雪の1日 

カテゴリ:Iターン生活


朝起きて外を見てみたら、

1面の銀世界 とまではいかないけど

うっすらと雪が積もっていました~

しかも日中は雪が降ったりやんだりで

それは寒い1日でした。


河原嶋橋





河原嶋橋を渡って、

塩川小屋の方へ登っていく坂道は

雪が積もると

河原嶋専用ソリコースとなります~


ソリコース



まだソリ遊びをするには

雪の量が足りないですね。



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

コメント

Re:雪の1日

こんばんは

2週間前にお邪魔したときは秋の日差しが暖かく
写真の様な風景は想像もしていませんでした。
一気に真冬に突入といった感じですね。
驚いています。

今年の営業は来週の火曜日までと言うことですが2ヶ月ちょっとお疲れ様でした。

冬の日の暖かいうどんは温まり心も癒され素敵だと思います。

勝手なことですが冬の間も営業していると助かりますね(^_^;)

東京の西多摩では、小さい頃、雪が降るとそりを作って遊んだ思い出があり楽しかったです。

春になると川でますややまめのつりの解禁があり新緑が訪れます。

その頃は小さな沢で石を剥ぐと沢ガニのお母さんが沢山の卵をお腹にいっぱい抱いて居ました。

大鹿村の鹿塩川でも沢ガニややまめはいますか?

Uさんの「丹沢物語」読みました。
魚釣りについてUさんとお話したいですね。

ではまた。
















































夏にかけて

Re:雪の1日

めだか様

一日の仕事を終えて、竿を手に、いつも目の前を流れている川に釣りにゆくのを理想にしているのですが、まだできていません。
店をはじめたのは禁漁後のことでしたから。
来年はそれをします。
そのためにここに来たといってもいいくらいです。

ところで、サワガニですが、ここにはどこにでもいます。
河原嶋の池にも、その横を流れている沢にもいます。
自分はよくサワガニをつかまえて、から揚げにして食べていたのですが、河原嶋のテラスを歩いているやつは、さすがに情が移ってしまっていて、テラスを渡りきるのを、ただじっと見ているだけになっています。

冬になって、サワガニは姿を見せなくなりましたが、ハサミムシはこのところ毎日やってきます。
氷点下の寒さに耐えられなくなって、河原嶋に助けを求めてくるようで、この黒い奇妙な尻尾をもった虫にも情が移りかけています。
 
それにしても、丹沢物語を読んでいただいたみたいで、恐縮です。
いまはもうあんな風には書けません。
なにしろいろんなことがありましたから、ものの見方もずいぶんと変わってしまいました。
メルママに頼まれて、彼女のブログに、ちょっと書くだけで、今は十分です。

いい釣りがしたいですね。
そのためには、いい仕事が必要です。
はじめたばかりの店ですが、いい仕事になれるよう、ここを訪れてくれる人たちの言葉を大切にしたいと思っています。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)