FC2ブログ

自家農園産、青唐辛子のペペロンチーノ。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

河原嶋が栽培している大鹿唐辛子が赤くなってきました。
そのなかから、まだ青いのを3本、収穫。
ランチは青唐辛子のペペロンチーノ。
赤唐辛子とはちがう爽やかな辛さに汗。
夏むきのメニューです。

1青唐辛子のペペロンチーノ


2唐辛子 (2)


3唐辛子 (2)


4唐辛子



お詫び。大鹿一味唐辛子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

お詫び。
一味詰替えに限り1袋から送料無料にさせて頂いています。
でも、通販に使用しているFC2ショッピングカートは、お買い物をされると自動的に送料が含まれてしまう機能が働いてしまいます。
これを直すことはできないので、詰め替えをクリックして頂けると、以下の文が掲載されるようにしてあります。

☆ご注文をインプットすると自動的に送料も提示されると思いますが、送料は無視してください。詰め替えに限り、送料は1袋から無料です。店主の「碓井」が保証しますので、安心してご注文をしてください。

どうぞ、ご安心して、お買い物をしてください。
大鹿一味唐辛子 通販サイト
https://oosikaitimi.cart.fc2.com/

一味詰め替え2

販促とテレビ取材 

カテゴリ:相方Uさんの記事

このところやっているのは販促。
飲食店にサンプル一味の送付。
100軒、送って、1軒、返信があればラッキーですが、今のところ15軒、送って、そのうちの1軒からメールを頂きました。ありがたいです。
一つの区、町につき1軒、送らせてもらっています。
飲食店をされていて、大鹿一味唐辛子のサンプルをご希望の方はメールをください。無料で送らせて頂きます。
東京都文京区の「らー麺 夢あかり」さんが、うちの一味を使ってくれています。
うちの一味を使ってから、お客様が増えたと言ってくれています。
「らー麺 夢あかり」さんは、店内でうちの一味の販売もされていますが、これがけっこう売れています。
大鹿一味唐辛子が、お店の一助になれたら、これほど幸いなことはありません。
先日、その「らー麺 夢あかり」さんが、「あらぶんちょ」の取材を受けたそうです。
その際、同行されたディレクターが、うちの一味を気に入ってくれたそうで、少しの時間ではありますが「らー麺 夢あかり」さんの中で紹介してくれるそうです。
その番組は9月後半からユーチューブでも見られるそうです。ご興味のある方は覗いてみてください。
※あらぶんちょ
文京区・荒川区・千代田区の頭文字をとって「あらぶんちょ」 。ケーブルテレビ局東京ケーブルネットワーク(TCN)の公式チャンネル。
さて、きょうは7軒、梱包。
前をむいて行こう。

1サンプル

オコジョが見ていた弁当 

カテゴリ:相方Uさんの記事

山の上でランチ。
山小屋弁当を開きはじめると、走ってやってきたオコジョ。
立ちどまって、弁当を見ています。
オコジョの体形は、まるでウインナーソーセージ。
毛の色は、どら焼き。
そういえば、山にきてからウインナーもどら焼きも食べてない。
オコジョをチラリ。
オコジョ、逃げていきました。
写真はオコジョが見ていた山小屋の弁当。900円。
酢が効いていて美味しい。

1弁当

海老シンジョウの天ぷら 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日の明日、部屋が空いていた宿は、平凡な山里にある一軒家でした。
観光地からは外れていて、宿泊客は他にもう一組。
まずは温泉で汗を流し、お食事。
出てくる料理に、感心することしばし。
極めつけは海老の天ぷら。ただのエビ天ではありません。海老をシンジョウにし、紫蘇で巻いて、てんぷら。包丁の切れ味。
不遇な立地で、なんとか生きようとする板さんの気概が伝わってきます。

2てんぷら

断捨新規一転中 

カテゴリ:相方Uさんの記事

閉店してはや1年。
断捨離ではなく、断捨新規一転中。
人通りがなく、飛びこみ客の見込めない山奥で、どうやったら店をやっていけるのか。私の考えた答えがコレ。
ヤマハ、自動演奏ピアノ、モーダスを入れること。
コレを店においてから、売り上げは上がっていきました。
今回、これも断捨新規一転のリスト入りです。

2モーダス

断捨離ちゃいます断捨新規一転です 

カテゴリ:相方Uさんの記事

店を閉めてはや1年。
厨房で共にすごしてきた道具たち。
離れがたいものがあるけれど、処分して前進。
断捨離ちゃいます断捨新規一転です。
写真は処分予定の物たち。
ソバ打ち道具一式。ミートスライサー。ホットショーケース、まだまだありそうだ。
私のポケットはそれほど大きくはない。
新しい時間はどんどん始まっている。
過去の時間はもう入り切らない。

1処分

ケルン 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ケルン。
ここで難に遭った人の墓標です。
思いだすのは丹沢の風巻の頭。
突然の稲光と爆裂音。
振りかえると、さっきまで私がいたところに落雷が。
ほんのわずかな時間差。
命運を握る何者かの存在に震えていました。
ケルンに出あうと、石をひとつ拾って、乗せてやります。

