FC2ブログ

火、燃えよ。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

十数年ぶりにみる紅白合戦。
美保が亡くなってから見るのがつらかった。
ク~。
ありがとう。
俺のこと、面倒みるんだぞ。
ク~。
今夜も膝枕、お願い。

1ひ



自分用のキャンプ場、造成中。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

自分用のキャンプ場をつくってます。
来春を楽しみにして、大晦日にいい汗かきました。
来年もよろしくお願いいたします。

1キャンプ

今年もありがとうございます 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今年はコロナで年末年始の予定がありません。
昨夜、はっと気がついて松飾をしまして、一夜飾りをぎりぎりで回避することができました。これで安心して正月を迎えられます。
皆さま、今年もお世話になりました。
明年もよろしくお願いいたします。
皆さま、どうぞ、よいお年をお迎えください。

1どあ

人生は賭けなのだ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

写真はアッシとク~です。
クーは元ダイバー。山は未経験でしたが登山3年目にはいってアッシよりも山を楽しんでいる様子。
そしてついに怖れていたこと、「スキーをやりたい」とクーが言いだしました。
アッシは40年まえスキーをやってはいましたが不熱心。
スキーをやるのは30分くらい、あとは部屋にこもって麻雀。
山登りはやっていましたが、滑ることには興味がなかったのです。
そんなアッシが60の半ばになりまして、この歳で骨折が恐くて更にスキーなんかやりたくもないのですが、このさいクーの行動力に乗って元気に生きようと考えなおしました。
ク~と一緒にスキー教室へ。
骨折をすればそのまま寝たきり老人か。
神のみぞ知る。

2



飼犬修行犬 

カテゴリ:相方Uさんの記事

わんこと雪山で遊び、温泉に入り、回転すしで一杯。
ドンキに移動して正月のお買い物。
年の暮れの一日は 長いです。
ワンコは、山でノラやってるところを捕まって飼犬やってます。

1のら


2はまのみ




質素なオッサン 

カテゴリ:相方Uさんの記事

焚火をしながら蔵の裏の掃除。
綺麗になったところでリス&小鳥のエサ台を作る予定。
薪風呂にはいり、晩酌は茹で卵。
薪風呂。
趣味は焚火。
好きな食べものは茹で卵。
お金のかからないオッサンになったもんだなあと思います。
神奈川から移り住んで9年目。
日を追うごとに豊になる感じ。

1茹で卵


2鞍の裏

昔の山を歩く 

カテゴリ:相方Uさんの記事

地図に遺されている破線を訪ねてみました。
あたりをつけ、山林に入っていくと、地図に記されている破線らしき古道に遭遇。
この道は人を過去へひきずりこみます。
うっかりすると神隠しに会いそうで、らしき道があるからといって安心はできません。信じ切って歩くと大ケガをしてしまいます。
ときどき立ち止まっては、地図と磁石でこの場をピン留め。
山を越え、林道に帰り着きました。
この緊張感が道のない山を歩く醍醐味。
それから解放されたときの嬉しさ。
意気揚々と帰途につきました。

1山

自家用、市田柿の天日干しの干し柿 

カテゴリ:相方Uさんの記事

本日のランチデザートは市田柿の干し柿。
自家用なので天日干し。
やっぱ天日干しのほうが美味しいと感じるのですが、商品として販売する場合は外干し禁止になっています。
なので、天日干しの市田柿の干し柿は出回っていません。残念ですが仕方がありません。
天日干しが食べたければ、自分で作るしかありません。
自家用でつくった貴重な天日干しの市田柿の干し柿。粉がふいていい塩梅。
もちろん、美味しかったです。
来年はもっと作ろう。

2干し柿

贅沢な一日 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日は休日。
ストーブに乗せたヤカンがたてる音を聴きながら何もしない。
テレビを消し、ヘタな俳句をつくって可笑しくもなし。
昼は焼き餅を二つ。
有為に過ぎてゆく時間を眺めている楽しさ、嬉しさ。
こんな贅沢、神様に叱られそうです。

4

今日もよい日 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日は一日、枯草を焚火で燃やしながら敷地内の掃除。
作業を終え、夕暮れを知らせる村内放送が流れなかで珈琲タイム。
今日という日を味わいます。
今日もよい日でした。

