺を目指していますが、この麺で煮込んでしまうとモタッとして途中で食べ飽きてしまいます。
なので、麺の茹で方を変えて、小麦の風味を前面にだし、ちょと硬めの麺にしてみました。
自分としてはこっちのほうが食べ飽きなくて、ク~に意見をくと、ク~もこっちのほうが良いとのこと。
もともと、こんな麺ならどうかなと言ったのはク~でして、私がそれにのって作ってみたわけです。
で、麺はこれに決定。問題は麺に乗せる具材。私が一番これじゃないって感じたのは蒲鉾。
自分的にはこれは昭和時代のもので、現代はこれに代わる今風のものがあるはず。
蒲鉾から離れないと、と感じていたわけです。
蒲鉾はあの赤色が目出度さを演出していて、うどん鉢に花を添えていたわけですが、それに代わるもので、蒲鉾の存在理由は踏襲しつつ、蒲鉾よりも目出度くて、蒲鉾よりも風味があって、花のある食材・・・。
昨日、それらしき食材に思い当たりまして、発注してみました。で、試作です。
ところで、写真はイチゴうどんです。
ク~が来年はゼッタイにやると言っております。
私は腰がひきぎみです。

2いちごうどん

フレッシュトマトのペペロンチーノ風うどん 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨日、河原嶋を開業して初めてメニューとして鍋焼きうどんをつくりました。
ふつーの鍋焼きうどんというク~の要望で簡単に考えていましたが、お客様に提供する段になって気持ちにブレーキがかかっていました。
河原嶋の鍋焼きうどんはこれじゃないって思っていたわけです。
今まで一風、変わったうどんを作ってきましたが、それは大鹿村の山奥にある店という立地が私に作らせていたものです。
で、鍋焼きうどんですが、具材のヒントとして、ふと頭に浮かんできたのは大鹿村の葦原神社でお世話人をしていたとき大晦日の神棚に飾られていた供物。
イワシの焼き魚。
命じられて焼いたのは私。
焼き方が上手いと褒められまして、表七分、裏三分の頃合いで焼いたのがよかったのかなんて話はおいといて、大鹿村山奥のご馳走は海のものなんだなとそのとき感じ入っていました。
神さまが喜ぶ鍋焼きうどん。
思い返すと、いままで私がつくってきてものは、すべて神様への供物だったような気もします。
話はぜんぜん変わりますが、写真はフレッシュトマトのペペロンチーノ風うどんです。
大鹿村の大池高原のトマトが採れたときにだけ一瞬つくります。

2

フツーの鍋焼きうどん始めます 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きょうも多くの方にご来店いただきまして有難うございます。
秋限定の大鹿産天然キノコのうどんが本日で完売しまして、明日からはク~が要望していた秋冬限定のフツーの鍋焼きうどんを始めます。
フツーの鍋焼きうどんなので写真はありませんが、海老は大きいのが1本より小さくてもいいから2本にしてとク~がシツコク食いさがるので2本にしました。
あとはフツーの鍋焼きうどです。
さて、明日は大鹿村交流センターで大鹿村産業文化祭があります。
盛りだくさんの内容で皆様のお越しを待ちしております。
河原嶋は通常どおり営業をしていますが、産業文化祭には「稲」を出品させて頂いています。
今年も草取りで泥だらけにさせられ、秋は雨で沼のようになって稲刈りにダダをこねたやんちゃな河原嶋の田んぼで採れた稲です。
そんなへそ曲がりな田んぼで採れた稲でいいのってきき返しましたら、精魂かけて作ったからいいだって言ってくれまして、やっと救われた感じがしました。
有り難かったです。

2ご飯

ねこ、一人負け。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨夜、窓のすぐ下でネコのスゴム声が湧き起こりました。
最近、ハクビシンが河原嶋に出入りしていたので、猫とハクビシンが遭遇して壮絶な戦いがはじまったのかもしれません。
ともかく、すこぶるうるさい。
ク~は立あがって、窓を開けると、私もびっくりするくらいの大音量で、窓の下にむかって、「ぎやああ~~~」と威嚇しはじめました。
これは凄いです。ク~にこれほどのファイトがあったとは・・・。しばらくは逆らわないほうがいいかもです。
ネコVSハクビシンVSク~。
成り行きを見守っていると、ほどなく静かになりました。
翌朝、いつもの場所にハクビシンの糞、有り。
状況からして、どうやらハクビシンが勝ったようで、ク~もあれから何事もなかったように寝ておりましたから、どうみても猫の一人負け。
猫、頑張ろう!
一夜明けたきょうは仕込みの日。
ク~はスピッツをききながらノリノリで焼き菓子をつくっていました。

1く

大鹿村の山里を歩く 

カテゴリ:相方Uさんの記事

晴天が里を歩こうと誘っておりました。
水をいれたペットボトルをリュックに放りこみ、河原嶋の上にある沢井地区へふらふらと出発。
歩きはじめてしばらく行くと地元のかたに遭遇。ここで立ち話。昔の大鹿村物語に花が咲きました。
で、また歩きはじめると、またまた地元の人に遭遇。ここでも立ち話。
などとやっているうちにお腹がすいてしまいUターン。というわけで本日の歩数は7700歩。
山のなかを歩くのも楽しいですが、山里もいいなと思ったのは地元のひとに遭遇すること。そして立話をすること。これは楽しいです。
時間がゆるすまでふらふら出来るように、こんどはオニギリを持っていくべし。
ともあれ大鹿村最奥の山里の秋を堪能しました。
大鹿村はもうすぐ猟期にはいります。
猟犬が出番をまっておりました。


