豆腐ひき(自家製豆腐作り) 

カテゴリ:手作り(自家製燻製/お菓子/その他食品)


先々月に買った手作り木綿豆腐キットを使って

大鹿村特産の地大豆 中尾早生100%の木綿豆腐を作ってみました。

やっぱり専用の木枠を使うと綺麗に仕上がりますね~!

出来上がった豆腐を見たときに木綿豆腐キットは

買ってよかった~としみじみ思いましたよ。



自家製木綿豆腐



そうそう、大鹿村では豆腐作りを「豆腐ひき」と言うんだそうです。

野沢菜作りの名人の宮沢さんよりそう教わりました。

「豆腐ひき」の”ひき”は「挽き」という字を当てるのかなぁ~と

想像しておりますが、本当のところはどうでしょうか。


宮沢さんをはじめ、うちのご近所さんたちは

大豆からご自分の畑で作り、収穫した大豆で豆腐・味噌を

当たり前のように作っていらっしゃるんですよね。

皆さんほんとすごい人たちです。


コメント

Re: 豆腐ひき(自家製豆腐作り)

手作り豆腐ですか~
メルママさんも、いろいろ挑戦なさって、羨ましい~☆
それに、おいしそう・・・
最近、ここでおいしそうを連発してしまってます!
味噌作りもいいですね~

豆腐は、どうなふうにいただいたのですか?

Re: 豆腐ひき(自家製豆腐作り)

セットで購入した「豆腐キット」正解でしたねv-308
これでヤミツキになったりして…ふふ
「高級木綿豆腐」一丁できあがり!
今度は「味噌」にも挑戦かしら?
乞うご期待^_^

Re: 豆腐ひき(自家製豆腐作り)

いよいよです!!明日うかがいます!!
指折り数えて~!!楽しみだ~。よろしくお願いします!!豆腐おいしそうですね!!

miyukiさんへ

大鹿で採れる豆を使った料理をいろいろ考えた挙句、
豆腐作りに手を出してしまいました~。
宿泊業をやってなければきっと豆腐作りなんて
一生やらなかったと思いますよ。(笑)

この豆腐は豆腐のサラダとしてお客様に提供しました。
「自家製の豆腐」って言えるのが妙に嬉しかったです~v-398

名無しさんへ

一番良かったのはメルパパに使いもせずに道具ばっかり買いおって!と文句を言われずに済んだということです。(笑)

豆腐液を流し込む木枠は専用の物だけあって使いやすいですし、
仕上がりが綺麗に出来たので大満足です!

まだまだ大豆はたくさんあるので、これからも作りまっせぇ~

味噌作りは4月に村の手織りサークルのメンバーと一緒に作ることになっていたのですが、
残念ながら仕事が入って参加できませんでした~。
でも手作り味噌だけは5kg作ってもらったんですよ。v-218

ももおやじさんへ

ももなつ隊と親衛隊の皆様方にいよいよ明日お会いできますね!!
私たちもとっても楽しみです♪

ETC1000円のお陰で高速道路は混雑してそうですが、
ゆったりとした気持ちで安全運転でお越し下さいね~!

もちろん、手作り豆腐はお食事でお出ししますよ!
ももおやじさんの為に心を込めてお豆腐を作りました。v-221
量がちょびっと少ないですが、お許しを~

Re: 豆腐ひき(自家製豆腐作り)

そちらでは「豆腐ひき」って言うんですね。
実は私、豆腐作りキット持ってます。
ずいぶん昔、15~16年前ですが買いました。
でも作ったのはたったの3~4回(^^;
確かに手作りは美味しかったです。
で、先日いただいたひたし豆で作ってみよう♪と思い、キットを探してみたのですが、
どこにしまったのか見つからず仕舞い(^^ゞ
まじめに探そう・・・

miccoさんへ

大鹿では豆腐を作ることを「豆腐ひき」って言うみたいですね~
なんとなく感じがわかるような気がします。

miccoさんも豆腐作りキットお持ちなんですね!

手作豆腐は大豆の味がギュッと凝縮されたような感じで
ほんと美味しいですよね♪

ひたし豆豆腐も美味しそう!!
もしキットが出てきて作ったらブログに掲載して下さいね♪

Re: 豆腐ひき(自家製豆腐作り)

お豆腐サラダ!とっても美味しく頂戴しました。
自家製豆腐と聞いた夫の反応。

夫「お豆腐って、自分で作れるの?!」て
私「誰でも作れる訳ではありません」
 「私に作れと言われても、私には作れませんよ」
夫「ふ~ん。美味しいね!この豆腐!!」

夫は、豆腐大好き人!とても美味しかったです。

あゆむさんへ

我が家の豆を煮るお鍋の容量の関係で、
大豆300gまでしか豆腐を作ることができないのです。

人数が多くなりますと、その分一人当たりに提供できますお豆腐の量が少なくなってしまします。
今回はお豆腐のサラダと銘打った割にはお豆腐が少なくて
ほんと申し訳ありませんでした。

旦那様がお豆腐好きだったとは、料理担当のメルパパにしかと伝えておきますね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)