FC2ブログ

薪割り 

カテゴリ:相方Uさんの記事

昨年から冬季も店を開けるようになりまして、とまどっているのがウドン麺の水分量です。
冬の麺づくりの経験不足というわけですが、乾燥している冬の大気に合わせて水分量も変えるわけですけれど、このところ自分が定めている基準の水分量にプラス6パーセントの水でやっています。
茹で上がったとき、麺にもっと水分が入ったほうが私の欲しいウドンなのですが、これ以上、水分量を増やすとウドンが悲惨な状態になってしまいます。
いわば小麦粉と水の臨界点。どうにもなりません・・・。
で、夕方は薪割り。

1薪割り

降った雪がとけて、その水分をたっぷりと吸っている木の手ごわいこと! 
小麦粉も、こんなふうに水分を吸ってくれないものかのお・・・。





コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)