2kうぇうん

大町山岳博物館に松濤明に会いにゆく 

カテゴリ:相方Uさんの記事

二泊三日の山旅を終え、麓におりて一泊。
鹿島槍ヶ岳と安曇野。
雷鳥にオコジョ。そしてお花畑。
3000メートルの稜線を越えてゆくアサギマダラにも会えた。
翌日、大町の山岳博物館に松濤明に会いに行く。
メモ帳にのこされていた遺書。
実物。
彼の最期に立ち合うことができました。
内容は重たいですが、生きる示唆に富んでいました。

3山


4松濤


沢の水がやっと安定してきました 

カテゴリ:相方Uさんの記事

田んぼの水は沢から引いています。
まずは沢の水を雨トイでバケツに導入。ここで砂利を沈め上澄みの水を黒パイで田んに引っ張ってきます。
ところが、この一か月、沢の増水が収まらなくて田んぼに水が行かない状況がほぼ毎日つづいていました。
その原因のほとんどは吸水口が葉っぱで塞がれてしまうこと。
手をやくのは、バケツが砂利で満タンになり黒パイの中にまで砂が入ってしまうこと。
こうなると、すべてを分解して砂を取り出すしかない。
なんてことをこの一か月、ほぼ毎日やっていたわけですが、3、4日前から沢の水が平年並みになりまして、黒パイシステムは沢の水を安定して田んぼに流してくれるようになりました。
やれやれ。
やっと一息です。

1吸水口


3たんぼ


2たんぼ



熊鈴の修理 

カテゴリ:相方Uさんの記事

熊除け鈴のリンが脱落しているのに気がつきました。
で、思いついたのが釣りのオモリ。
消音も考えてワカサギ用の細長いのに決定。
スナップ管でぶらさげて完成。あとは輪ゴムを装着。
釣りをやっていてホントよかったけど、熊鈴さんは迷惑そうなのだ。

14りん


2りん


3えいん

緊急用品 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ツエルトの代用にエマージェンシーシートを購入。
稜線での緊急時、ツエルトの使い方といえば頭からかぶるくらいのものですから、だったらもっと軽いエマージェンシーシートでよいのではないかなと。
実際につかってみると凄く暖かい。
緊急用なので出番がないことが最良。

1えま

鉄砲は農機具 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ご近所さんが鉄砲を袈裟懸けにして家からでてきました。
このところ熊が出没しているので、これから熊を撃ちに出かけるのに違いありません。
二挺の鉄砲を背負っている姿は、私から見ると異様な風体なのですが、ご本人はいたって普通。
山では鉄砲って農機具なんだなと。
畑を耕すのは鍬。畑がイノシシに荒されたら鉄砲で撃つ。これも立派な農機具。
このヒトにしてみれば、草刈り機を背負っているのと同じだったのかもしれません。
上高地で暴れているらしい熊さん、大鹿村には来んほうがええぞ。

人生とは不思議ですね 

カテゴリ:相方Uさんの記事

きのうは車の6ケ月点検で駒ケ根に行っていました。
それにしても、中央高速が開通していない時分、神奈川から駒ケ根に釣りに来ていた私がン十年後、ソコで暮らしている不思議。
たまたま入った駒ケ根のカーディラー。
たまたま接客してくれたのが大鹿村の人。
大鹿村で暮らしてる私としては、ココで買うしかありません。
偶然というより、誰かが仕組んでいたのかな。

1台h津

焼きナス 

カテゴリ:相方Uさんの記事

焼きナス。
夏だなす。

1やいいナス

乗鞍に雷鳥を見にいく。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

雷鳥に会いたくて乗鞍へ。
場所は乗鞍のなかでも目撃情報が最も多い大黒岳。
この山をゆっくり歩きながら雷鳥を探して3往復。
ついにハイマツ帯から顔をだしている雷鳥に遭遇。首をのばしている姿はまるでライチョウザウルス。かっこいい。
登山中に雷鳥を見た人の話しを聞いていると、雷鳥はスズメみたいにどこにでもいそうに思えてしまいますが、雷鳥を見ようと思って探すとなかなか見つからないのも雷鳥。
きのうは野鳥観察員のかたも雷鳥を探していましたが、この二日間、見ていないといっていました。
そんな雷鳥が顔を出してくれました。
写真を撮る時間はなかったので、そのときの印象をクーが絵にしてくれました。
そして、おまけ、というには貴重な白いコマクサ。
偶然に見つけたのですが、こちらは雷鳥、以上に珍しいらしい。

1雷鳥


2こまくさ




人生にはシェルターも必要だ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

このところご来店のご予約のお電話を頂いており有り難く思います。店は昨年の6月で休業し、そのまま閉店することにしました。
一昨年の台風で河原嶋は大きな被害をうけ、その復旧工事がまだ終わっていないのが大きな理由です。
河原嶋をご愛顧してくださった皆様、改めて御礼申し上げます。
現在は大鹿一味唐辛子の製造と販売に傾注させて頂いています。
大鹿一味唐辛子の詰め替えは1袋(380円)でも送料無料です。
よろしかったらご注文をくださいませ。
追伸。
店でスイーツを担当していたクーが3000メートル級の山へ行きたいというので、緊急時に備えて注文していた二人用のシェルター届きました。
さっそく張ってみると設営が超簡単。
ツエルト(主に緊急時に使う簡易テント)は押入れの奥へいってしまいそうです。
そういえばツエルトって、昭和時代から形態がほとんど変わっていないんですよね。

1小画面。一味づくり


2一味ラベル小画面


3sェルター

要するに青春ですかね 

カテゴリ:相方Uさんの記事