1ゆうぐれどき

イブ焚火 

カテゴリ:相方Uさんの記事

おはようございます。
今日はイブ。
よかったと思うのは、河原嶋の山奥にはクリスマスのクの字もないこと。
あれは私にとって、うるさかっただけなんだなと、大鹿村の山奥に暮らしているうちにわかりました。
河原嶋はいつもと同じ。陽がのぼって、川が流れて、風がふいて、いるだけ。
さて、今日も大切な一日が始まっています。
なので、きょうは焚火。ぼんぼん燃やします。
焚火台にケトルを乗せ、湯を沸かし、焚火にあたりながら珈琲を飲むのが楽しみです。
写真は、寒そうなアッシ。
まあ、こんなもんです。

2あっし

薪のある暮らし 

カテゴリ:相方Uさんの記事

おはようございます。
河原嶋は標高1000mの山の奥にあります。
ただいまマイナス6℃。
薪ストーブがんがん焚いてます。
昨夜は薪風呂に二度入り、まさに薪様様。
薪をつくるの手間はかかるけれど代金は0円。なんか嬉しい。
理想の暮らしに少しは近づいたかな。

2ストーブ

大鹿村、するぎ農園の新蕎麦 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日のランチは大鹿村内で。
自家栽培&自家製粉の手打ち蕎麦が美味しい「するぎ農園」さん。
年内の営業は明日まで。
看板犬のなつちゃんは人懐っこい仔。
新ソバは胸のすくような香りがいいですね。
おいしかったです。

4蕎麦


5そば


6そば



我が家の屋根を探しに山に登ってみた 

カテゴリ:相方Uさんの記事

我が家を俯瞰したいとクーが言うので道もない山に登ってみた。
すると、見えた! とクーが言います。
それが本当ならば写真のどこかに黒い屋根が映っているはずなのだが。
我が家の屋根を探して山を徘徊。
天気も上々。
満ち足りた一日。


2家

レトツトになった大鹿一味唐辛子カレーの試食 

カテゴリ:相方Uさんの記事

作った日から1週間、待つように言われていまして、あれから1週間がたちました。
今日は試食をせねば・・・。正直、恐い。ちゃんと出来ているだろうか・・・。
おそるおそる一口。
美味い!
一発合格。狙った味になっています。あとは微調整。
とりあえず、ほっとしました。

3カレ


4カレ

冬の夜長の酒の友 

カテゴリ:相方Uさんの記事

お気に入りの一皿。
メンタイコに白髪ネギをのせゴマ油をまわしかける。
簡単ですが料亭クラスの味だと思ってます。好奇心のある方は試してみてください。
昨夜は追加でもう一皿。
夜長が楽しい。

2つまみ

年末年始は焚火で楽しむ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

年末らしく焚火をしながら伐採木の片づけ。
太い枝や幹は短く切って薪風呂用に。
小枝は燃やします。
街暮らしのときは屋外で火を焚くことすらできなかったことを思い出しました。
ここでは、火は自分のもの。
コロナで年末年始は穴熊になりそうだけれど、焚火を楽しむことにします。

3焚火

この冬、初めての薪風呂。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

この冬、初めての薪風呂。
オキがあるので湯がいつまでも冷めません。
あったまった~。

2薪風呂

展望の尾根。笹山ルート。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿村の裏山、笹山。
きょうは笹山から大池へのびている尾根をだどって笹山へ行ってきました。
このルートは展望のコースで素晴らしのですが、登山道がありません。
あまりにも素晴らしいので、誰でも行けるように、ルート上の木にピンクテープを巻いてきました。
これを辿れば笹山に行けますが、厳しい登りもありますので、体力に不安を感じましたら引き返すようにしてください。
地図読みの苦手な方は、ピンクテープを見失いましたら、その場で引き返してください。
今回、林道から尾根への取りつき箇所を、これまでよりも奥にしました。
今までの取りつき箇所を過ぎ、カーブを越えると、すぐ右側にピンクテープを巻いた木があると思います。
そこから尾根に取りついた方が楽です。
それから、いままで笹山避難小屋の戸は壊れていて開かなかったのですが修繕されていました。
笹山避難小屋は使えるようになっていました。


6笹山


7倒木帯


8笹山


9笹山避難小屋


10笹山取りつき

気がかりな試作品。レトルトカレー。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

来ました!。
先週の水曜日にレトルトの工場に出向いて作ったレトルト大鹿一味唐辛子カレーの試作品。
作った日から一週間おくように言われていますので、こんどの水曜日に試食します。
レトルトにすると味が変わりそうなので、嬉しさよりも気がかり。
どうなっていますか。

