FC2ブログ

お蚕さま飼育日記-2日目 

カテゴリ:お蚕さま(養蚕関係)

桑の木

お蚕さまがうちにきて2日目。

夕べ寝る前に与えた桑の葉っぱがほとんど干からびていて
お蚕さまはほとんど動かなくなってました。

あわてて、近くの桑の葉っぱを調達にゆきます。

桑の葉っぱを採取しているとき
野沢菜を作っている宮沢さんに丁度お会いしたので、
お蚕さまを飼っているんですよ、とお話したらさかんに懐かしいねぇ~と
おっしゃってました。
宮沢さんちでも20年くらいまえまでは養蚕をなさっていたとのこと。

桑のはっぱの与え方、
この後5令に入るとたくさん桑の葉っぱがいるとか、
桑の木には種類があって、
イチノセという品種の桑が一番お蚕さまにとって美味しい、等々
養蚕についていろいろと教えていただきました。

いやぁ~、養蚕の先生がご近所にいらしてほんと助かります!

しかしながら、5令に入る前に、
我が家の周辺で桑の木、それも採取可能な桑の木を早急に探さねばなりません。

お蚕さま2日目

新鮮な桑の葉を置くと、
ワラワラと新しい葉っぱの上にお蚕さまたちが登ってきて
シャリシャリと葉っぱを食べだしました。

もりもり桑の葉っぱを食べてくれている姿を見ると、なんだか一安心しますね~。

野沢菜

この写真の野沢菜は宮沢さんが作っている野沢菜を分けてくださったものです。

今年お初の漬物作り、明日仕込みます~♪



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

コメント

小学生のとき、クラスでお蚕さまを育てていたことがあります。
うちのほうは養蚕地域でもなく、
先生がどこからお蚕さまたちを連れてきてくれたのかは不明。
でも、桑は結構あちこちに生えていました。
ということは、その辺でも昔はお蚕さまを飼っていたのかもしれません。

お蚕さまたちの繭作りの様子、楽しみにしてます。v-291

子供の頃、近所の家になぜかお蚕さまがやってきました。
でもどーしても触れなくて・・・
その家の私より小さな女の子が手にとって遊んでいるのを恐る恐る見ていました。
羨ましいような、気持ち悪いような。

ところで、この時期、野沢菜ってあるのですか。これまたびっくり。

kuukkeliさん>
おぉ~!小学校の時にお蚕さまを育てられたんですね~!

子供のころお住まいだった場所では
桑の木があちこちに生えていた、ということでしたら、
昔はきっと養蚕をされていたお家があったんでしょうね。

確か、田んぼもあってお田植えはされなかったけど
お田植え風景を目にしてらしたんですよね。
とても自然豊かな、そして心豊かな環境でお過ごしだったんですね....
都会育ちの私にとってはほんとに羨ましい限りです。v-398

まんまみーあさん>
私も子供の頃は虫嫌いだったそうです~
(って全然記憶ないんですが、母がそう言ってました)
だから子供の頃にお蚕さまに出会っていても
きっと触れなかったと思いますよ~。

触れなかったにしても、お蚕さまにまつわる懐かしい記憶をお持ちで、
私としてはとても羨ましいです~。

野沢菜ですが、うちの近くの野沢菜畑は標高千メートルあってこの時期の出荷ですから、
平地ならもう少し早い時期に出荷できるくらいに成長してると思いますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)