ローストビーフについて考えてみました 

カテゴリ:相方Uさんの記事

ローストビーフをつくっていて思ったのは、同じ牛肉でありながらステーキとは全く違う料理だなということです。
私の好みになりますが、サーロインはステーキにしてご飯と一緒に食べたいけれど、モモ肉のステーキには食指が動きません。
サーロインは塩コショウだけで十分ですが、モモ肉はそれだけでは不足と感じてしまいます。
モモ肉は肉の美味しさが薄いうえに繊維が多くて食べずらい。
サーロインにくらべてモモ肉が安い理由ですが、このモモ肉の特徴を生かして作られたのがローストビーフなのだなと思いました。
モモ肉は柔らかいが繊維が強い。
モモ肉は塊のまま火をいれて、繊維を断ち切るために薄く切って食べる。
モモ肉は肉の旨味に欠けるきらいがあるので濃厚なソースをかけて頂く。
理にかなった料理だったんですね。

1ローストビーフ

写真は河原嶋のローストビーフ小丼です。
ソースをかけてもよかったのですが、ご飯大好き人間のク~が、それではご飯の味が台無しになるというので、ローストビーフにはあらかじめチャーシューの味をいれ、ソースは無しにしました。
ご飯は河原嶋で作っているカエル米です。田んぼに農薬はまいていません。店に前にある田んぼです。
ローストビーフは厚切りにしてあるので、繊維を断ち切るために一口大にカットしました。
280円。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)