ヨモギの煮汁 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)


気になる特集記事があると購入する「現代農業」なのですが、

いつもの悪い癖で買っただけで満足してしまい、

特集記事すらきちんと読まずに書棚へ仕舞いっぱなしということが

多々あります....


昨年の5月号の現代農業はヨモギとスギナの特集で、

改めてじっくりと特集記事を読み直してみましたところ、

今までヨモギを煮た煮汁は捨てていたのですが、

その煮汁を一晩寒にさらすと鮮やかな緑色に変化し

ヨモギの栄養が溶け込んだ汁なのでいろいろ利用できると知り、

いままでもったいないことをしていたのだと改めて気付かされました。



ヨモギの煮汁



上記写真がヨモギの煮汁の色の変化です。

上側が茹でたばかりの汁で黄色っぽい色をしております。

それを1晩冷蔵庫で保存すると、

翌朝には本当に鮮やかな緑の煮汁に変化していました!!

草餅を作るときなど、この緑の煮汁を入れると良いとのこと。

私はヨモギ豆腐を作るときにこの緑に変化した煮汁を少し入れて作ってみました。

出来上がったヨモギ豆腐の色合いもさることながら、

ヨモギ独特の風合いも増しました~

ヨモギパンを作るときなどもこの煮汁を入れるとさらに美味しく出来るんでしょうね~、

まだ試していませんが、近いうちに試してみたいと思っています。









テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

コメント

へ~!きれいな色に変わるんですね。
知りませんでした!
私も捨ててましたよ。
うんうん、よもぎパンを焼くときに加えてみましょう♪
きっともっと美味しくなるでしょうね^^

miccoさんへ

そうなんですよ~
本当にヨモギの茹で汁を1晩冷蔵庫で寝かせたら
こんなに鮮やかな緑色になりました!
ビックリです。

この茹で汁にはヨモギの栄養が溶け込んでいるそうなので、
利用した方がいいみたいですね!

私ももう一度ヨモギパンを茹で汁を使って焼いてみたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)