FC2ブログ

風通絣 

カテゴリ:ハンドメイド(草木染,手織,手紡/雑貨)


昼夜織りのコースターが無事織り上がり、

次ぎに織り始めましたのは風通絣のマフラーです。

風通絣というのは経糸の並べ方と緯糸の通し方によって

絣のような模様を織り出す技法でして、

初めてチャレンジする織り方であります。


今回は一昨年、畑で育てた藍で生葉染めをした糸を使いました。

この染めた糸、自分の中ではずっとカシミヤ100%の糸だと思っていたのですが

先ほど自分のブログの記事を見てキャッシュウールだったと判明!

使用している糸がほとんど染めた糸なので特に支障はないのですが、

自分の記憶がまるで当てにならないってことを嫌というほど思い知らされました...



風通絣
(※クリックで拡大表示)

緯糸の通し方が少し複雑なので、

ちょっと他の事を考えたりすると間違えたりします~

織る間はひたすら集中!集中! ですね!



テーマ : 手作り日記 ジャンル : 趣味・実用

コメント

Re: 風通絣

機織・・・とっても興味深いです。
これまでは身近で見聞きする機会がなかったのでメルママさんの日記を興味深く拝見しています♪
どうして、あんなに複雑な柄が織れるんだろう?
地方によって伝統の柄があったり、雪深い土地で使われる糸と暖かい地方で使われる糸の違いがあったり。
紬でも結城紬は着ると暖かいものだと聞いたことがあります。

さくらっちさんへ

ほとんど自分の記録のような機織りの記事に興味を持っていただけてとっても嬉しいです!
複雑な柄は経糸と緯糸の組み合わせで織り出しているものと、
模様が出るように計算して糸を染め模様を作り出して織ってゆくものがありますね!

こちらでは飯田紬が織物として有名で、
うちの村のおばあさんたちの中には飯田紬の織り手さんだった方が何人もいらっしゃるんですよ。
その中のお2人が村の手織サークルの手織の先生なんですよ。v-290



うちの村の郷土資料館「ろくべん館」では機織りの体験もできますので、もしよかったら行ってみて下さいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)