大鹿産の夏イチゴ-サマープリンセス 

カテゴリ:大鹿村について


大鹿村では冷涼な気候を活かして

夏~秋に収穫できる夏イチゴ(サマープリンセス)

を栽培しています。

このサマープリンセスという品種のイチゴは

長野県南信農業試験場で開発された新品種でして、

実の収穫期が7月~11月と夏から秋に収穫できるのが最大の特徴です。

この7月~11月の間は今までは国産イチゴが無かったため、

製菓業界では輸入のイチゴに頼っていたそうですが、

この時期に収穫できる国産イチゴが出来たということで

大手製菓業者などより多数引き合いがあり、

大変高値で取引されていると聞いています。


そしてこの夏イチゴは育苗法で保護されていまして

長野県内でしか生産してはいけない、

また販売も長野圏内の業者のみと制限されております。



    



大鹿産夏イチゴ


さて、その貴重な夏イチゴを生産者の方より直に分けていただきました~

ちょっとまだ熟れていないので、1日~2日ほど追熟させ

それから砂糖で煮る予定です。

このサマープリンセスの実のお味ですが、

果皮がしっかりしていて中の実が白っぽくやや酸味が強いので、

生のまま召上った方から昔のイチゴの味がするぅ~と良く言われます。

去年はサマープリンセスのアイスを夕食時にデザートとして提供していましたが、

今年はサマープリンセスのムースもデザートのバリエーションの一つとして

取り入てみることにしました。

サマープリンセスの酸味を生かしたイチゴのムースと

練乳を入れたミルクのムースとの2層仕立てです。

何回か作って試食しましたが、とっても美味しいですよ♪




テーマ : 信州 伊那谷! (・∀・) ジャンル : 地域情報

コメント

Re: 大鹿産の夏イチゴ-サマープリンセス

ぜひとも、そのムースをブログに載せてくださいませ。
想像しただけでも、
爽やかで美味しそうな感じがします♪
2層仕立てのムースって難しくありませんか?
うまく2層ならない話をよく聞きます。
ゼラチンの分量もハラハラしてしまい、
いつも、固まるかな~と何回も冷蔵庫を覗いてしまいます(笑)

miyukiさんへ

そうですね~
サマープリンセスのムースですが、
グロゼイユ(房すぐり)のピュレを上に流して、
桑の実のシロップ煮とブルーベリーを飾りますので
明日写真撮ってUPしますね~!

2層仕立ての場合たしかに下の段のムースが固まらないと
上に乗っけられないので1段の時よりは神経使いますね~。
一度下のムースがユルユルでどうしようかと思いましたが、
冷凍庫で固めたらなんとかなりました~(笑)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)