フィッシングパーク跡地 

カテゴリ:相模原生活




相模原へ戻ってからは

気になるお店があれば出かけては食べ、

試作品を日々作っては食べたりと、

運動不足と相まって

体重は増加の一途…

ヤバいっス…

相当ヤバイっス… 



このままではイカン!と、

昨日は運動不足を解消すべく、

近場を散策しました~








訪ねたのは、

フィッシングパーク跡地。

ここは15年くらい前まで

虹鱒などの釣り堀だったそうな。


Uさんも40年くらい前に

魚を釣りにきたことがあるんですって。



跡地横には道保川が流れています。


フィッシングパーク跡地



とてもきれいなせせらぎに

ちょっと感動~。

釣り心が刺激される川ですね!



フィッシングパークらしい大きな池には

カルガモ?かな?

水鳥がたくさんいました。


かるがも


餌付けされているようで、

期待に満ちた感じで近づいてきましたが

こちらに餌をやる気配が無いと

すたこらと泳ぎ去って行きました…




万歩計で八千歩ほど歩いたかな~

これで夜はお酒が美味しく飲めるというもの!



前菜



Uさん作の前菜をつまみに

お酒がすすむすすむ…

せっかく歩いてカロリーオフしたのに

これじゃダメですね~(笑)


テーマ : 日記 ジャンル : 日記

コメント

Re:フィッシングパーク跡地

こんばんは

「フィッシングパーク跡地」のコメントではないのですが鹿塩川の解禁日はあるのですか?

日釣り券もしくは年釣り券はいくらなんでしょうか?

素泊まりの「釣り人の宿」がオープンとの事で気になりました。

教えてください。

Re:フィッシングパーク跡地

フィッシングパーク懐かしいですね。
釣りをして、ニジマス定食も食べたっけ。

あそこから当麻方向に行った県道から少し下った所に
「瓢六玉(ひょうろくだま)」という店がありましたよね。
竹竿で釣りもできたような覚えもありますが、何と言っても
「鯉こく(鯉の味噌汁)」が美味しかった思い出があります。

みんな、無くなってしまったんですね~

Re:フィッシングパーク跡地

めだかさん、おはようございます。

下伊那漁協の日釣り券は1000円です。年券は10000円です。どちらも河原嶋で販売する予定です。

「釣り人の宿」は河原嶋を訪れる釣り人の要望がありましたので、今年から始めようと思いましたが、なにしろ昼間は飲食店をしているので、宿泊をされる方にきちんとした食事が提供できるのか自信はありません。
 それで素泊まり3800円にしたわけですが、私たちが食べるのと同じ食事内容でよろしければ、別料金になりますが朝晩の2食を提供させて頂こうかなと思っています。

ちなみに、今年は春先に店内の工事をする予定ですので、実際に泊まれるのは4月以降になると思います。

ところで、、天竜川の大アマゴが5から6月にかけての2週間くらいのあいだに集中して釣れるそうです!
今から血圧があがっています~


Re:フィッシングパーク跡地

めだかさんへ追伸です。

年券は河原嶋では販売できないそうです。
河原島では日釣り券のみの販売になります。

年券を販売しているのは大鹿村の商工会議所か下伊那漁協だそうです。

Re:フィッシングパーク跡地

たまボブさん、お元気ですか。

県営フィッシングパークは私が中学生のときにできたのですが、いちばん使わせてもらったのは高校時代です。
そのころ自分は朝晩に新聞配達のバイトをしていまいしたから、けっこうリッチだったのです。・・・高校には昼ねに通っていたような・・・あまり良い学生ではなかったかも・・・

高校時代ハマッテいたヘラブナにバイトの収入を注入! し、フィッシングパークに垂れ流しの状態でしたから、フィッシングパークが閉園になったときは本当に残念でした。

瓢六玉にもよく食べにいっていました。
初代の方が退かれたあと、建物も以前の雰囲気を保ちながら一新されて、はや30年くらいたちますが、なんといっても醍醐味は借景だと思います。
鯉こくを食べながら見る田園風景は、これぞ昔ながらの相模っ原です。
くり返しますが、さがみはらではありません。さがみっぱらです。ここがなんといっても重要なのです。
今も営業されているようなので、久しぶりにメルママと行ってみたいと思います。
川端康成もご贔屓のお店でした。
そういえば、初代の方は店を退かれたあと、仏像の彫刻をされていました。
仏像のお顔は、自分の顔に似てくると言っていたのを思い出しました。

なつかしいです。

Re:フィッシングパーク跡地

おはようございます。

いろいろ教えて頂き有り難うございます。

新緑の5月の連休にはまた、お邪魔させてください。

Re:フィッシングパーク跡地

めだか様

お待ちしおります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)