ディルじゃが 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ディルじゃが。

2ディルじゃが

大鹿村の標高1500メートルにある大池高原。
そこには有機、無農薬の畑が広がっています。
夏、その畑へ行くと、雑草のように繁茂していたディル。
じっさい、畑をやっていた人は雑草の扱い。
抜いても、抜いても、生えてくると、目の敵のように引っこ抜いていました。
畑の脇に投げ捨てられていたディルを4,5本、もらって帰り、葉をむしってジャガイモにまぶします。
ディルの生の葉でしかできない贅沢な一品。
胸のすくディルの香りを頂く夏の夕べ。



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)