FC2ブログ

パープル色の緯糸-やたら絣風ナローマフラー 

カテゴリ:ハンドメイド(草木染,手織,手紡/雑貨)

パープル緯糸

今高機で織っている「やたら絣風ナローマフラー」ですが、
1枚目の緯糸はピンク、2枚目はブルーで、2枚目まで織り終わり、
いよいよ3枚目のパープル色の緯糸での織りにとりかかります。

おととい染めたパープル色の綿糸を小管に巻き取るのですが、
かせのままなので、まずかせから小枠に必要な長さだけ巻き取る必要があります。

かせかけから、座繰りにセットした小枠へ巻き取ります。
(写真左:かせかけ 右:座繰り)


パープル緯糸織り

ようやく3枚目!
パープル色の緯糸で織り始めました♪


テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

コメント

織りの原理は、基本的にはきっと世界のどこでもあまり変わらないかと思いますが、
道具とか手順とかって、やっぱり違いますね。
日本では手織りをしたことがないので、
メルママさんの道具とか手順とか
とっても興味深いです。

日本では何においても
フィンランドよりずっと繊細ですね。

マフラーが完成するのを楽しみにしてますv-291



kuukkeliさん>
座繰り、小枠などは確かに日本独自の織りの道具ですね~
こういった道具はすべて着尺を織るための道具だと思います。

フィンランドやスウェーデンでは、多綜絖の織機を使って
複雑な模様・組織を織ったりしますよね。
そういった技法をkuukkeliさんは学ばれたのでしょうか?

そうですね。
特に組織の勉強は、織りそのものよりも多かったかもしれません。

組織のお勉強をみっちりされたのですね~。

私が習いに行ってた織り工房では、
細い生糸の扱い方を多く教わりました。

元々は商売で着尺を織っていたところだったので、
やはり教室でも最終目標は着尺を織れるようになる、という事でした。
私は残念ながら途中で長野へ引越したので
中座してしまいましたが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)