2013年8月小渋川 釣行記その2(フライ&テンカラ) 

カテゴリ:釣行記


8月も残すところ、

あと5日…


青いケシから忙しかったうどん屋業も

ここにきて一段落したところで

振り返ってみれば

8月はほとんど釣りに行っていないことに気づいたのです…


「いかん!

あとひと月ほどで

釣りシーズンが終わってしまうがな!!!!」



そそくさと店じまいをし、

車に乗り込み

向かいましたのは

村役場前の小渋川です。



このポイントに入るのは

2回目でした。

前回は雪代効果で、

まったく釣れなかった場所です。


ここは流れが太く、

大物が潜んでいそうな雰囲気がぷんぷんしていますが、

Uさんは魚のにおいがしないと言っています。



Uさんは1年以上ご無沙汰の

フライフィッシングで

魚がいないことを確認するための釣り。



村役場前



上流から流されてきた魚ちゃんたちが

いかにも溜まっていそうなのですが、

テンカラで釣りをしている私は、

魚影を見ることはありませんでした。


ほどなく、

Uさんがやってきて

「ここはお魚ちゃんがいません」

とダメ出しです。



次に向かったのは

大西公園下のポイントです。



小渋川ポイント




私は新小渋橋堰堤へ向かいました。

ここには、

7月下旬に放流した幼いアマゴちゃん達が群れていて、

遊んでもらおうと毛バリを振り込みますが

相手にすらしてもらえません。


毛バリをあれこれ変えてみますが、

送り込んだ毛バリの30cm横で

ライズを繰り返される始末…

完全に見切られています。



今日もお魚ちゃんに出会えなかったか…

納竿しようかと思っていたら

Uさんがやってきました。


「いい型のアマゴをかけました。

26、7センチくらいの幅広です。

でも、逃げられました。

こんなもんです」



1年ぶりのフライフイッシングで

大物をかけるなんて、

さすが師匠!!!

久々のフライフィッシングを堪能したUさんは、

かつてフライフィッシングへ傾けていた情熱を

懐かしく思い出したようで、

ちょっぴりさびしそうでした。

「フライフィッシングをしていると、

すぐ隣にNさんや、

NTさんがいるようで。

でも、

みんないっちゃいました」



河原嶋にかえって、

Uさんは、

フライフィッシング黎明期に使っていたフライを

眺めていました。

「こんなフライ、

もう、誰も使いませんよ。

私もです。

でも、フライボックスにいつもあります」



う~ん、

フライフィッシングかあ~。




フライコレクション






コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)