FC2ブログ

絵本「太一と夜泣き松」 

カテゴリ:大鹿村について

鹿塩地区河合集落には「夜泣き松」と呼ばれている
樹齢700年の赤松の木があるのですが、
この「夜泣き松」にまつわる実話が絵本となりました。

何故「夜泣き松」と呼ばれるのかはこちらをご覧下さい~。

太一の夜泣き松

ほかならぬこの村の巨樹を題材にしたお話ですので、
我が家でも1冊購入しました。

河合地区の人たちの心のよりどころでもある「夜泣き松」を
大切に思う心がひしひしと伝わってきてとても良い内容でした。

あとがきも大鹿村についての情報がたくさん記載されていて
なかなかおもしろかったです。


本の詳細はこちらを参照ください。

テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

コメント

お寒ございます。(母の冬の挨拶です)
メルミミちゃん雪のドッグランで思い切り遊べていいですね どんど焼きにも参加して!(^^)!大きな火にひびりませんでしたか?
うちのわんこ(fuu)も先週の連休里帰りをし
 雪でいっぱい遊んで来ました。
帰った先は岡谷で私の姉の所です そこには
fuuのママとfuuの妹がいて 久々の再会に
3人(?)は大はしゃぎ 特に妹とは家の中を走り回り もうたいへん(-_-;)
でも姉夫婦も甥もわんこ大好き人間なので
いつも歓迎してくれます
ところで初詣にいかれた?原神社 なんと読むのでしょうか?逆公孫樹..銀杏の木なんですね 母懐かしがると思います。

はじめまして

はじめまして。
どんど焼き・・・に反応しまして

実は私本日
どんど焼きのシャッターチャンス
逃してしまいまして・・・残念!

アナログ人間で
中々写真を載せれないので
余計悔しくて・・・!

【古民家の宿 民宿かわらしま】
のトップ写真

土蔵との繋がりが

凄くほのぼのしていて
やけに心に・・・残るのですが!

是非一度お伺いしたいです!

fuukoさん>
毎日おさぶぅございます~v-436
岡谷へfuuちゃんと一緒に遊びに行ってらしたんですね~。
岡谷も寒かったのではないですか?
fuuちゃん、お母さんと妹ちゃまと一緒に雪遊びいっぱいいっぱいしたのかしら~。
きっととても楽しかったでしょうね♪

メルミミはどんど焼きには連れて行かないんですよ~。
ミミは平気なんですが、メルが竹の爆ぜる音が駄目で、
パニックになってしまうんです~v-390
花火・雷・爆竹系の音はご法度なんです。
fuuちゃんはこの系統の音は大丈夫ですか~?

葦原は「あしはら」と読みます。
鹿塩にお住まいだったお母様はきっと我々が知らないもっと賑やかだった時代の大鹿をご存知なんでしょうね~。
是非いろいろとお話をお聞きしたいものです。

TERUさん>
初めまして~!v-436

ブログへの訪問&コメントを投稿して下さってありがとうございます!!

TERUさんのお住まいの地域では今日どんど焼きだったんですね~。
シャッターチャンスを逃されたとは、
どこかでそのような事を見聞きしたような....と思ったら、
takechanさんが同じくどんど焼きが見れなかったとブログの記事に書いてらっしゃいましたね~。
まぁ、また来年のお楽しみということで....

うちのHPのトップ写真、ほのぼのしておりますかぁ!
そのように受け取っていただけると嬉しいです。
いろいろ苦労して加工した甲斐がありました~。

是非、大鹿村へ、そしてうちへも是非遊びにきて下さいませ~。

これからもどうぞ宜しくです。
TERUさんのブログへも遊びに行かせてくださいね。

はじめまして。

絵本ご紹介いただき誠にありがとうございました!

とっても うれしく思っております☆

これからも、みなさんに喜んでいただける作品を作っていきたいと思います♪

ありがとうございました☆

ふかだあきひろさま>
ブログへのご訪問、そしてコメントを投稿して下さって
誠にありがとうございます。v-436

なんと、「太一と夜泣き松」の挿絵の版画家さまご本人なのですね!

大鹿村で大事にされている巨樹を
あのように素晴らしい絵本にしていただいて、
嬉しいと同時に誇らしくも思えました。

実際夜泣き松の実物をまだ見に行ってはおりませんが、
春になったら是非訪ねてみたいと思っております。

ありがとうございました~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)