縁は不思議な紙飛行機 

カテゴリ:相方Uさんの記事

私がやたりたいと思っていたのはラーメン店のようなカウンター席だけのパスタ専門店。
場所は首都圏。
私はパスタを山盛りで食べたい人でしたが、首都圏で働いていたころ、昼休みにそれを食べたいと思っても、そういう店がなかったのです。
だので、店をやるなら、がっつり食いの男子御用達のパスタの店。
だのに、ふらりと釣りにきた大鹿村で、なぜかこんな店をやっているんですから、不思議としかいいようがありません。
ようするに縁。結婚とおなじ。
開業5年目にして初めて試してみた冬営業。きょうは静かな一日。

1床

閉店後、気になっていた厨房の床磨き。
こんなことをやっていると、自分とこの場所の縁がますます深くなっていきます。
いいんですか、と自分に問うてみた。
まあ、いいんじゃないの・・・とのことです。
きょうもぐっすり眠れそうだに。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)