FC2ブログ

レモンサワーを越えたレモンサワー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

愛知県産の無農薬完熟レモンをたくさん頂きまして、このところレモンサワーにはまっています。
レモンも完熟と普通のとでは全然、美味しさが違うんですね。まろやかなレモンの酸味を初めて知りました。
ならば、もっと美味しくなるかもと思いついて、ボリビアの蒸留酒シンガニをチョコッと加えてみました。
すると、シンガニの原材料のマスカットの甘味と、完熟レモンのまろやかな酸味の華やかな競演。これはもしかしたらもうカクテル。
レモンサワーを越えた上品な飲物になっておりました
さて、昨夜のツマミには焼き枝豆をチョイス。
枝豆は茹でるより焼いたほうが美味しいのだ。


2

登山者注意。南アルプス塩川林道の現場。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

先日、塩川林道の崩落地を越えてきた登山者と河原嶋で遭遇。
お話を伺うと、冬は土砂が凍っていてまだましだが、夏にそこを通過するのは極めて危険、との情報を得ました。
一昨年の台風で河原嶋周辺の塩川も一変しました。余談になりますが、中州にありながら全く無傷だったのが三峰様。まさに奇跡。
その鳥居から下流を眺めると、崩落した林道の復旧工事もおわった真新しい林道と、荒れ果てながらも復旧工事のおわった塩川が見えました。
一昨年の台風で塩川の源流域がどうなったのか。それも見ておきたくて、きのうは塩川小屋まで行ってみることにしました。
河原嶋橋から上流の塩川林道は現在、通行止めになっています。
歩いて行くのも禁止されていますが、それは自己責任での看板があります。
崩落したままの林道の現場には河原嶋から徒歩、約1時間。先日の登山者はここを突破してきたわけですが、見るからに危険。
冬はまだましとは言っていましたが、現場をまえにすると、冬でも通過をする気にはなれません。
私たちはここでウェーダーに履きかえて渡渉しました。増水でもしない限り流れはそれほど強くはないので、崩落した林道跡を歩くよりもはるかに安全です。
この林道をあてにしている登山者は、渓流タビをぜひザックに忍ばせておいてください。
崩落現場を見送って、右岸に渡渉し、林道にもどりました。
林道が崩落するまで南アルプスの登山基地だった塩川小屋へは、そこから歩いて30分の距離。
せっかく塩川小屋まで行ったので、竿をだしてみましたが、川からはなんの返事もありません。
塩川の釣りに関しては、このところいい話はききませんが、それは今の塩川の現実だろうと思いました。たび重なる水害で林道も川も荒れ果てている印象でしたが、川を流れつづけている水は澄んでいました。
さて、昼はお待ちかねのオプティマス。今回は8Rではなく99型を持参。川の水を汲んで99に乗せてみました。
すると、川の音にも負けない燃焼音で湯にしてくれました。
頼もしい相棒。
それにしても、ちゃかり私のとなりにおりますなあ。


1



2



3



4



5



7



8



9.jpg