みんなが通る道。電車が走っておった。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

好きな場所。
飯田線の線路ぎわ。
大鹿村に住んで5年めになりますが、たまに自分の生まれ育った街の夢をみます。
現在のその街は自分が過ごしていた頃とはすっかり変わってしまい、父母も他界していません。
各駅停車で呑気そうにやってくる飯田線の電車。
この電車の線路は、自分が過ごしていた街までつづいているような感じ。
父母がいた街までつづいているような気がしてきます。

1蕎麦屋

この日は飯田線の線路ぎわにある蕎麦屋で昼間から一杯。
酒をのみながら電車がやってくるのを待ちます。

2やってきた電車(七久保の蕎麦屋)

来ました! ごとごとキーキーと古くさい音をたてながら。
ちょっと待った。自分だって気がつけば古くさい人間になっておるではないか。

3線路際

みんなが通る道。
私も歩いていたのでありました。

4七久保の飯田線

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)