クスサンの繭&蛹 

カテゴリ:大鹿村の動動・植物・昆虫


池の周りに植わっている木のあちこちに

クスサンの繭&蛹がひっついていました。



クスサン繭1

繭の周りには葉っぱが何枚か引っ付いています。

これはもしかしたら外敵から襲われないよう葉っぱを纏ったのかしら?



クスサン繭2

目の粗い網状の繭の中には蛹の殻が残っていました。

不思議なことに繭のどこを見ても成虫が抜け出た穴が見当たらないのです。

いったいこの網状の繭のどこからあの大きなクスサンが抜け出たのでしょうか....

不思議ですね~。




テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

コメント

繭の中に蛹の抜け殻?
抜け殻って繭の中に残るものなんですか?
そそして、その成虫が抜け出した穴が
見当たらないなんて!
不思議ですね~

昔、飼っていた青虫が蛹になって、
しばらく待っても紋白蝶にならないので
蛹を開いてみたことがあります。
中身ありまたよ!
てっきり死んでいるか思いましたが
生きてました。
子供の頃の話です。
今は、そんなことは出来ません!絶対に!

夏(秋)にお邪魔したとき、ラベンダーにびっちり付いていたクスサン・・・
思い出しちゃったー!
ちょっとゾワゾワ・・・
(笑
抜け出た穴がないの?
まさか、繭で越冬・・・!? なんてことは無いわよね(^^;

自然を感じるわ~
穴が無いってほんとどこから出たのかしら?
ってか、前の記事のオオスズメバチ漬けがキニナル~もう飲んだのかしら?効能はいいけど見たら飲めないよね・・・^0^;

miyukiさん>
絹を作るお蚕さんも、繭の中に蛹が入っていますから、
羽化すると蛹の抜け殻と穴のあいた繭が残ります。
このクスサンはお蚕さんの繭に相当するのが
この網網状の繭なんでしょうね。

子供の頃、私はアゲハの幼虫を飼ったことがあります~。
羽化はしたのですが、羽をなかなか広げることが出来ず
そのまま飛び立つことが出来なかった記憶があります~。

miccoさん>
ラベンダーに止まっていた蛾はクスサンではなく、
天蚕と呼ばれる貴重な繭を作るヤママユガの方だそうです~。

クスサンとは羽についている紋の数が違うんですって~。

このクスサンの繭の中の蛹はいずれも空っぽだったので、
多分無事羽化したのではないかと思います。
いったいどうやってこの繭から抜け出るのか
観察してみたいものです。

りこさん>
今年もし羽化していない蛹入りの繭を見つけたら
家の中に持ち込んで間近で観察したいと思います。
そうすればどうやってこの繭から抜け出るのかが判明するかと思います。

オオスズメバチの焼酎はまだ飲んでいません....
さすがに飲むのはちと勇気がいりますなぁ~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)