FC2ブログ

冬のとなり 

カテゴリ:相方Uさんの記事


    冬のとなり

 河原島かわらしまの開店にむけて冬のあいだ準備をしていましたが、この二、三日、急に春めいてきてメルママは落ちつきがありません。
「行きたいんでしょ」
 私がいうと、彼女はニッと笑って、
「行くか」
 とメルに声をかけました。
 メルは床で丸まっていたのですが。彼女の声に活気づいて、起きあがると、彼女のあとについていそいそと散歩に出かけて行きました。
 待ちに待った春がそこまできているのです。じっとなんかしていられるものではありません。我が家の女たちは、河原島のある大鹿村に飛んでいきたくて仕方がないのです。
 女たち、というのは、彼女も、メルも、この世を渡る舟ともいうべき肉体は「女」だからです。
 私は河原島でうどん屋をする実感はまだあまりなかったのですが、急に臨場感がたちこめてきました。
・・・そうか、河原島でうどん屋をやるんだ。
 自分がたどってきたこれまでの道を思い浮かべていると、女たちが息を弾ませて帰ってきました。その息吹は、はっとするくらい、春そのものだったのです。
 そうか。
 春なんだ。
 なんて嬉しいことでしょう。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)