田んぼ 

カテゴリ:相方Uさんの記事

店のまえの田んぼをやられていた方が体調をくずされて、私とクーさんが代役で田んぼをやらせて頂ていたのは昨年のこと。
今年は体調をもどされて、お元気そうに田んぼをやられていたのですが、今年いっぱいで田んぼをやめると聞いたのは昨日でした。
田んぼをやられていたお二人は、80代半ばのご夫婦ですから、もう体がきついのかもしれません。
ご自宅へ伺うと、来ると思っていた、と言って、田んぼ、やっていいよと許可をくださいました。
田んぼの地主はこの方ではないのですが、口約束で田んぼのやり手が替わっていくのが大鹿村の習わしのようでした。
自分としては、田んぼが誰かの手に移って、資材置き場にされるのを危惧していましたから、いっそ、買えるものなら買ってしまおうと思って地主さんに電話をしたところ、田んぼには思い出があるので、まだ売る気にはなれないという、ごもっとなご返事でした。
でも、賃貸で貸して頂けることになりました。
店のまえの田んぼと、道をはさんだところにあるのとで都合4枚の田。
店のまえの田1枚ならばともかく、4枚となると自分たちでやりきれるはずもなく、さて、どうしますか。
田んぼにしなくても、水をはっておけば、との助言も頂きましたが、寂しいものですね。
もう、あのお二人が田んぼをやっている姿はみられないのです。
田をとおして、時の流れをみているようでした。



                 PA305080_1.jpg




               
                 PA305084_1.jpg




                 PA305085_1.jpg

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)