荘厳な朝食。タラコはもっと厚く切ったほうがよい。 

カテゴリ:相方Uさんの記事

お泊りのお客さまが帰られたあと、朝食。
たべている途中で朝日が差し込みました。
ぼくはとっさに、ある一節を思い出しました。

2sプ後jん

・・・冬の陽差しが窓ガラスいっぱいに射しこんで・・・質素な食卓を崇高なものにしていた・・・
碓井昭司箸、丹沢物語から。
フライフィッシングが好きだった根津甚八さん。ポルシェと、芸能人まるだしだった高価なメッシュの靴。
フライの雑誌の編集長だった中沢さん。
亡くなられたあとも、貴方がいちばん恐い。貴方には嘘をつけないから。
兄貴のようだった西山さん。
貴方たちが亡くなって、私のフライフィッシングも終わってしまったようです。
そして今朝。思いがけず荘厳な朝食。
もっと光りを!
もとい、もっと美味しいものを!
タラコはもっと厚く切ったほうがよい。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)