FC2ブログ

長雨、新型コロナ、熊。三種の新奇。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

夜明け前に凄い雨音で起こされました。
陽が昇って田んぼを見ると水が止まっていました。
ウェーダーをはいて沢に行くと、沢は増水していて田んぼに水を引っ張っている黒パイの点検もできません。
こんなことが、この一か月くらい、毎日つづいています。
雨つづき。新型コロナ。それと熊。このところ河原嶋周辺でたびたび目撃されています。
長雨がやんで、コロナが収まって、熊もいなくなれば、すぐにでも山に行けるのですが、山に行けないぶんク~は今日もせっせと山靴磨き。
今年の山は実が不作なようで熊もたいへんなんだとか。
熊は恐いですが、熊にも頑張って生きてほしい。

2靴磨き

コロナも義務、あるいは権利になるのかな。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

どうしても行かなければならなくて神奈川と東京に行ってきました。
一泊はしましたが食事は神奈川の自宅にて持参したカップラーメとパンですませました。
外食を楽しみに神奈川に行く私としては凄くつまらなかったです。
で、やればいいのにと思ったのはPCR検査。
店の入り口に貼ってほしいのは「感染防止徹底宣言」ステッカーではなく「この店の人は陰性」のステッカー。
私も検査をして自分はどうなのか知りたい。
コロナがここまで脅威になると、自分が陰性かどうかを知ることも、知る権利、あるいは、知らなければならない義務の一つになるのかな。

柏槇の煙 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿村の知り合いから樹齢250年の柏槇(ビャクシン)の幹を頂きました。
柏槇は和香木。
昔の鉛筆の材料でもありますが、今は柏槇の木が減ってしまって別の木を使っているそうです。
それにしても、こんなものが大鹿村にはまだあったんですね。
さっそく持ち帰って削って焚いてみました。
香の煙は故人のご馳走とか。
小学生のとき、鉛筆をガリガリにかじって泣かせてしまった母へ届きますように。

1ビャクシン

大鹿村延齢草のかわいい山羊たち 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿村の人からお誘いをうけ、きのうは大鹿村にある延齢草に一泊させてもらいました。
延齢草はこれで三度目の宿泊になりますが、大鹿村大河原中学校の旧校舎を移築した建物は、何度、来ても懐かしさに痺れてしまいます。
この校舎で学びやを過ごしたわけではないのに、この学校を卒業したような錯覚。
雨。
古い窓ガラスにすけて見える木立ちの緑のなんと瑞々しいことか。
翌朝、延齢草の山羊たちに会いにいきました。
放牧されていた山羊たちは、私たちが行くと急ぎ足でやってきて、小屋に入って窓から顔をのぞかせてくれました。

1えんれいそう

コロナ対策は山ごもり 

カテゴリ:相方Uさんの記事

コロナの第二波到来?のタイミング相模原市役所へ行かなければならない日が迫ってきました。
マスク、使い捨て手袋、消毒液持参の他、外食しない、スーパーに行かない、コンビニに行かないの三いかないで防衛するつもり。
長野で買い込んだ三日分の食材を相模原にある私の住処に持ちこんで山飯で山ごもり。
街でも河原嶋でも山ごもり。
ほんとにコロナ、なんとかなりませんかね。
写真はマイブームの山鍋です。
鍋に水、昆布、アジの煮干しを5,6匹、それと返しを加え、好きなものを煮て頂きます。
ちなみに私はダシにアジの煮干しを使ってます。イワシよりマイルド。
返しは薄口醤油と味醂を1:1で混ぜ、冷蔵庫で1週間以上、寝かせたものです。
で、昆布はもちろん、アジも丸ごと食べてしまいますからカルシウムもとれます。
〆はうどん。
ダシが効いていて、もっか病みつき中。

1山鍋

ホットサンドメーカーは万能調理道具 

カテゴリ:相方Uさんの記事

GoToトラベルのタイミングでコロナが盛り返してきました。
昨年、企画した禅カフェも、参加したい旨のお知らせをもらいながらコロナで立ち消えになっています。
そんなおり、先日、近隣の山好きが数人、河原嶋に集まって山飯の会をやりました。
ガスバーナーひとつでランチをつくるだけなのですが、皆さま個性的で興味津々。
楽しかったので、機会があればまたやりたいと思っています。
写真は霧ヶ峰に行ったときのものです。
ピークワンにホットサンドメーカーを乗せて枝豆を焼いているところです。
いまやホットサンドメーカーは山飯の必須アイテム。


