FC2ブログ

初詣-葦原神社 

カテゴリ:大鹿村について

遅まきながら今日地元の葦原神社へ初詣に行ってきました。


葦原神社

今日も我々以外の人は誰もおらず、
厳かな雰囲気の漂う真新しいしめ縄の張られた鳥居の下をくぐりました。

しめ縄がさながら神域と人間界との境界線のようで、
しめ縄の下をくぐるときはいささか緊張すら覚えましたよ~。


御柱

社殿の横には2004年度の御柱が立っていました。

2004年以降、何回か訪れているのに
御柱に気付いたのは今日が初めて。

次回の御柱祭は2010年度だそうです。
その時はこの葦原神社の向かいにある歌舞伎の舞台で
奉納の歌舞伎が行われるそうです。




テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

コメント

御柱。

初詣でしょうか?

御柱があるって事は、葦原神社も諏訪神社系って事ですかね?違うかも・・・。

神社には杉の木が似合いますねぇ。杉の木には神が宿るって聞いた事があるような・・・曖昧ですが。

御柱さまは、とても立派ですね。
どのくらいの太さがあるのでしょうか?

しめ縄の位置も微妙なところにあって、
それが、変に親近感があるように思えます。
大抵は、上の方にあるので、気が付かないまま、くぐってたりしまうので・・・

2010年度の奉納歌舞伎、
今から楽しみですね。

takechanさん>
はい!ちょっと遅いですが、初詣に行ってまいりました。

葦原神社の祭神は諏訪大社と同じく建御名方神ですので、
おっしゃるとおり諏訪神社系ということになります。

葦原神社の境内に生えている杉の木の中には
ものすごく巨大な木もあり、
それらがまた神秘的な雰囲気をより高めてくれます。

miyukiさん>
御柱の太さですが、記憶を辿ってみると
両手でかかえて手が届くか届かないくらいの太さだったと思います。

この葦原神社もそうですが、その他にも低い位置にしめ縄を張っている場所があります。
なんとなく結界のようで、くぐってよいやら一瞬悩みますね~。

普段の歌舞伎定期公演は5月のGWと10月の日曜日と、
どちらもまず見れない日なので、
2010年の奉納歌舞伎はほんと、今から楽しみなんですよ♪

さすが神様が住む大鹿
オーラを感じます

今度たずねてみたいです。

が、

近くて遠い大鹿村・・・

まんまみーあさん>
人の気配が全然しないので、
余計「神域」という感じが強いですよね~。

逆さ公孫樹からだいたい10分くらいで葦原神社へいけますので、
逆さ公孫樹の黄葉&葦原神社訪問なんかいいかもですよ。

確かに伊那からだと地道で2時間近くかかりますものね~、
権兵衛トンネルが開通したので
トンネル抜けて木曽へ出る方がよっぽど近いですよね....

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)