洋梨 

カテゴリ:Iターン生活


昨日訪ねた松川町のフルーツガーデンモリヤさんちの果樹園ですが、

プルーンの木が植わっていたのは洋梨畑の傍らでした。


洋梨畑


で、こちらはその洋梨畑の木々です。

品種はラ・フランスがメインとのこと。

丁寧に一つ一つの実にはすべて袋が掛けてありました。



落下したラフランス


強い風雨にさらされた訳でもないのに

袋が掛かったラ・フランスの実がいくつも木の下に落下していました。

結構大きく育っていた実もあったりして、

本当にもったいないことです。

落ちた実は穴に埋めて処分するそうです。





バートとラフランス


落下したラ・フランスの実があまりにも忍びなくて

ワイン煮にするためいくつか分けていただきました。

上の写真左側二つが落下したラ・フランスの実なんですよ~

こんなにも綺麗でいい実なんです。



ちなみに写真右側二つはバートという種類の洋梨で、

これは出荷用のちゃんとした実を分けていただきました。

並べるとラ・フランスも出荷用サイズとほとんど遜色ないように思えますが、

やはり落下してしまった実は商品にはならないそうです。


ラ・フランスもバートも昨晩白ワイン煮にしてみまして

今朝方お味見してみましたが、

バートの方はもちろんのこと

ラ・フランスの実もまったく問題なく美味しい食感に仕上がりました~♪


テーマ : 田舎暮らし日記 ジャンル : ライフ

コメント

Re: 洋梨

雨にも負けず、風にも負けずここまで頑張って育ってくれたのに、食卓にのぼれずに土に還されてしまうなんて、何だか可哀想v-409

職業柄、農家に出向いたり、農家の方とお話する機会がある中で、農家の方々は『いのち』あるものとして本当に大切に大切に育てていらっしゃるのに、形が悪いから・・・ちょっと傷んでいるからと出荷出来ずに土に還してしまうとのお話を聞くたびに切なくなりますv-390

光希さまへ

いやはやホント、ここまで育てるのにどれだけ人の手が掛かっているやら...
冬の剪定に始まり、花が咲くと受粉作業を行ない、実が生り始めると適果、そして袋掛けと
気が遠くなるほどの地道な作業が延々と続いた結果の実なんですよね。

落下している実はほんと良い実もあって、「くやしいよ!」とモリヤさんもおっしゃってました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)