FC2ブログ

ヒイラギモクセイ 

カテゴリ:畑・園芸・ハーブ

先週、下の街へ買出しに行った時
行く先々でキンモクセイの花の香りが漂っていました♪

思わず車の窓を開けて
キンモクセイの馥郁たる香りを楽しみました。

我が家でもキンモクセイの香りを楽しみたいと思い、
庭にキンモクセイを植えたいなぁ~ってメルパパに話してみたら、
「キンモクセイの香りは里に合う香りであって、山には合わない!」だって....

う~ん、そう言われると確かにそうかもしれませんねぇ。

今回は素直に諦めました。


ヒイラギモクセイ


東京から移植した植物の中に写真のヒイラギモクセイがあるんですが、
これはメルパパがこのヒイラギモクセイの葉っぱを使って
葉脈のしおりを作るために植えたものなのです。

メルミミを連れて外を散歩していたら、
甘ぁい良い香りがフワァ~と漂ってきたので、
何だろう?と思ってみたらこのヒイラギモクセイの白い花から
漂ってきた香りだったのです。


移植してからもう四年は経過していますが、
花を付けたのは今年が初めて。

東京から苗を持ってきたメルパパ自身も
ヒイラギモクセイの花を見るのは初めてと言ってました~。

キンモクセイよりすこし甘い感じの香りで
控え目な感じなので、山に合ってるかな~。


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

コメント

ヒイラギモクセイの花は白いんですね。
葉っぱもちょっと、とげとげがあって、
形がキレイですね~

葉脈のしおりってどんなのですか?
葉脈だけ残った透き通ったアレですかね?

こちらのキンモクセイは、ずいぶん前に終わってしまったのですが、
ヒイラギモクセイは、時期がずれるのですね!

メルママさんに教えていただくことばかりです。
ヒイラギモクセイって言うのもあるのですね。
白っぽくてきれいですね~~、どんな香りなんだろ?

葉脈のしおり。
子供の頃、いただいてとても感動した記憶があります。
懐かしいです。

白い花はギンモクセイ(銀木犀)と聞いてましたが、ヒイラギモクセイというのもあるんですね。
葉っぱの形だけが違うのかな~
こちらはキンモクセイの季節は終わりました。
キンモクセイよりも甘い香りっていうのがいいですね~
うちは引っ越してきたとき、庭にキンモクセイの木が植わってたんですが、
狭い庭なので可哀想かな・・・と思って、近くの公園に寄付(勝手に移植)してきちゃいました(笑
今では大木に成長して、毎年いい香りを漂わせてますよ~ん(^m^;)

miyukiさん>
ヒイラギモクセイはギンモクセイとヒイラギの交雑種らしいです。
http://www.ne.jp/asahi/osaka/100ju/hiiragimokusei.htm
なので、花が白いんでしょうね~。

葉脈のしおりは、お察しのとおり
葉っぱの葉肉部分を苛性ソーダで解かし
残った葉脈だけをパウチっこではさんで作っています。

ヒイラギモクセイはキンモクセイより花の時期が遅いようですね。

まんまみーあさん>
私もこのヒイラギモクセイのことはメルパパから教えてもらったんですよ~。
葉脈が他の葉っぱよりしっかりとしているらしく、
葉脈を残すのに最適なんですって。

子供の頃に葉脈のしおりを頂いたんですかぁ~。
うちでは銀色や赤、青、緑など着色してしおりにしています。

miccoさん>
ギンモクセイも白い花をつけますよね。
このヒイラギモクセイはギンモクセイとヒイラギの交雑らしので、
ギンモクセイ譲りの白い花を咲かせるのでしょうね。
http://www.ne.jp/asahi/osaka/100ju/hiiragimokusei.htm

かなり甘い感じの香りです。
キンモクセイほど香りが強くないので、
ほんとにフワッと香ってくるって感じでした。

お庭にあったキンモクセイを公園へ寄付されたんですかぁ!
もったいないような気もしますが、
公園なら大きく根を伸ばすことができて
大木になれたのでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)