1まめ

チャーハン。難儀しした料理。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昼はク~の要望でチャーハン。
チャーハンって簡単に作れると思ってお店で食べていませんか。
初心のころ、広東鍋を5,6回振ると腕がパンパンになりました。
力ではなくタイミングで振るのを覚えるまで何日もかかりました。
難しかったのが右手に持っているティーシャオの使い方。
鍋を振ったあと、ティーシャオで飯の塊のお尻をちょこっと押してやるだけなのですが、これが難しい。でも、これを憶えると飯は勝手にひっくり返ってくれます。
チャーハンって、フライパンで作るのと広東鍋で作るのとでは味がぜんぜん違います。
広東鍋で作るチャーハンは私が作ってもお店の味になります。
広東鍋が美味しいを作ってくれているんだと思います。

1ツアーはん

海を渡る謎の蝶 

カテゴリ:相方Uさんの記事

お花畑といえば高山ですが山に登らなくてもお花畑はあります。
きのうは林道にお花畑を探しながらの散策。
大鹿村はホント花が多い。
写真はアサギマダラです。海を渡る唯一の蝶。
ふう~らふう~らと優雅に飛んでいるようにみえながら2000キロの大飛翔。
こいつら、何考えてんだろ。

1アサギマダラ

山塩館通りの紫陽花 

カテゴリ:相方Uさんの記事

山塩館通りの紫陽花が満開。
カメラを持って車からでるとヒグラシのシャワー。
夏がきているんですね。

2あじさい

普通の風景が普通に見たい 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きのうは久しぶりの晴れに恵まれて山歩き。
汗びっしょりになって自粛明けの日帰り温泉へ。
それから回転すし。
いつもはテイクアウトだけで店内は閑散としていましたが、きのうは人が続々と入ってきて満席になりました。
久ぶりに見る風景です。
子供たちの声も久しぶり。
これが普通の暮らし。
普通の風景が普通に見られるようになりますように。

1やま

新型コロナが恐いです 

カテゴリ:相方Uさんの記事

GoToトラベルから東京が除外されました。
東京にお住まいの方はほんとに大変だなと思います。
大鹿村の山奥に暮らしている私ですが、神奈川の市役所に行かなければならない用事が目前に迫ってきました。
神奈川なので東京よりは安全だと思いますが、市役所は人の出入りが多いので心配です。
マスクはもちろんですが、クーは使い捨ての手袋もして行くと言っています。
私にしても、大げさではなく、酸素ボンベを背負っていきたいくらいな感じです。
これって、もしかしたら地方に暮らしている人の普通の感覚なのかな。
そういう人が生活しているらしい市町村へ首都圏から旅行に来られる方は、十分に気をつかって来てください、
ともかく、新型コロナがはやく終息してほしい。

トマトジュース大明神 

カテゴリ:相方Uさんの記事

毎朝、一杯のトマトジュース。
いつのまにか血圧は正常値に。
トマトジュース大明神。

1とまと

一日のはじまりは白檀 

カテゴリ:相方Uさんの記事

朝、一日が始まることに感謝。
お香を焚いて般若心経。
お香は白檀を使わせてもらっています。

1板の間


2高


3びゃうだん

大鹿産紫花豆の珈琲煮 

カテゴリ:相方Uさんの記事

甘納豆にして販売を目的に買いこんだ大鹿産紫花豆。
でも、商品にできたのは一度だけで、あとはことごとく失敗。
小豆は甘納豆にする手順を確立できた感じですが、花豆は何度つくってもうまくできる目算もなく、豆も勿体ないので甘納豆にするのは断念。
で、花豆は自家用のお茶うけに。
大鹿産紫花豆の珈琲煮。
珈琲の苦味と砂糖のバランスを自分好みにするのに数度の試作は必要ですが、豆そのものに失敗なし。
簡単で、うまくできるのが嬉しい。
珈琲のほのかな苦さに砂糖の甘味がホンワカして、いい感じに仕上がってきました。


