おじゅっさま。大鹿村の古民家で一泊 

カテゴリ:相方Uさんの記事

関西ではお寺の住職を親しみをこめて「おじゅっさん」というらしいですね。
昨夜はおじゅっさん4名さま、大鹿村の山奥で一泊。
そこは築200年の家。河原嶋。

1囲炉裏\

囲炉裏からたちのぼる火のにおい。
降りだした雨がみぞれにかわり山の静けさがしんしんと忍びよります。
薪ストーブのまえ、ざっかけない食卓。
気心のしれた友たちとすごす夜。
翌朝、雪がうっすらと化粧をほどこしてくれていました。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)