ろくべん館の手織りサークル「織り姫工房」 

カテゴリ:Iターン生活


今日は3週間ぶりに「ろくべん館」の手織りサークルの集まりに行ってきました。

手織りの大先輩で先生でもある高本さんや吉川さんが高機に座り

馴れた手つきでリズミカルに織られているところは一見の価値ありです。

高本さんはなんでも飯田紬を数百反は織られたとのこと!

そんなにたくさん織り上げられていたとは、ただただ驚くばかりです。

お茶の時間には大鹿の昔の話をいろいろお聞きできて

その時代に思いを馳せたりして....楽しいひと時でした。




赤石岳

「ろくべん館」の行きも帰りもこの赤石岳を見ることができます。

古めかしい旧小渋橋がとても良いアクセントとなっているのですが、

送電線がすこぶる邪魔!!です。

この電線、なんとかして欲しいものです。



テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

コメント

趣味のサークルって楽しいですよねっ^^

本当だわ。送電線がなければすごくいいのにねー
あっても絶景だけど(^^)
・・・あれ、こちらは雪降ってないんですか?

miccoさん>
大鹿村に引越して手織りのサークルに参加できるとは思ってもいませんでした。
趣味を同じくする人たちの集まりなので、
ほんと楽しいです~。

この場所からの景色、送電線が無ければ絵葉書にでもなるでしょうに、
ほんと送電線がとっても邪魔です~。

大河原の辺りは家より積雪量が少ないんですよ。
そして日中の雨でほとんど消えてしまいました~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)