商品になると食べられなくなるんです 

カテゴリ:相方Uさんの記事

店の名は「うどんカフェ」ですが、自家製の生パスタと両輪でやっています。
さてさて、季節の変わり目ですね。

1黒小麦の生パスタ

黒小麦の生パスタに添えている野菜も、先週のものとはだいぶ変わりました。
これからは根菜が主になっていきます。
ゴボウは素揚げ。グリーンアスパラとオクラはさっと茹で。パプリカは甘酢漬け。ほかの野菜はフライパンで軽く焼いてトッピング。
今日は加えていませんが、さつま芋とか里芋を焼いたものも美味しそうです。
ともあれ、野菜の美味しさを引き出す調理を心がけていますが、黒小麦の生パスタになくてはならないトッピングは、なんといってもイワナの瞬間燻製です。
トマトのクロッカンのすぐ下で頑張っている切り身がそれです。
低温調理をしてありますので、燻製の香りとともに、お口のなかで解けます。
美味そう~
そうなんです。実は、店のひとはなかなか食べられないんです。
メニューを開発しているときは、試作で毎日、食べているのですが、商品として陽の目をみると、食べられなくなるんです。
大切な商品ですから、仕方ないです。
でも、食べた~い。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)