FC2ブログ

関東風厚焼き玉子 

カテゴリ:相方Uさんの記事

いままで私がつくっていた厚焼き玉子は焼きをいれない関西風。
大鹿村に道の駅ができたこともありまして、ここら嗜好をかえて関東風にしてみようと思いたちました。
私が使っている卵は大鹿産の平飼いニワトリの有精卵。この卵は卵臭があまりないので気に入っています。黄身の色はイエロー。
すると、黄味の色の関係で、私がイメージする焼き色にはなってはくれません。
で、濃いオレンジ色の黄味をもつ飯島町の地鶏の卵を加えてみたところ、卵液に火がまわる前に焼きが入ってしまいす。
これまで卵液を3回に分けて焼いていましたが、これだと4回にわけないと焦げついてしまいます。
しかも、関東風に変えるならばバージョンアップもしようと思い、これまでの私のレシピが卵液270g+ダシ130gだったのを、卵液290g+ダシを140gにしたところ、重い!
たった30gの違いですが、まったくの別世界。
厚焼き玉子を5個、作ったところでギブアップ。腱鞘炎の悪夢が頭をよぎりました。
翌日、来店されると必ず厚焼き玉子を食べていかれる方にこの玉子焼きをお出ししたところ、いままでのより美味しいとのお言葉を頂戴いたしました。
で、きょうは重量のレシピをそれまでのものにもどし、大鹿の卵五分の三、飯島町の卵五分の二でやってみました。
いい感じで焼き色がはいりましたが、次回は大鹿の卵五分の四、飯島町の卵五分の一でやってみるべし。

2たまご

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)