天竜川に春よ来い はあやく来い 

カテゴリ:釣行記

あと半月で解禁。
今年は初日から天竜川の大アマゴを狙っていくことにしよう。
なにしろ、せっかく下伊那に住んでいるのだから。
とはいえ、ここに来たのは偶然。というより、なにかに運ばれてきたような感じなのだ。なにに乗ってきたのか。それは、やっぱり「偶然」としかいいようがない。
でも、天竜川をまじかに見たとき、「運命」を感じた。この川に出合うために、いままで生きていたような気がした。
その川の扉をあけるのは、ウエットフライだ。
沢田さんが書いた「ウエットフライテクニック」を、何十年ぶりかで本棚から引っ張り出した。この昂揚感。懐かしく、嬉しい。
それにしても、沢田さんのキャスティングを初めてみたときは、ほんとにびっくりした。たった2回のホロースルーで、フルキャストしてしまったのだ。
俺はそのときまで、フルキャストなんて誰もできなと思っていた。でも、目の前でそれを見てしまったんだ。
それからは、練習をした。できたとき、誇らしいものが湧き上がってくるのを感じたものだが、それも懐かしい思い出だ。

ところで、天竜川だが、土地の人は天竜でとれるざざ虫を食べている。
ざざ虫・・・黒川虫。それが天竜川にはたくさんいるということだろう。
ウエットフライならばジャングルアレキサンドラでカバーできると思う。それと、グレートセッジがあればベストだろう。
川の広さからして、シンキングラインも欲しいところだ。
あ、それと、竿をもう一本、必要になるかもしれない。
あれこれと頭を悩ませるのも、釣りの楽しみのひとつなのだ。
春よ来い。はあやく来い。
川はまだ冬の光をのせて流れているに違いない。


釣り本

コメント

Re:天竜川に春よ来い はあやく来い

はじめまして。

飯田在住のギョンと申します。

「天竜川」というコトバに思わず反応してしまいました(笑)。

「かわらしま」さんには何時か行こうと毎回思いながらもそのまま逆さ公孫樹へ行ってしまう事が多々あり、
結局今まで行かず終いでした。

天竜川でフライですか?、いいですね~!。
いつか川でお会いできたときには声をかけさせてくださいね。

Re:天竜川に春よ来い はあやく来い

ギョンさん。はじめまして。
なにしろ、私も天竜ははじめてですから、とまどうことが多いと思いますが、それも楽しみです。
天竜川でお会いするときがありましたら、声をかけさせてください。
楽しみにしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)