1花豆

警戒、土砂災害。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日も強雨の予報でしたが、今朝、普通の雨マークになっていました。
天気予報はこの先、一週間、雨なので、地滑り、ガケ崩れがないことを祈ります。
昨日は大鹿村の道の駅も臨時休業。郵便の配達も中止。
私たちは土砂災害を警戒し、山側の部屋から谷側の部屋へ移動しました。

避難の用意 

カテゴリ:相方Uさんの記事

この先、一週間、雨の予報。
しかも強雨。
昨夜は屋根を叩く雨音にビビリナガラ停電に備えて山ランプの点検、のつもりが灯りに慰められていました。
さっき、大鹿村に避難所が開設されたとの村内放送がありまして、今、緊急脱出に備えて貴重品をまとめはじめました。
一番やりたいこと。
山飯の会。
なんて呑気なことを言ってる場合じゃなくて、今、一番やらなければならないのは避難の用意。
今やってます。

1灯り

朝食はホットサンド 

カテゴリ:相方Uさんの記事

雨が降り続いています。
河原嶋に被害はありませんが、停電に備えてエンジン発電機はスタンバイしています。
あとは天任せ。
朝食はいつものホットサンド。
きゅうりが美味しい。

1ぱん

大雨のある日常の暮らし 

カテゴリ:相方Uさんの記事

降りつづいていた雨の今日は束の間の曇り。
明日にはまた底の抜けたプールのように水が空から落ちてくる予報です。
川の横にある河原嶋の田んぼは大雨で土台がえぐれ、復旧工事はやっていますが治しているそばから大雨が土台をさらっていきます。
あと少しエグレルと田んぼの一角は川に落ちそう。
狂ったように水を流している川を眺めていると、自然の力は凄いな、と諦めがつきました。
それから家に戻ってオプテマス99の修理。炎が安定しない原因のウイックの交換にガソリンタンクからパイプを抜こうとしたが固着していてビクともしません。
で、タンクの蓋を開けたまま一週間、放置していました。
タンク内のガソリンが蒸発したのを確認し、固着している部分をトーチで炙ってみました。サビは熱を加えると壊れるはず。
すると、思ったとおり回ってくれました。
ウイックを交換し、燃焼テスト。OKです。ついでに8Rも。
雨は心配ですが、あとはうまくいってます。

1修理


2朱里


信州づくし 

カテゴリ:相方Uさんの記事

明日から一週間、雨の予報。
雨つづきのなか、今日は束の間の晴れ。
急きょ、山に行ってきました。
すると、登山道でアミタケに遭遇。アミタケは松茸とおなじくらい好きですが、ここ数年、不作で見ることもできませんでした。
ここで食いしん坊に点火。
頂上はタッチアンドゴー。アミタケのあった場所へイチモクサン。
そこから山にわけいって、食べるに十分な量のアミタケを採ってきました。
ついでに帰りしなスーパー立ち寄ると稚鮎が。初物です。
アミタケは夏のキノコ。
鮎は夏色。
料理をするのも楽しい。
今宵の酒の友はアミタケおろし。それと鮎のから揚げ。
小鉢は敷地内でとれたハチクの土佐煮。大鹿産花豆のコーヒー煮。田んぼのまわりに生えてくる雑草キャラブキのうま煮。酒はもちろん信州の地酒。
信州ずくしで、他県のみなさま、すんまへん。


2きんこ

豪雨一過 

カテゴリ:相方Uさんの記事

豪雨は村内の道路を壊して去っていきました。
なので天空の池にいくのも不可。
私についていえば停電対策にぬかりはないし、敷地内に沢が流れているので水に困ることもありません。
自家米もたっぷりあるし、山に行けば食べられるものがなにがしか生えている。
いつもどおり今朝も板の間で柔軟体操。
それから、禅のまねごと。
それにしても、雨雲、マスクして来たんですかね。

1ぜん

断水の支度 

カテゴリ:相方Uさんの記事

これから断水との村内放送。
夜には復旧とのことですが、用心して水を多めに用意しました。
突然の停電にみまわれることも予想して、エンジン発電機、ローソク、懐中電灯、ヘッドラップは昨日からスタンバイ中。

1水

崩落あり。通行注意。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

山塩館から河原嶋に登ってくる村道沢井線の一部が崩落しています。
現在、片側通行で通れますが、通過する際は気をつけてください。

2崩落