御馳走の包丁 

カテゴリ:相方Uさんの記事

店でつかっている包丁を研ぎおわって、並べ、眺めているのが好きです。
そんなとき、決まって思いだす人がいます。
先年、亡くなった義理の叔母です。
某企業の社員食堂の賄をやっていたひとで、終生一人暮らし。
定年退職後は、料理を趣味にし、お陰さまで私は叔母からたくさんの贈り物を頂きました。
それは食べきれないほどの蕗煮であったり、食べきれないくらいどっさりの根菜煮であったりしました。なにしろ、ぜんかいのが食べおわらないうちに、また宅急便がやってくるのです。
また送ってきた・・・
呆れたようにいいながら、実は重宝させてもらっていたのです。
亡くなったのは夕飯の支度をしていたとき。
彼女に突然、訪れた死。いちばんびっくりしていたのは、彼女だったのかもしれません。
享年78歳。

叔母のマンションの後かたずけを終えて、最後にのこったのが十数本の包丁。
どれもが使い込まれていて、手入れもゆきとどいていました。
出刃は、よほど使い込んだのでしょう。かわいらしい小出刃になっていました。
「これ、もらっていいかな」
「どうせ捨てるしかないから、つかったほうが叔母も喜ぶよ」
これはいいものを頂戴したと、私は嬉しくなりました。

叔母の包丁は形見で頂いたのではありません。
それはプライベートのときに使います。
狭い台所で、想像をめぐらせて料理をするのは楽しい。そんなとき、叔母の包丁はいろいろなことを語りかけてきます。それをきくのは嬉しいものです。
それにしても、叔母の包丁はよい出来です。
包丁は、はじめは切れない。使い込んで、手入れをするうちに切れるようになる。
生前、叔母が送ってきた根菜を思い出しました。
大きさを揃えて乱切りにされていた人参。一個、一個、大切なもののように六方むきにされていた里芋。
そうか、あれはこの包丁で切ってたんだ。
包丁をみなおしていました。
叔母が笑っているようでした。
そうか、この包丁で切ってたんだ・・・
ありがとう。叔母さん。
ほんとに、ありがとう。
ごちそうさまでした。

コメント

Re:御馳走の包丁

ご無沙汰しています。
と言うか、なかなか河原嶋さんへ行く事が出来ませんね。
また、うどん食べたいです。

話は変わりますが7月21日に日本テレビ系で「はじめてのおつかい」スペシャルを観ていたら大鹿村鹿塩梨原の2歳6ヶ月の可愛い女の子が隣の家までお母さんの手作りジャムを届けるお使いでした。

河原嶋さんからそんなに離れていない場所でびっくり!!
かなりの急坂を傘を杖代わりにして降りていく姿がたくましくも見え、感動してしまいました。

では佳き夏をお過ごし下さい。

Re:御馳走の包丁

めだか様

お久しぶりです。
暑いですね。
ここ河原嶋も昨日からエアコンをいれはじめました。
昨年も1週間ほどエアコンをいれましたから、これからいよいよ夏っていう感じです。

大鹿村の子たちはかなりしっかりしていると思います。
なにしろ人が少ないですから、子がなにをしているのか、大人たちはなんとなく見守っているのではないでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)