11沢井自治会館


12さわい


13さわい


14沢井


15沢井


16猟犬



蕎麦屋では蕎麦を食べるべし 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ふつーの鍋焼きうどんをこの冬にやって欲しいとのク~の要望にこたえて鍋焼きうどんを食べ歩いております。
昨日はメガネを買いに走ったついでにフツーの鍋う焼きうどんを食べて帰りました。
行ったのは蕎麦屋さん。でも手打うどんもやっているとの情報で入店。
すると、満席。
皆さが食べておられるのは全員が蕎麦。誰もうどんなんか食べていません。新蕎麦をやっているそうですから当然だと思います。
私も蕎麦が食べたくなりましたが、ここは初志貫徹で鍋焼きうどんを注文。
出てきたのが写真の鍋焼きうどん。1200円。
一口たべて、ううう・・・。こ、これは拷問です。
出しつゆは蕎麦用のを使っているらしく、ちょっとしょっぱくてうどんには合わないなと思いながらク~をみると結構、ご満悦。
このひと、ただの鍋焼きうどん好きなんですなあ。
私はツライくなりました。
この汁でうどんなんか食べてる場合じゃありません。
こ、この汁で、し、新蕎麦がたべた~い・・・。
やっぱ蕎麦屋では蕎麦をたべるべし。
こんどは蕎麦を食べにきます。
失礼しました。

1nbveuai




やっと脱穀、終了。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

脱穀、やっと終了しました。
今年は雨の影響で稲のはがざかけ期間が最短のもので1週間、最長のもので一か月とバラバラ。
はざかけの時間は通常で10日~2週間といわれていますが、この秋は雨でしかたなく長いものもありまして、はざかけの時間がながいと胴割れや砕け米になります。
おまけに、はざかけしていた時間も稲によりバラバラなので、お米に含まれる水分量もまちまち。
そんなわけで今年のお米は上等ではないかもしれないけれど、苦労して作ったぶん、美味しく頂くことができました。
しかも、収穫量は例年の2倍!。
昨夜はご飯茶碗に3杯、食べて大満足。
ありがとう、田んぼ。
それと稲。
お日様。
雨。


4PB051567.jpg


5r名称未設定-2


6ご飯

ボケシニア愛。100円ショップ。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

メガネ2個がこのところ相次いで行方不明になっています。
河原嶋のどこかにあるのは間違いないのですが、見つかりません。
メガネのない暮らしはとても不自由。
で、急きょ、メガネを買いに町に走りました。
100円ショプにて、メガネとメガネチェーンの2点で216円。
どうせ失くすのだからと買ったにしては、十分な見えよう。
100円ショップ。
メガネを失くすオジンには有りがたい存在。
ボケシニアになりかけの私は、これからは100円ショップ愛でいくっきゃないでしょう。

1めがね

馬印、大鹿一味唐辛子。ほぼ完売のお知らせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

河原嶋がつくっている馬印、大鹿一味唐辛子ですが、ほぼ完売状態になりました。
あとは大鹿村の道の駅と塩の里直売所、松川町の恵比寿やさん、飯田市の加藤酒店様にあるぶんで今季は終了となります。
来季は1500本つくる予定です。
これで一年を通じて在庫が切れないようになるのではと思っていますが、昨年もこの時期に同じことを言っておりました。
なにはともあれ、ありがとうございます。

5一味瓶


6ごめん


馬印、大鹿一味唐辛子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨日の日曜日は大鹿村の道の駅で一味の瓶詰めが完売しており1本もなくて申し訳ありませんでした。
本日、納品してきましたが、今季もあと残りわずかとなりました。
来季は1500本つくる予定ですので、一年を通じて在庫があるようになるのではと思っていますが、昨年の今頃もおなじことを言っていました。
ともあれ、来季もカフェかわらしまの馬印、大鹿一味唐辛子を宜しくお願いいたします
ところで、ふつう、一味は唐辛子を丸ごと粉末にして瓶につめていますが、大鹿唐辛子の特徴として種には風味も辛味もほとんどないので、カフェ河原嶋では種を取り除いています。ついでに内部に潜んでいるカビも除去。
この工程で元の重量の6割を捨ててしまいます。
普通の一味のように丸ごと粉末にすると、大鹿唐辛子の場合、半分以上が味も風味もない種になってしまいます。これでは美味しいはずがありません。なので、種を除去します。
その後、強めに焙煎します。これで風味がアップ。
粉末にするさいも、粒子の大きさを通常のものよりも細かくすることで、美味しさを際立たせました。
店主、入魂の一味です。
どうぞ、お試しください。

4種抜き


5一味瓶


6爪あえ



山塩クッキー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きのう、きょうと忙しくさせて頂きました。
ありがとうございます。
で、閉店後、大鹿村の道の駅に山塩クッキーの納品。
一味と山塩フィナンシェは明日の午前中に納品いたします。
明日はそれから戻ってきて脱穀。だというのに今日の夕方から予定外の雨が降っています。
明日の午前中は晴れの予報なので、なんとか明日、脱穀ができればよいのですが、今年の稲作は最期までお天気に振りまわされっぱなしです。
お天気は、お天気やだすなあ。
ところで、山塩クッキーですが、今日の読売新聞の日曜版に紹介されていたようです。
ありがたいです。

2やましお





予約満席のお知らせ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

11月4日(日)は予約で満席です。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

1低画質。御礼の画像