2カレー

山道具、剣鉈のお手入れ。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

山道具、剣鉈のお手入れ。
主に薪割りに使用。
刃渡り18㎝。全長33㎝。重さ410gありますが、これでも薪に節があると負けそうになります。
ブレードがしっかりしているので、峰を金槌でガンガン叩いて強引に木を割ります。
今年1年、お疲れ様でした。
ケースに収納して終了。

6剣鉈


7剣鉈


8剣鉈


9剣おの


古民家にクリスマスツリー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

冬到来。
築200ン年の古民家、河原嶋にクリスマスツリー飾りました。
けど、正月飾りのほうが似合いそう。

2クリスマスツリー

折り畳みができるヤカン 

カテゴリ:相方Uさんの記事

まえから気になっていた折り畳み式のポットケトル、シートゥーサミットを買ってみました。
容量は1.3L。実際に沸かせる湯量は外側にMAX SAFE FILLの線がある800CCまで。カップヌードル2個分。
金属は底部だけなので、全体が金属製のものに較べて湯を沸かすの時間がかかると聞いていましたが、バーナーで6分ほどで水が沸騰しました。
底以外はシリコン製なので、沸かした湯にシリコン臭があるのではと心配していましたが、特に匂いもなく普通のお湯のようです。
焚火には使えません。
バーナ―専用ですが、これまで使っていたケトルに較べて圧倒的にコンパクトになるので、よい買い物をした感じ。
はやく山で使ってみたい。

7ポット


11ポット


12ポット

姨捨山遊山 

カテゴリ:相方Uさんの記事

長野のレトルト工場でカレーの試作をした日の夜は上山田温泉に一泊。
翌日は冠着山(かむりきやま)、通称・姨捨山(おばすてやま)に登ってきましたが、字は姥(おば)ではなく姨(ウバ)になっています。
「オバ」を「ウバ」と間違えて詠んだのは松尾芭蕉。
依頼、「おばすてやま」になってしまったというお話。
長楽寺の岩山から冠着山にのぼる名月をみて省みなさい、と諭され、平安の都から長楽寺にきたのはさる高貴な方の姨。
寺の岩山から姨捨山にのぼる月を見て、己の醜さを嘆き、岩山から身を投げたそうな。
どこか奈良をおもわせる千曲の風景。
夕食は回転すし。
〆はラーメン。
大鹿一味唐辛子の携帯をふりふり。

4うばすて


5岩山


6うま



食べ飽きない自家製ソース 

カテゴリ:相方Uさんの記事

高森町に最近できたドンキに初参上。
いきなり半値処分の和牛と遭遇。これは運命にちがいない。
で、今夜はドン牛で焼き肉。
焼き肉のソースは自家製です。素材はいたってシンプル。大鹿一味唐辛子をちょこっと加えて。
このソースは食べ飽きないので重宝してます。


1たれ

大鹿村、夕立神でランチ。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

大鹿村の鳥倉山に行ってきました。
鳥倉山は一般的に林道終点から鳥ケ池経由のピストンになります。
今回は登ってきたのとは反対の道のない尾根に下山ルートをとって林道に降ってきました。
下りながらピンクテープを木に巻いてきましたので、これを辿れば周回ができます。
難は林道におりたら体じゅう草の種だらけになっていること。これは奮闘のなごり。これも山の楽しみのひとつ。
車で夕立神に移動して遅いランチ。

3夕立が身


4下山



逆さ銀杏の落葉掃除 

カテゴリ:相方Uさんの記事

今日は逆さ銀杏が散らかしたの葉の大掃除。
自治会員総出で逆さ銀杏のお世話です。
こざっぱりして、これで逆さ銀杏も新年が迎えられます。

4そうじ


5


6そうじ

大鹿一味唐辛子カレー 

カテゴリ:相方Uさんの記事

新発売のレトルトカレーのパッケージのデザインがほぼ出来ました。
カレーのレシピ同様、パッケージの図柄も自分たちで考えて作ります。
ふふっと笑ってもらえるものになっていたら嬉しいです。
来週、レトルトの試作に長野に行ってきます。

1唐辛子カレー3