トリマーに睨まれたメル 

カテゴリ:相方Uさんの記事

メルの毛のカットをしてもらっているトリマーさんのご来店。
お食事後、メルに会いたいというので、メルのいる部屋の戸を少し開けてやりました。
すると、お客さま大好き犬のメルはフロア―へすっ飛んで行きます。
そこにいたのはトリマーさん。
げげ! というメルの声を私は確かにききました。

1鬼トリマー

メルはヘビに睨まれたカエルのように、トリマーさんのまえでビビりまくっていました。
トリマーさん、ごめんなさい。
トリマーさんに責任はないんです。私がたちがメルの丸刈りをお願いしてるんです。
だのに、トリマーさんがお帰りになられたあと、メル、もう大丈夫だよ、恐かったねって、メルの点数かせぎをしていた私たちでした~。
トリマーさん、ごめんなさ~い。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)